Welcome to my blog

極楽な日々

上杉の御湯 御殿守(ごてんもり)で立寄り湯@山形県/赤湯温泉

【前の記事より続き】2019年1月28日(月)銀山温泉能登屋旅館をチェックアウト。東京駅に帰る前にちょろっと他所の山形の温泉に浸かって帰ろう。銀山温泉最寄りの大石田駅から山形新幹線でダイレクトに東京に戻ることもできるのだけど、せっかく山形まで来てもったいないもの。山形駅で乗り換え、JR山形線米沢行2両編成に乗ってみる。思いっきりローカルな電車は楽しいな。乗車30分で着いたのはJR赤湯駅。帰りはここから山形新幹線...

銀山温泉街さんぽ。夜も朝もステキです@山形県/銀山温泉

【前の記事より続き】2019年1月27日(日)~28日(月)山形県を代表する温泉地、銀山温泉に来ています。温泉街が魅力的です。お散歩しましょ。夜の温泉街は必見。輝く旅館群を眺めてみよう。もっとも、一番絵になるのは自分が泊っているこの「能登屋旅館」の佇まいだと確信しているのだけどね。(当社比)「温泉に入った後に外へ出たら風邪ひいちゃう」「ゆかたでは寒いでしょ?着替えるのは面倒だ」とお思いの方、安心してくださ...

能登屋旅館/お食事編@山形県/銀山温泉

【前の記事より続き】2019年1月27日(日)~28日(月)山形県銀山温泉のランドマーク的宿、能登屋旅館に泊まっています。そのお夕食の時間。夕食はお部屋にて。りんどうの間の10畳の和室にセッティングされます。割とまあ、イッキ出しに近い感じで配膳してくれました。おひとりでこんなに運んでくれてありがとう、お姐さん。お品書きの用意もあってうれしいな。いただいた品の振り返りが容易にできますもの。この界隈が「前菜」。...

能登屋旅館/お風呂編@山形県/銀山温泉

【前の記事より続き】2019年1月27日(日)山形県銀山温泉のランドマーク的宿、能登屋旅館に泊まっています。では、大浴場へ。男女別でそれぞれに露天風呂がついています。男女の交替はありません。利用時間に制限があり、夜12時~翌朝5時までは入浴不可。(掃除の為)2010年リニューアルされた浴室なのでまだ新しい感があります。基本的なアメニティ有り。ドライヤー有り。客室数が15部屋であり、日帰り入浴の受け入れもしていない...

能登屋旅館/和洋タイプ客室編@山形県/銀山温泉

【前の記事より続き】2019年1月27日(日)山形県銀山温泉のランドマーク的宿、能登屋旅館にチェックインしました。この温泉街に行くなら雪が積もった季節、そして泊まるならこの銀山川が見える、町に面した部屋と決めていました。予約担当者オットがゲットした部屋は「本館 2階、りんどう」予約は4、5か月前にした!とオットが申していました。銀山温泉に泊まりに来る人は、有名な温泉街の夜景を目にしたいというのが動機の一つ...

能登屋旅館/アクセスと施設編@山形県/銀山温泉

【前の記事より続き】2019年1月27日(日)山形県の銀山温泉は一度宿泊してみたかった憧れの温泉地です。川を挟んで両側に煌めく旅館が並ぶ姿は美しいじゃないですか。昭和だわ~。いや大正テイストかも。レトロっぷりが魅力的な温泉街で泊まってきました。その銀山温泉への行程。立石寺、通称・山寺にさよならしてJR山形駅に来たよ。我が人生、初の山形新幹線つばさ体験。わー。日頃乗るのが東海道新幹線である自分から見ると、つ...