Welcome to my blog

極楽な日々

建仁寺/夏の京都で好きな場所@京都市/東山区

2020年7月某日夏に京都旅行をする猛者。暑さで倒れるリスクあってもやっぱり京都が好き。このお庭。楓と苔の緑が涼しそうではないですか?夏の京都ならではの魅力ってあると思う。このお庭があるのは、京都東山の建仁寺。道中の祇園花見小路はわいわい観光客が歩いていても、ここまで来る人はぐっと減ります。(建仁寺HP)風神雷神図屏風にお目にかかれるのも建仁寺の魅力。俵屋宗達は天才だ。置かれているのはもちろん複製品ですが...

白河 小峰城/蘇った石垣と櫓が美しい@福島県/白河市

【前の記事より続き】2022年4月10日(日)桜とセルフファミリーヒストリーの旅in福島。最後は白河城です。ちがった!小峰城と呼ぶのが正しいと現地に行って知りました。ごめん。ずっと白河城って言い続けていました。(白川城と表記する城が別途あるらしい)まずは基礎知識をインプットするべく小峰城歴史館へ。歴史館は有料300円。ほとんど撮影禁止なので画像が無いです。VRやCGを駆使した展示でお金かかってんな~感ある。が、ワ...

遊々の森 天狗山/天狗の花まつりへ@福島県/白河市  

【前の記事より続き】2022年4月10日(日)福島県棚倉町を離れ、白河へドライブ。「春の山野草が咲いている山があるらしいよ」というオット情報で立ち寄りです。白河市天狗山。栃木県との県境近くにあるこの山は、早春の花カタクリやニリンソウの群生地として東北随一なんだって。1.8㎞とちょうどいいお散歩コースだね。(登山派なら繋がる登山コース2.5kmを追加することも可能)ボランティアと思われる管理グループの方たちが地図...

山本不動尊/静謐な空気です@福島県/棚倉町

【前の記事より続き】2022年4月10日(日)福島県でもあまり観光に来る人はいないかもしれない棚倉町に来ています。町から相当な距離をレンタカーでぐいぐいと登ってきました。ただでさえ山がちの棚倉ですが、ここまで来るとイッキに霊山の趣き。参道。両サイドの苔も樹木も丁寧に手入れがされていて、美しいの。なのに、ワタシとオット以外の人の気配がない。静謐(せいひつ)な空間をふたり占めです。ところでお不動さんはどこだ...

棚倉 花園しだれ桜/孤高の美女桜です@福島県/棚倉町

【前の記事より続き】2022年4月9日(土)今年の春は、福島県棚倉町でお花見旅行。棚倉町で人気ある桜のひとつは、この花園しだれ桜かも。太々と、のびのびと枝を広げた大きな樹です。こんな場所に生えてるんだよー。農地のヘリ。あぜ道っていうのかしら?ポツンと一本木。手前は農業用水の溜池です。推定樹齢は160年とのこと。江戸末期に植えられたのですね。アクセスとして「花園さくらパーク」と命名された駐車場が2020年に整備...

棚倉 蓮生寺/枝垂れ桜が美しい@福島県/棚倉町

【前の記事より続き】2022年4月9日(土)江戸期に実家先祖が暮らした福島県棚倉町にてファミリーヒストリー活動中。前記事にて「住まいがあった場所の特定」というミッションが完了。次はお墓参りだな。当時の実家は、棚倉町に今もある蓮生寺の檀家でした。3年前に墓参した時、境内の枝垂れ桜の巨木に目が釘付け。「これが咲いたら見事だろうなぁ。いつか桜bingoの時期に再訪したい」と思ったものです。そして2022年の今春に実行。...

棚倉町散歩/先祖の自宅跡地発見@福島県/棚倉町

【前の記事より続き】※注:個人のファミリーヒストリーです。他人様には全くつまらないチラ裏な内容であることを注意書きいたします2022年4月9日(土)福島県棚倉町を散歩中。ここは、江戸時代末期にワタクシの実家先祖、嶋崎家が暮らした町です。今回の旅行の目的のひとつが「嶋崎家が住んでいた場所をピンポイントで特定せよ」です。棚倉城を中心にした町並みは、江戸期からあまり形を変えていません。コレが江戸期棚倉城下地図。...

棚倉城/桜を見ながら自分の出自を考える@福島県/棚倉市

【前の記事より続き】※注:個人のファミリーヒストリーです。他人様には全くつまらないチラ裏な内容であることを注意書きいたします2022年4月9日(土)今年の花見は福島で。福島県棚倉市の棚倉城に来たよ。…といってもメジャーな城ではないかも。2019年3月に訪問した時「ぜひ、この城とこの町の桜を見てみたい」と強く思ったので再訪です。棚倉城はそもそも天守が無い城。本丸だった部分とその周辺が公園として残るだけ。二の丸だっ...

白河へ/南湖公園→ルートイン新白河駅東本館@福島県/白河市

2022年4月8日(金)福島沖で発生した震度6の地震で東北新幹線が脱線という事態が起きたのが2022年3月16日。今年の花見は福島で、と企画したのにピンチ!しかし、3月22日には那須塩原⇔郡山間の運転再開を成し遂げてくれたJRさんの底力に感謝だ。おかげで今回の旅は実行された。当面は臨時ダイヤ運行で本数激減状態。東京駅発福島駅行やまびこ号は、全10両のうち1~7号車が自由席で指定席は8号車のみ。10両目グランクラスは連結されて...

ウエモンズハート/共働学舎ミンタル/すし屋花ぶさ@北海道/帯広~新千歳空港

【前の記事より続き】2020年8月30日(日)チミケップホテルをチェックアウト。帰路に着きます。千歳空港まで5時間のドライブだからね、少々の寄り道をしつつも、粛々と西へ向かおう。寄り道その1。ウエモンズハート イタリアンジェラート&アイスクリームショップ。「ジェラートがうまいらしい」というムスメ情報です。(ウエモンズハート食べログ)ウエモンズハートのジェラート、なまらうまい!北海道アイスでは自分のベスト5に...

チミケップホテル/朝食と宿泊雑感@北海道/網走郡津別町

【前の記事より続き】2020年8月30日(日)道東にちいさな湖、チミケップ湖があります。湖畔にあるオーベルジュ「チミケップホテル」朝食の時間だよ。7:30から、ディナー時と同じダイニング、同じテーブルで。朝から手入れされた銀食器が並ぶ食事を頂けるってうれしいっす。オレンジ、トマト、グレープフルーツの3種のジュースか牛乳の選択肢で、牛乳チョイス。ブルーベリーヨーグルトのガラス器がアンティーク風でワタシの好きな...

チミケップホテル/夕食編@北海道/網走郡津別町

【前の記事より続き】2020年8月29日(土)道東のちいさな湖のほとりにあるオーベルジュ。チミケップホテルに宿泊。夕食のお時間です。シェフは静岡出身の方。フランス、アメリカでのお仕事の後、この場所に魅力を感じてチミケップホテルのシェフにご就任。北海道の食材を生かした創作フレンチを2012年から提供されているそうな。2017年北海道版ミシュランで1星に。本日のメニューです。尚、ディナーは量によって「ライト」「スタン...

チミケップホテル/施設編@北海道/網走郡津別町

【前の記事より続き】2020年8月29日(土)北海道を旅しています。道東のオーベルジュ、チミケップホテルが今夜の宿。周囲に原生林しか存在しない道道をレンタカーで突破してきましたよ。鹿さんファミリーに行く手を塞がれたりも。すみませ~ん、通してくださ~い。最徐行で通過させていただきます。チミケップホテルはそういった場所にあります。(チミケップホテル公式HP)主張し過ぎないナチュラルな外観で好きだなあ。カナダやア...

北海道ドライブ/然別峡→ナイタイ高原→阿寒湖→チミケップ湖@北海道/道東

【前の記事より続き】2020年8月29日(土)北海道の旅やってます。然別峡かんの温泉をチェックアウト。今夜の宿があるチミケップ湖までの道中のあれやこれやを。1)鹿の湯かんの温泉の近くの渓流へ。なつかしくて寄り道してみたココは、野湯「鹿の湯」(鹿追町観光協会HP)北海道のあちこちには基本無料の温泉が湧いていてみんなのお風呂。道内に100ヶ所はあると思う。たいてい水着不可かつ混浴です。その中でも、ユーヤンベツ川沿...

平安神宮 神苑/初夏は花菖蒲@京都市/左京区岡崎

【前の記事より続き】2020年6月7日(日)初夏の京都。最後は平安神宮。(平安神宮公式HP)思えば、桜シーズン以外の平安神宮は初めて体験かも。来て気付きました。暑い季節の平安神宮太極殿前広場は灼熱だったわ^^;白砂の反射がレフ板のようにジリジリ来る~。巫女さん暑そうだな。袴姿でマスク装着ですもの。ささ、平安神宮の神苑に逃げ込もう。社殿の背後は広大な池泉回遊式庭園になっているから。水辺を歩いて暑さから逃れよ...

東福寺/通天橋 青葉の頃@京都市/東山区

【前の記事より続き】2020年6月7日(日)大本山 東福寺の紅葉は京都トップクラスに美しいと思う。初夏の今、東福寺の渓谷・洗玉澗は緑色に染まっていたよ。青もみじも別の風情があってイイんじゃなかろうか、と来てみました。東福寺に入山する手前の橋、臥雲橋がスキなんだ。歩行者のための橋。(自転車バイクは押して通ります)近隣住民の生活道路にもなっています。フツウの生活道路なのにカバードブリッジであるステキ度。しか...