Welcome to my blog

極楽な日々

カミノレアル アエロプエルト ホテル/Camino Real Aeropuerto@メキシコ/メキシコシティ

【前の記事よりつづき】2024年2月4日(日)メキシコシティでの宿泊ホテルのお話です。CAMINO REALはメキシコで展開しているホテルチェーン。AEROPUERTO(エアポート)の名の通り、空港隣接の便利な立地です。(カミノレアル アエロプエルトホテルWebサイト)ホテル前の幹線道路を挟んで向こう側がメキシコシティ空港の第1ターミナルよ。空港とは、画像左手に写る歩道橋を利用して徒歩で行き来できる距離。ただし第2ターミナルだと...

Cafe de TACUBA タクーバ/老舗の人気レストラン@メキシコ/メキシコシティ

【前の記事よりつづき】2024年2月4日(日)メキシコシティをサクッと観光した後はお昼ごはんだ。テンプロ・マヨールやメトロポリタン大聖堂があるソカロ広場界隈から歩いて12分ほどか。ツアー社さんが用意してくれたのは、ワタシが好きそうなレトロな店である。CAFE DE TACUBA(タクーバWebサイト)は掲げられているように1912年創業の老舗。メキシコ全土でも有名なレストランなんだって。メキシコシティの住民にとってここは憧れ...

テンプロ・マヨール遺跡/アステカ帝国の世界遺産@メキシコ/メキシコシティ

【前の記事よりつづき】2024年2月4日(日)メキシコシティ観光でテンプロマヨールへ。…ってソレ何?ですよね。ええ、ワタシも同感だったんです。ユネスコの世界文化遺産碑がある、ここがテンプロ・マヨール。ワタクシまっさらの白紙&無知状態で来ておりまして。ゆえにメキシコ人ガイド、フェルナンドの解説にいちいち驚いた見学のお話。(世界遺産オンラインガイド/テンプロ・マヨール)マヨール=Mainなテンプロ=Templeって意味...

メトロポリタン大聖堂とソカロ広場/ストリート黒魔術と沈む首都@メキシコ/メキシコシティ

【前の記事よりつづき】2024年2月4日(日)成田空港を発って12時間。メキシコシティへ到着したよ。只今AM11:00ごろ。オンタイムで着陸した時はホッとしたわ。バゲージクレイムで自分らのトランクが無事に現れた時は心から安堵よ。失礼ながら、アエロメヒコとメキシコ空港を信用していなかったのでなwこの先もっと不安なローカル路線を乗り継ぐ旅程なのだが、とりあえず1つ目のハードルを越えたな。今日はこのあと2時間だけのメキシ...

(22)夜のメスキータ ツアー/THE SOUL OF CORDOBAに行ってみた@スペイン/コルドバ

【前の記事よりつづき】2023年10月6日(金)今日はコルドバの世界遺産、メスキータを訪問したよ。ヨカッタ。感激した!宿泊ホテルがメスキータから徒歩10分の近さなので「夜の拝観も行ってみようか」と、こちら↓のサイトからWEB予約入れています。夜のメスキータも気になるじゃないですか。Mosque-Cathedral Monumental Site of Cordoba | Web Oficial - Mezquita-Catedral de CórdobaDiscover the Mosque-Cathedral of Cordoba. A...

(21)ユーロスターズパレス コルドバ/メスキータ徒歩10分@スペイン/コルドバ

【前の記事よりつづき】2023年10月6日(金)コルドバでの宿泊はユーロスターズ パレス コルドバ ホテル (webサイト)メスキータはじめ、コルドバ歴史地区に隣接していて便利な立地です。星が5つ並んでいるわね。歴史が詰まった古都に設備整ったイマドキHOTEL。ギャップがおもしろい。メスキータとか世界遺産とかイスラム教文化とか、立地の環境にいっさい因まないロビーのデザインです。全館、すべからくこーいったCOOLなテイスト...

(20)コルドバ旧市街歩き/花の小路・ユダヤ人街@スペイン/コルドバ

【前の記事よりつづき】2023年10月6日(金)スペイン/アンダルシアの古都、コルドバに来ています。世界遺産メスキータの後は、イスラム教、キリスト教、ユダヤ教の3文化がクロスし合った過去を持つ街を散策。美しー!白い壁に青いフラワーポット!人を惹きつけるデコりに力が入ったお店多し。1.花の小路コルドバ行ったらここは行っとけスポットのひとつがここでしょう。カジェハ デ ラス フローレス(花の小径)。正直見つけにく...

(19)世界遺産メスキータ/イスラム文化とキリスト文化のハイブリッド@スペイン/コルドバ

【前の記事よりつづき】2023年10月6日(金)スペイン、コルドバの世界遺産メスキータに入場です。メスキータとは。スペイン語で「モスク」のこと。メスキータは、城壁のように高い壁に囲われた中にあります。狭い門がいくつかあるだけで、お出入り自由とはなっていなく。中の様子はまったく窺い知れ無い構造です。まるで城だわ。「城壁」の中へ。オレンジの中庭と名付けられた広い空間が開放的。まずはここでプロローグ的解説をガ...

(18)コルドバ到着/築2100年のローマ橋@スペイン/アンダルシア地方

【前の記事よりつづき】2023年10月6日(金)スペイン旅3日目の午後。ラマンチャ地方から280㎞約3時間走って、ツアーバスはアンダルシア地方へ。バスで、ぐーがー寝ていたら「グアダルキビル川に架かるローマ橋が見えてまいりました。コルドバに到着です」と添乗員女子さんのアナウンス。うわー。目覚めたら、かっこいい橋!んで、向こう側に美しい…なんだ、アレ?「あれがメスキータです」(添乗員女子さん)メスキータ。スペイン...

アエロメヒコ ビジネスクラス/機内食編@成田発メキシコシティ行/AM57便

【前の記事よりつづき】2024年2月4日(日)成田発メキシコシティ行きアエロメヒコに乗っています。テイクオフ1時間後、最初のお食事タイムになりました。チキン、パスタ、ビーフ、和食の4択です。…悩む。3種ある洋食系を選ぶとこのアペタイザーがやってくる。ブルーチーズ、ブリーとなんかセミハードのチーズ。スモークサーモン&クリームチーズに玉ねぎ・林檎。おう。うまいじゃないか。ニコニコ。カサレッチェパスタの文字に惹か...

アエロメヒコ航空AM57でメキシコシティへ@B787-8/ビジネスクラス

【前の記事よりつづき】2024年2月4日(日)ボリビアのウユニ塩湖をめざす旅。日本の真裏までダイレクトに行けるわけないのでまずはメキシコへ入国するよ。アエロメヒコさん初めまして。B787-8ドリームライナーです。この機種が日本-メキシコ間を飛ぶようになって10年ほど経っているそうですよ。なるほど、なるほど。なるほどね。シートは新しいけど、仕様がね。スタッガード配列や1-2-1配列でトイレへの出入りをストレスフリーに...

成田プレミアラウンジ/アエロメヒコはSKYTEAM@成田空港/第1ターミナル

2024年2月4日(日)こんな景色みてみたいよね、と言うことで南米へ。ウユニ塩湖だ。「画像を見たことある。で、どこにあるん?」が多くのご意見でしょう。わかります、わかります。ワタシもそんなもんでしたから。絶景の湖は南米大陸の西の国、ボリビアにあるよ。ボリビアは遠い。日本の裏側だもの。飛行機を乗り継ぎ乗り継ぎ、2日もかかるんだ。成田空港から初めましてのアエロメヒコ。メキシコのナショナルフラッグ・キャリアで...

(17)ベンタ・デル・キホーテ/ドンキホーテっぽいレストラン@スペイン/ラマンチャ地方

【前の記事よりつづき】2023年10月6日(金)ツアーバスはスペインを南下中。お昼めしタイムです。ランチのお店はこちらですーぅ、と添乗員女子さん。Venta Del Quijote 、ベンタ・デル・キホーテって書いてある。中世の、元旅籠で今はレストラン営業というベンタ・デル・キホーテ。なるほど。ホテルというよりは、低い階層の旅人も受け入れた旅籠って感じがする。ゲートをくぐると広い空間。昔はここに馬やらロバ、馬車や荷車を留...

(16)ラ・マンチャ地方へ/丘の上の白い風車@スペイン/コンスエグラ

【前の記事よりつづき】2023年10月6日(金)オットとスペイン旅行、3日目の朝です。某社のツアーに乗っかっています。マドリッド滞在は今朝で終わり。最後にホテル近くのモンターニャ公園へ朝散歩だ。朝日に輝く王宮が美しい丘でした。おもしろい町だったな、マドリード。マドリードを離れバスは南へ南へ。高速道路(オートビアA-4)沿いは乾いた丘陵地がつづきます。あれらはオリーブ畑かしら。都市部を離れると、スペインの郊外...

(15)どん底/est.1975の日本料理店@スペイン/マドリード

【前の記事よりつづき】2023年10月5日(木)オットとマドリードを歩き回って夜になる。オットチョイスの和食店でちょこっと飲んで行こうか。お店の名前はどん底。(食べログ Donzoko)意外なことに、日本のそこらへんにありそうな居酒屋とほぼ変わらない。海外に有り勝ちななんちゃってではなく、日本料理店として違和感ない外観。マドリードの観光地、たとえばプエルタデルソルからなら徒歩5分ほど。その他のスポットからも徒歩圏...

(14)ソフィア王妃芸術センター/ゲルニカとツーショット@スペイン/マドリード

【前の記事よりつづき】2023年10月5日(木)オットとマドリードを徘徊中です。つぎはソフィア王妃芸術センターへ。(以下ソフィア)散策したロティーロ公園/堕天使の門からは徒歩10分程に位置していました。周囲はカフェやレストラン。賑やかな小路を奥に進んだ位置にありました。「元病院」であるのが納得の装飾少ない外観。ガラス張りの部分はエレベーター。美術館になって後付けしたのでしょう。ぎゃー!盛大に行列ができている...