Welcome to my blog

極楽な日々

オット・ムスメ・猫を各1名もつ主婦・こにゃくうです。喰う・飲む・遊ぶの極楽生活

◆特急 サフィール踊り子で伊東まで@グリーン車両編

2024年1月22日(月)近場の伊豆、伊東温泉に行こう、と。伊豆半島は滅多に行かなくなったね。たまには良いか。どうやら、2020年3月に登場した特急踊り子号の新型車両に乗りたいらしい。(オットが)日頃使い慣れた東京駅9番線ホーム。見たことない車両が滑り込んできたわね。コレが新しい「踊り子号」かあ。サフィール踊り子と仰る。2020年3月運用開始とは。コロナ真っ盛りの時期の登場だったのね。今まで存じ上げなくて。(サフィ...

(22)夜のメスキータ ツアー/THE SOUL OF CORDOBAに行ってみた@スペイン/コルドバ

【前の記事よりつづき】2023年10月6日(金)今日はコルドバの世界遺産、メスキータを訪問したよ。ヨカッタ。感激した!宿泊ホテルがメスキータから徒歩10分の近さなので「夜の拝観も行ってみようか」と、こちら↓のサイトからWEB予約入れています。夜のメスキータも気になるじゃないですか。Mosque-Cathedral Monumental Site of Cordoba | Web Oficial - Mezquita-Catedral de CórdobaDiscover the Mosque-Cathedral of Cordoba. A...

(21)ユーロスターズパレス コルドバ/メスキータ徒歩10分@スペイン/コルドバ

【前の記事よりつづき】2023年10月6日(金)コルドバでの宿泊はユーロスターズ パレス コルドバ ホテル (webサイト)メスキータはじめ、コルドバ歴史地区に隣接していて便利な立地です。星が5つ並んでいるわね。歴史が詰まった古都に設備整ったイマドキHOTEL。ギャップがおもしろい。メスキータとか世界遺産とかイスラム教文化とか、立地の環境にいっさい因まないロビーのデザインです。全館、すべからくこーいったCOOLなテイスト...

(20)コルドバ旧市街歩き/花の小路・ユダヤ人街@スペイン/コルドバ

【前の記事よりつづき】2023年10月6日(金)スペイン/アンダルシアの古都、コルドバに来ています。世界遺産メスキータの後は、イスラム教、キリスト教、ユダヤ教の3文化がクロスし合った過去を持つ街を散策。美しー!白い壁に青いフラワーポット!人を惹きつけるデコりに力が入ったお店多し。1.花の小路コルドバ行ったらここは行っとけスポットのひとつがここでしょう。カジェハ デ ラス フローレス(花の小径)。正直見つけにく...

(19)世界遺産メスキータ/イスラム文化とキリスト文化のハイブリッド@スペイン/コルドバ

【前の記事よりつづき】2023年10月6日(金)スペイン、コルドバの世界遺産メスキータに入場です。メスキータとは。スペイン語で「モスク」のこと。メスキータは、城壁のように高い壁に囲われた中にあります。狭い門がいくつかあるだけで、お出入り自由とはなっていなく。中の様子はまったく窺い知れ無い構造です。まるで城だわ。「城壁」の中へ。オレンジの中庭と名付けられた広い空間が開放的。まずはここでプロローグ的解説をガ...

(18)コルドバ到着/築2100年のローマ橋@スペイン/アンダルシア地方

【前の記事よりつづき】2023年10月6日(金)スペイン旅3日目の午後。ラマンチャ地方から280㎞約3時間走って、ツアーバスはアンダルシア地方へ。バスで、ぐーがー寝ていたら「グアダルキビル川に架かるローマ橋が見えてまいりました。コルドバに到着です」と添乗員女子さんのアナウンス。うわー。目覚めたら、かっこいい橋!んで、向こう側に美しい…なんだ、アレ?「あれがメスキータです」(添乗員女子さん)メスキータ。スペイン...

アエロメヒコ ビジネスクラス/機内食編@成田発メキシコシティ行/AM57便

【前の記事よりつづき】2024年2月4日(日)成田発メキシコシティ行きアエロメヒコに乗っています。テイクオフ1時間後、最初のお食事タイムになりました。チキン、パスタ、ビーフ、和食の4択です。…悩む。3種ある洋食系を選ぶとこのアペタイザーがやってくる。ブルーチーズ、ブリーとなんかセミハードのチーズ。スモークサーモン&クリームチーズに玉ねぎ・林檎。おう。うまいじゃないか。ニコニコ。カサレッチェパスタの文字に惹か...

アエロメヒコ航空AM57でメキシコシティへ@B787-8/ビジネスクラス

【前の記事よりつづき】2024年2月4日(日)ボリビアのウユニ塩湖をめざす旅。日本の真裏までダイレクトに行けるわけないのでまずはメキシコへ入国するよ。アエロメヒコさん初めまして。B787-8ドリームライナーです。この機種が日本-メキシコ間を飛ぶようになって10年ほど経っているそうですよ。なるほど、なるほど。なるほどね。シートは新しいけど、仕様がね。スタッガード配列や1-2-1配列でトイレへの出入りをストレスフリーに...

成田プレミアラウンジ/アエロメヒコはSKYTEAM@成田空港/第1ターミナル

2024年2月4日(日)こんな景色みてみたいよね、と言うことで南米へ。ウユニ塩湖だ。「画像を見たことある。で、どこにあるん?」が多くのご意見でしょう。わかります、わかります。ワタシもそんなもんでしたから。絶景の湖は南米大陸の西の国、ボリビアにあるよ。ボリビアは遠い。日本の裏側だもの。飛行機を乗り継ぎ乗り継ぎ、2日もかかるんだ。成田空港から初めましてのアエロメヒコ。メキシコのナショナルフラッグ・キャリアで...

(17)ベンタ・デル・キホーテ/ドンキホーテっぽいレストラン@スペイン/ラマンチャ地方

【前の記事よりつづき】2023年10月6日(金)ツアーバスはスペインを南下中。お昼めしタイムです。ランチのお店はこちらですーぅ、と添乗員女子さん。Venta Del Quijote 、ベンタ・デル・キホーテって書いてある。中世の、元旅籠で今はレストラン営業というベンタ・デル・キホーテ。なるほど。ホテルというよりは、低い階層の旅人も受け入れた旅籠って感じがする。ゲートをくぐると広い空間。昔はここに馬やらロバ、馬車や荷車を留...

(16)ラ・マンチャ地方へ/丘の上の白い風車@スペイン/コンスエグラ

【前の記事よりつづき】2023年10月6日(金)オットとスペイン旅行、3日目の朝です。某社のツアーに乗っかっています。マドリッド滞在は今朝で終わり。最後にホテル近くのモンターニャ公園へ朝散歩だ。朝日に輝く王宮が美しい丘でした。おもしろい町だったな、マドリード。マドリードを離れバスは南へ南へ。高速道路(オートビアA-4)沿いは乾いた丘陵地がつづきます。あれらはオリーブ畑かしら。都市部を離れると、スペインの郊外...

積善館 佳松亭/朝食と宿泊感想@群馬県/四万温泉

【前の記事よりつづき】2021年2月23日(火)群馬県四万温泉の有名旅館、積善館に滞在中。朝食の時間です。(積善館webサイト)夕食は客室でしたが、朝食は指定された大広間へ出向きます。テーブル上に籠。二段になった竹籠で、なんか可愛い。ただ、食事会場がテン下げでした。佳松亭にある大宴会場 蓬莱。舞台もあるような二昔前の大広間だったわ。しかし、この古い設備に積善館さんは対処済みです。この旅行の後に大宴会場 蓬莱は...

積善館/5ヶ所の温泉編 @群馬県/四万温泉

【前の記事よりつづき】2021年2月22日(月)群馬県四万温泉の積善館に宿泊中。温泉施設のおはなし。①元禄の湯 ②岩風呂 ③山荘の湯 ④杜の湯 ⑤貸切風呂「積」と「善」以上の5ヶ所の湯処にはいりました。(②岩風呂はこの旅後に解体)※浴室および脱衣所は撮禁。右下クレジット入り画像は積善館フォトギャラリーからの頂き画像です。1.元禄の湯積善館の魅力のひとつがこの元禄の湯の存在。建てられた昭和5年当時に於いては最先端のデザイ...

積善館 佳松亭/夕食 如月の御献立編@群馬県/四万温泉

【前の記事よりつづき】2021年2月22日(月)群馬県四万温泉の積善館に宿泊中です。(積善館webサイト)歴史的な建築物とレトロな温泉で有名な人気の積善館。今回選んだのは昭和61年築の佳松亭の部屋。食事に於いては、レトロな本館と佳松亭&山荘では内容が異なります。夕食場所は客室によって客室だったり、食事用個室だったり、ラウンジだったり。ワタクシ共、佳松亭/松風七の部屋は客室内の和室で夕食でした。お若い男子がおひ...

積善館 佳松亭/松風の七 和洋特別室編@群馬県/四万温泉

【前の記事よりつづき】2021年2月22日(月)オットと群馬県四万温泉へ。3回目の四万温泉訪問ですが、今回のチョイスはあの積善館です。(四万温泉/積善館 webサイト)四万の積善館言うたら、国指定文化財の建築物も含むこの佇まいが有名ですね。こちらは積善館/本館と名付けられています。今回ワタクシ共が選んだのは、昭和61年築の佳松亭(全16室)での滞在。佳松亭の玄関はレトロとは別テイストでした。駐車場も玄関も敷地内高台...