Welcome to my blog

極楽な日々

後生掛温泉に泊まる/食事編@秋田八幡平、温泉とトレッキングの旅(3)

【 前の記事より続き 】2018年6月24日(日)~25日(月)秘湯系温泉の中でも人気が高い秋田県後生掛温泉に宿泊です。そのお食事編。「旅館部」宿泊者は、夕食・朝食ともにお食事処「りんどうの間」でいただきます。バーン、と大広間に全員分のテーブル。でも、テーブル間のピッチは広く取ってあるのでお隣の気配は気にならないし、イス席なので寛いで食事できますよ。ある程度の御料理はすでに置かれた状態でスタートです。第一印...

後生掛温泉に泊まる/温泉編@秋田八幡平、温泉とトレッキング旅(2)

【 前の記事より続き 】2018年6月24日(日)秘湯系温泉の中でも人気が高い秋田県後生掛温泉に宿泊です。その温泉編。男女別大浴場。日帰り入浴も受付けていますし、湯治部の宿泊客のキャパは200人という規模。日帰り客が退場する17時までは激混みの大浴場です。シンプル…っつーか、必要最低限の設備だけのお風呂と申しましょうか…シンクは2つだけ。秘湯系宿でも試供品的な化粧水やメイク落としが置いてあったりもするのですが、後...

後生掛温泉に泊まる/施設編@秋田八幡平、温泉とトレッキング旅(1)

2018年6月24日(日)秋田県八幡平は温泉がいっぱい。ついでに初夏の花が美しい季節。トレッキングなどを楽しみつつ、オットとふたりで秋田旅行です。今回のお泊り宿は「後生掛温泉」(ごしょうがけおんせん)ここは温泉好きには知られた湯宿です。一度泊まってみたかったのだ!(後生掛温泉公式HP)有名な温泉宿ですが、そもそものスタートが湯治目的の為の宿です。今でも施設の大部分が湯治滞在客用。ガチの後生掛ファンや治療の人...

中房温泉、焼山で地熱クッキング@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(9)

【 前の記事より続き 】2018年5月13日(日)湯量豊富な中房温泉には、温泉に浸かる以外にもユニークな楽しみ方があります。宿の裏手にある焼山。その名の通りめっちゃ熱い!『地熱が100度を超えており』とHPが仰る。その熱を利用して「クッキング」ができるというのだ。面白そう!その焼山まで登ってみようか敷地内にある中房神社前の登山口からスタートです。宿の裏山といっても所謂、「旅館の遊歩道」とかそーいうレベルの道のり...

中房温泉別館の夕食・朝食編@ 長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(8)

【 前の記事より続き 】2018年5月13日(日)正真正銘の源泉かけ流しで、温泉マニアには有名な中房温泉に宿泊しています。中房温泉は、客室のランクと食事内容の組み合わせを数通りにチョイスできます。「本館」コースだと1泊2食つき1万円以下で泊まれますがお食事は「本館」にあるこの渋めレトロな食堂で。提供される食事内容も「登山客向け」との評判。「本館」客室も山小屋テイストの設えです。で、こちらは「別館」「別館」宿泊...

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)

【 前の記事より続き 】2018年5月13日(日)中房温泉は源泉の数が29本と日本一で、そのすべてが敷地内からの自然湧出。宿泊すると14ヵ所ものお風呂に入れます。さらに、90度以上の高温を冷ますのに加水はしていない、とHPにあります。この情報だけでも、温泉好きな方なら驚いていただけると思う。チェックイン時に敷地内の全お風呂をガイドした地図を頂きます。一見しただけではどの湯がナニなのか、位置関係もまったく頭に入って...

中房温泉は源泉100%(施設編)@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(6)

【 前の記事よりつづき 】2018年5月13日(日)長野県伊那方面から、中央高速を使って一気に北上。安曇野方面へやって来ました。今夜は、高品質の源泉で有名な湯宿「中房温泉」に泊って、のぼせ上がるまでお風呂に入ろうという企画です。ガッツリ渋い中房温泉!温泉利用の記録が江戸期からあり、明治以降も湯治と北アルプス登山口の頼れる湯宿としての長い歴史があります。建物は近代的ではないけれど、味わい深いテイストです。「...

有馬温泉 兆楽(朝食編)@神戸市/兵庫県

【 前の記事よりつづき 】2018年3月11日(日)有馬温泉兆楽の 朝ごはん。夕食が充実していても朝ごはんはそれほどでも~っていうのが、旅館あるあるですよね。兆楽さんの朝ごはんは好印象だったので話の最後に触れておきたい。夕食同様、客室のダイニングテーブルでいただきます。朝ごはんは、さすがに夕食の時のようにひと品ずつ運んではくれません。スタッフさんによるイッキ出しです。朝からそれ以上のサービスを求めるのは酷で...

有馬温泉 兆楽(夕食編)@神戸市/兵庫県

【 前の記事よりつづき 】2018年3月18日(土)日本を代表する温泉地のひとつ、有馬温泉に宿泊してます。宿は 「有馬温泉 銀水荘 兆楽」(兆楽 HP)お夕食の時間です。季節を感じる春の先付と八寸でスタート。先付:菱豆腐冷製で、ひし餅に見立ててありますが甘いわけではない。苺で桃色、抹茶で深緑、白酒で淡雪色でまさに菱餅。各層丁寧な味。この八寸をいただいたところで「このお宿、料理オイシイ」と確信しました。雛の祭...

有馬温泉 兆楽(温泉編)@神戸市/兵庫県

【 前の記事よりつづき 】2018年3月10日(土)日本を代表する温泉地のひとつ、有馬温泉に宿泊してます。宿は 「有馬温泉 銀水荘 兆楽」(兆楽 HP)いつもなら選ばない大型タイプの旅館を選んだのは兆楽さんの温泉に期待してのこと。2ヵ所ある大浴場。その1:ひぐらしの湯コレコレ~ この茶色の「金の湯」に入りたくて遠路、東京から来たのよー(ホントは千葉だけどw)盛大に注ぎ込む有馬の名湯,金の湯。酸化した鉄分で赤茶色...