Welcome to my blog

極楽な日々

京都吉兆・嵐山本店@なるほど、吉兆とはこういうお店なのですね

【 前の記事よりつづき 】2019年4月6日(土)オット、ムスメと3人で京都の料亭、嵐山吉兆でワタクシのお誕生日会です。その料理編を。HP上には4コースが掲載されています。夜コースで4万、5万、6万円、そしておまかせ10万円。「10万はナイとしてもせっかくだから」 (オット)というオットのせっかく発言により6万円コースで予約してくれました。確かに、次はいつ来れるの?ってお店ですからねっ梅昆布茶からのスタートです。...

京都吉兆・嵐山本店@桜満開嵐山で誕生日ディナー

2019年4月6日(土)4月はワタクシ、こにゃくうの誕生月です。オットが、お誕生日ディナーをセッティングしてくれました。大阪住まいのムスメも誘って3人です。お店の場所は春盛りの京都、嵐山。桂川沿いの歩道も花盛り。人の多さに辟易して近年まったく近寄らなくなった嵐山ですがやっぱりここは華やかで美しいなあ、と再認識です。今年のお誕生日夕食のお店はコチラ吉兆(京都吉兆 嵐山本店)吉兆の通常エントランスの様子。部外...

京都キメラ@祇園南側のリストランテ

2018年8月某日(土)今日は大阪住まいのムスメと夕食の約束です。オットとふたりで東京駅から夕方の新幹線に乗りまして・・・待ち合わせは京都です。今宵もカッポーが等間隔で着座している鴨川。四条大橋を渡り、東に向かいます。「お店はママが選んでいいよ」というムスメのありがたいお言葉。何軒かリストアップした中でムスメが選んだのは、八坂神社近くのイタリアン。リストランテ イタリアーノ キメラ(食べログ)前から気...

京都・甘楽 花子(はなご)@正統派の上生菓子だっ

【 前の記事よりつづき 】2017年7月15日(土)京都、新進気鋭の落雁を購入したら、次は上生菓子を買いに。甘楽 花子(かんらく はなご、とお読みします)場所は烏丸丸太町の交差点を下がってすぐのところ。なお、現在はこの場所から移転されています。(只今は「左京区聖護院山王町 16-21」で営業中)ショーウインドーがあり今日扱っている生菓子が展示されています。このテのお菓子屋さんは売っている品が外から見ただけではわ...

UCHU wagashi(ウチュウ ワガシ)京都寺町店@こんな和菓子みたことないぞ

【 前の記事よりつづき 】2017年7月15日(土)祇園祭で京都徘徊した際の戦利品。どうどす~ぅ?鮮やかなマリンブルーの金平糖の海を泳ぐスイミーたち。色とりどりのスイミーたちは落雁製です。落雁、というと米粉と砂糖で固めた、舌触りがザラついた仏様のお供え物・・・それがワタクシの中の落雁なんですけどUCHUの落雁は「和三盆糖の干菓子」シュッと溶けて爽やかな甘さ。製造&販売しているのはUCHU wagashi(HP)(ウチ...

京都和久傳@ジェイアール京都伊勢丹11階

2017年11月16日(木)大阪のムスメんちに行こうと思った昨秋の平日。夕食はおひとりさま京都で美味しい物を食べようか。こんなシチュエーションの時にちょうどいい店がJR京都駅直結デパート伊勢丹の中にあったよなあ。京都 和久傳京都伊勢丹の11階 レストラン街のテナントです。ここならひとりでもオイシイ1食が食べられるだろう、と。和久傳といったらやはり東山の高台寺 和久傳で食べてみたいものである。でもあそこはスポン...

Kyo gastronomy KOZO(キョウ ガストロノミーコウゾウ)@京都市

2018年4月7日(土)4月にオットと京都へ行った件。(とっても美味しいお店だったのにアップしそびれており)こにゃくうの誕生日は4月。「お花見ついでに京都でお誕生日の食事しよう」ということになりまして。大阪住まいのムスメも呼びつけて京都の気になるお店へ。丸太町通りを富小路通りへ下がったあたりにあるKyo gastronomy KOZO(キョウ ガストロノミー コウゾウ)この界隈は行くたびに気になるお店が出現しています。こち...

新福菜館本店・京都駅前東塩小路★まっくろ京都ラーメン

【 前の記事よりつづき 】2016年10月15日京都に来てます。木屋町の居酒屋で満腹になったのに「じゃ、次ラーメン行こうか」(ムスメ&ワタクシ)オットは「まだここで呑んでる」などとヌカすので、居酒屋に放置しましたw木屋町からタクシーを拾って京都でラーメンといえばちょっと有名な、高倉塩小路へ。名店「第一旭」と老舗「新福菜館」の二軒が並んで建つ奇跡。をを。今宵も第一旭は並んでおるな!ラーメン好きなムスメに初京都...

京家きよみず木屋町(京都・木屋町)★無難に呑める居酒屋ダイニング

2016年10月15日(土)京都大好き、こにゃくうさん。この日はいつもの旅行ではなく急遽、京都に行かなくてはならない事態発生。夕食タイム。いつもの京都旅行ならば行きたいお店リストから厳選した、魅惑溢れるお店を抜かりなく予約の上で行くのだけれど突然の週末の京都では、どこも満席(涙)仕方なく、テキトーにネットで探して予約したのがココ。京家きよみず 木屋町スミマセン。私たち、そんな失礼な客です。しかし近年、京都...

鳥居本・平野屋★京都、400年の鮎尽くし

2017年6月23日(金)鮎のシーズンだね!「今年の鮎は京都で食べよう」(オット)やっほー!ぶらぼ~♪最高です東京駅から午後の新幹線に乗り込んで2時間15分後には京都駅着。JR嵯峨嵐山駅からタクシーに乗ったら鮎料理がいただける料亭に到着だ。京都、鳥居本にある平野屋さん です。鳥居本は、観光客で喧しい嵐山を抜け、さらにさらに奥に行った所なので静かでイイんだな!400年の歴史がある平野屋さん。最初は、愛宕神社参詣の...