Welcome to my blog

極楽な日々

新井の千枚田&天橋立笠松公園ビュー@京都府/伊根町&宮津市

【前の記事より続き】2019年6月16日(日)舟屋の宿「雅」をチェックアウト。伊根という町は、そこに暮らす町民ありきの町で、観光客用の過剰な開発はありません。人によっては不便な町と感じるかもしれないけど、そこが伊根の良いところと思います。今後も、大手資本のコンサル企業とかの毒牙にかかることがありませんよ~に、と(勝手に)祈りながら出発です。伊根湾から車で山道を10分。「新井の千枚田」(ニイと読みます)に行っ...

伊根町さんぽ/魚屋がない漁師町@京都府/伊根町

【前の記事より続き】2019年6月16日(日)オット、ムスメと共に京都府伊根町に泊まっています。舟屋を改装したお宿「雅」で迎える朝。湾に虹が架かってる~ .゚+.(・∀・)゚+.。虹の橋のたもとは、湾に浮かぶ青島にあるんだね。あそこまで舟を漕ぎ出せば虹を渡れるに違いない。舟屋改装宿に泊まっているので、ぼんやりと海を眺めるなどという贅沢な過ごし方ができる。ある時フト見ると、近隣の民家の勝手口から奥様が出て来られた。ご自...

伊根の舟屋 雅(みやび)/泊まれる舟屋@京都府/伊根町

【前の記事より続き】2019年6月15日(土)オット、ムスメの3人で京都府北部を巡っています。旅のメイン、伊根の舟屋界隈に来ました。伊根は、舟のガレージを組み込んだ「舟屋」と呼ばれる家屋がずらりと並ぶ光景で有名な町です。2018年に伊根町を散策しています。その時、この町に大きな魅力を感じました。宿泊できる舟屋もあるらしいよ。素敵なロケーションの寿司屋も気になる。次回は泊まってみたい・・・ということで、今日を迎...

舞鶴引揚記念館/海の京都へ@京都府/舞鶴市

【前の記事より続き】2019年6月15日(土)オット、ムスメの3人で京都府北部を巡る旅。舞鶴市に来ています。舞鶴引揚記念館。(公式HP)お地味な施設です。展示物に身震いするだろう、見るのも辛くなるだろう、と想像できちゃうのでスルーしたくなる所。エントランスに流れる映像で「はるかシベリアの地を臨む」とか言ってるし、日本の兵隊さんが銃を放棄させられているシーンがパネル展示されている。スタートからツライ。でも見な...

赤れんがパーク/海の京都へ@京都府/舞鶴市

2019年6月15日(土)朝の大阪駅です。AM9:10発こうのとり号で京都府北部と丹後半島をめぐる旅に行きます。関東人にとっては行き難いエリアですが、大阪住みのムスメ宅を足掛かりにすれば楽勝だ。ムスメよ、助かるわ~。そんなわけで、今回はムスメも共に3人旅。3時間後には、丹後半島の付け根ともいえる宮津駅に到着したよ。2018年1月にも間人蟹を食べる旅でここに来ています。その時、丹後地方の印象が良かったのでリピートです。...

美山 かやぶきの里@京都府南丹市/美山町

【前の記事より続き】2019年5月27日(月)京都、花背のミュラン宿「美山荘」をチェックアウト。さらに京都北部へドライブします。1時間走ったら、茅葺家屋が見えてきました。ここまで北上するともはや京都市ではなく、南丹市。京都府南丹市美山町。この集落には奇跡のように38軒のかやぶき民家が残っています。のんびり徘徊しても1時間あれば一巡りできる規模の里です。ちょこっとお散歩させていただきまーす残っているかやぶき民...

美山荘/朝食と宿泊雑感@京都市/左京区花背

【前の記事より続き】2019年5月27日(月)京都市でも辺境の里、花背にある宿「美山荘」(公式HP)に宿泊しました。朝ごはんもセンスがあるし、美味しかったわ。夕食時同様、お向かいの母屋に出向きます。案内いただいたのはお座敷。昨晩の夕食はカウンター席の部屋でしたから、変化があっていいわ。母屋のお座敷は襖絵が素敵。日本家屋ですから、全部開け放って大広間にすることも可なわけですが、朝ごはん時の今は襖で仕切って4...

美山荘/花背の三本杉へ朝散歩@京都市/左京区花背

【前の記事より続き】2019年5月27日(月)京都市でも辺境の里、花背にある宿「美山荘」(公式HP)に宿泊中です。山奥の宿に朝が来ました。薄紫から薄桃色にグラデーションし始める、早朝の大悲山。夜が徐々に朝になっていく変化を月見台からひとりで眺める時間。贅沢だ。朝ごはん前にちょこっと朝散歩に出てみよう。美山荘の周辺って、有名スポットがあるわけじゃないんです。山と、川と・・・あとは山しかないの。そこが魅力なん...

美山荘/夕食編@京都市/左京区花背

【前の記事より続き】2019年5月26日(日)京都市でも辺境の里、花背にある宿「美山荘」(公式HP)に宿泊中です。そのお夕食編。夕食は、宿泊棟から道一本を挟んで建つ母屋でいただきます。宿泊客が三々五々集まってくる時間に合せて、打ち水されたアプローチ。清々しいお迎えです。「名栗の間」に案内されました。コの字型のカウンター席です。前回は襖絵がすばらしい座敷での夕食だったなあ。でもカウンター席は座り易いし、手彫...

美山荘/お風呂編@京都市/左京区花背

【 前の記事より続き】2019年5月26日(日)京都市でも辺境の里、花背にある宿「美山荘」(公式HP)に宿泊中です。そのお風呂編。美山荘は温泉旅館ではありません。さらに、客室に風呂が付随していません。大小2つのお風呂がこちらの別棟に収まっています。利用するタイミングは、お宿の方が采配してくれ、「お風呂のご用意が整いました」と部屋に呼びに来てくれる、というシステム。右の引き戸の先はやや小さいサイズの浴室があり...

美山荘/石摘花(シャクナゲ)の間@京都市/左京区花背

【前の記事より続き】2019年5月26日(日)京都の北山の奥の奥。花背という辺境の地にあるミシュラン宿、美山荘にきています。こちらは母屋。夕食と朝食をいただくときに伺います。お宿の方のプライベート空間もこの中。客室は相対して建つ、この棟にあります。全4室。この人気宿に泊まれるのは毎日4組だけ。お玄関を入って。今回で2度目の宿泊ですけど、変わらず美山荘は美意識が高いなあ、と見惚れます。玄関で視野に入る内装が縦...

美山荘/新緑の時季に@京都市/左京区花背

2019年5月26日(日)京都のその宿に、もう一度泊まってみたくて新幹線。京都といっても北の山奥にあります。そこは名旅館、美山荘。嗚呼、今日は富士山がクッキリだ。京都駅に着いた。が、美山荘へは京都市内からレンタカーを約1時間、山へ向かって走らせるのだ。京の町がステキなことは言わずもがなだけどね、こーいう京都の郊外の風情もシビレるほど魅力的なのだ。北山杉だらけの山々と、大堰川に沿うクネクネの山道。この、都か...