Welcome to my blog

極楽な日々

赤城温泉ホテル/朝食と雑感編@群馬県/前橋市苗ヶ島町

【前の記事より続き】2022年5月6日(金)群馬県の山中にある赤城温泉ホテル「別邸あづさ」に宿泊。翌日の朝食です。ダイニングルームはメゾネットタイプ客室「さくら」の1階にある。おもしろいな。内線用電話機がむかしの黒電話だ。部屋角の扉はスタッフさんが配膳で出入りする専用ドアなの。この向こうが厨房に続いているんだね。AM7:30~AM8:30のゾーンの中、AM7:30でお願いしました。焼き鮭、納豆、ひじき煮、筍の含め煮。旅館...

赤城温泉ホテル/夕食編@群馬県/前橋市苗ヶ島町

【前の記事より続き】2022年5月5日(木)群馬県の山中にある赤城温泉ホテル「別邸あづさ」に宿泊。夕食のお時間です。全13室のうち、別邸3室は夕食朝食とも客室でいただきます。お約束の18時にダイニングルームに赴くと最初のセッティングがこのような。別邸以外10室のお客様は個室風に仕切りがあるお食事処で召し上がっておられます。ダイニングルームは直接外に面していない。腰高の障子を開けると浴室越しにお外が見えるという...

赤城温泉ホテル/大浴場編@群馬県/前橋市苗ヶ島町

【前の記事より続き】2022年5月5日(木)ゴールデンウィーク、群馬の赤城温泉郷に来ています。赤城温泉ホテルの大浴場のおはなし。宿名よりも『にごり湯の宿』のフォントサイズの方が大きい玄関。なるほどここの源泉はすばらしいにごり湯、炭酸水素塩泉だったわよ。パブリックの浴場はこの男女別大浴場のみ。15:00から翌朝9:30まで通しで入れます。深夜入浴不可の宿が多い中、これは嬉しい。(稀に夜の清掃が必要になる場合あり...

赤城温泉ホテル 客室編/別邸さくら 源泉風呂つきメゾネット@群馬県/前橋市苗ヶ島町

【前の記事より続き】2022年5月5日(木)ゴールデンウィークに群馬の赤城温泉郷へ。宿泊した赤城温泉ホテル、客室のお話。全13室のうちの3室は「別邸あづまや」と命名された別格ゾーンに収まっています。このカテゴリーから部屋を選択しました。宿のフロントやロビーにはなんとなく古さを感じたのだけど、別邸ゾーンは気分あがる仕上がりでイイね。客室に至る手前に、3室の宿泊者専用のラウンジ的一角があったりする。ラウンジと言...

赤城温泉ホテル/施設編@群馬県/前橋市苗ヶ島町

【前の記事より続き】2022年5月5日(木)群馬に温泉旅行。「赤城山の麓に濁り湯が湧く温泉地帯があるんだけど」というオット提案で泊まりに来ました。赤城温泉郷というエリアです。標高700~900mにあり、冬季だったらノーマルタイヤでは危険っぽい山の中を進みます。これでも前橋市内なんだね。「平成の大合併で前橋市に入った。それまでは村だったんだけど」(オット)さすが元前橋市民だったオット。群馬の行政には妙に詳しい。...

野の花山荘/夕食&朝食編@岐阜県/新穂高温泉

【前の記事より続き】2020年10月25日(日)新穂高温泉の野の花山荘に泊まっています。(公式HP)その夕食。ダイニングがオープンキッチンのカウンタースタイルである、というのが野の花山荘のポイント。どこかの和食屋さんで食事しているようで、楽し~!カウンター席は10席。今夜の宿泊客は16人です。席は予め、宿側で決められていました。3名以上でお泊りのグループさんは入口すぐのテーブル席に案内。もし、彼らがカウンターで...

野の花山荘/男女別大浴場編@岐阜県/新穂高温泉

【前の記事より続き】2020年10月25日(日)‐26日(月)新穂高温泉の野の花山荘に泊まっています。(公式HP) 敷地内に自家源泉を持ち、190ml/分の湯量をたった6部屋の客が使用できるという良泉の宿です。前記事の「離れ貸切り野天風呂」につづいて、この宿の男女別大浴場の件。チェックイン時からチェックアウト時まで、24時間いつでも入浴可の大浴場。24時間入浴可能はワタクシのような風呂ずきんには大事なポイント。ささ、こちら...

野の花山荘/2つの野天風呂編@岐阜県/新穂高温泉

【前の記事より続き】2020年10月25日(日)新穂高温泉の野の花山荘(公式HP)にチェックインしました。温泉が目当て選んだ宿です。特に、広大な自然林の中にあるという2ヶ所の露天風呂に興味があります。野天風呂:その1いや、露天風呂というより野天風呂の方が実態に合っているかも。野湯好きには魅力的なロケーションです。システムについて。貸切で利用します。フロント前に札が置いてあれば「空き」のサイン。無料です。利用時間...

野の花山荘/客室と施設編@岐阜県/新穂高温泉

【前の記事より続き】2020年10月25日(日)オットとふたりで奥飛騨温泉郷。界隈は人気湯宿密集地帯であり、温泉好きには有名なエリアです。今回オットチョイスの宿は野の花山荘。自然林の中の小規模宿です。イイ感じに紅葉している。後方の山、尖った部分があって変わってるね。かっこいい。(野の花山荘公式HP)錫杖岳だよ、(しゃくじょう‐だけ)とオット。(錫杖:修行僧が持つ金属の杖)客室から、温泉から、錫杖岳が眺められる...

然別峡 かんの温泉/お食事編@北海道/鹿追町の国有林の中

【前の記事より続き】2020年8月28日(金)~29日(土)秘湯系温泉派や泉質重視型温泉マニアには知られた宿、かんの温泉に泊まっています。(かんの温泉HP)夕食は1階のダイニング「夕来」(ユークール)で。18:00からお願いしました。割と渋めの小鉢が並んでいます。でも、食べてみるとすべて美味しく作られているし、素材のクオリティも良いのです。温泉に浸かりつづけてカラカラですっ。山中の宿なのに生ビールの用意があってウ...

然別峡 かんの温泉/温泉編@北海道/鹿追町の国有林の中

【前の記事より続き】2020年8月28日(金)北海道鹿追町の山の中、かんの温泉に宿泊。チェックインしたら即温泉へ。ちいさな一軒宿なのに13ヶ所の源泉を持ち(しかも自噴)、浴槽の数は11個。この条件だけでもヨダレが出そうな奇跡の温泉宿です。後方の宿泊棟から一度外へ出て、木造の温泉棟へ移動。この温泉棟の中には9個の浴槽が収まっています。「ウヌカル」エリアと「イナンクル」エリア。チェックインから19:30の男女チェンジ...

然別峡 かんの温泉/客室編@北海道/鹿追町の国有林の中

【前の記事より続き】2020年8月28日(金)北海道、十勝からレンタカーは山道を登る。山奥にある温泉旅館が今日の宿です。森と空しかない空間です。やがてスマホは圏外になりました。サヨナラ文明の利器(涙)スマホのステータスバーから電波が消えた頃、鹿が現れた。道路端から我らの車を睨みつける鹿さん。驚かせてゴメン。すぐに立ち去ります、ハイ。林道が行き止まった先に「然別峡 かんの温泉」現る。(然別峡かんの温泉公式HP...

鯖湖湯(さばこゆ)/熱い湯への愛を試される@福島県/飯坂温泉

【前の記事より続き】2022年1月16日(日)山形県米沢市の白布温泉をチェックアウト。帰る前に立ち寄り湯を体験しよう。米沢駅→<新幹線>→福島駅→<福島交通飯坂線>→飯坂温泉・・・のルートでやって来ました、福島県飯坂温泉。乗車した飯坂温泉行き車両内。連結部に「ゆ」の暖簾だ。この車両って、塗装はブラウンに変わっているけど元東急なんだって。「いい電」で飯坂電車、なのね。地元の人だけでなく、ちょっと温泉いこうか?...

白布温泉 東屋/朝食と雑感編@山形県/米沢市

【前の記事より続き】2022年1月某日山形の名湯、白布温泉東屋。朝食編です。(東屋公式HP)夕食時と同じお食事処、同じテーブルで。AM7:30スタートでお願いしました。旅館の朝食として、ちゃんと丁寧に取り揃えられた品々。やさしい味わいの物ばかりでしたわ。厚切り塩だらが一切れ入った湯豆腐ってやさしい。朝食には牛乳が添えられるのが一般的だけど、豆乳だったのもやさしいぜ。竹の子、椎茸、しらたき、ぜんまい…いろいろ入っ...

白布温泉 東屋/夕食編@山形県/米沢市

【前の記事より続き】2022年1月某日山形の名湯、白布温泉。東屋に泊まっています。夕食のお時間となりました。(白布温泉東屋公式HP)熱々のお風呂にどっぷり浸かった後ですから、生ビーが体内に浸み込んでいきます。ぷは~っ夕食はお食事処にて。(朝食も同じく)世はコロナですからね。お食事処に集っての食事はお宿としては気を遣うポイントでしょう。背が高い衝立を巡らし、各テーブルをパーテーションしています。堅牢な囲い込...

白布温泉 東屋/大浴場編@山形県/米沢市

【前の記事より続き】2022年1月某日山形の名湯、白布温泉の東屋に宿泊です。その温泉編のつづき。男女別大浴場へ。朝9時からの清掃時間以外は深夜も含め、いつでも入浴可能なのがうれしい。入りたい時に何時でも浸かれる温泉宿は、湯量に絶対の自信がある証だと思うの。脱衣所掲示の温泉成分表。源泉57.2℃、供用場所42.0℃。受けて立とう、熱湯。源泉地は天元台の谷の中腹。そこから引泉しています。(笹野観音HPより)ステキ!過去...