Welcome to my blog

極楽な日々

福島・お山と温泉の旅<3>湯の花温泉/旅館・末廣

福島・お山と温泉の旅<2>からのつづきです2005年6月4日(土)~5日(日)奥会津舘岩村の「湯の花温泉」温泉の村ですが、地元の暮らしの中に宿泊させてもらう、って感じの村です。     「豊かな自然と田園風景」なーんてチンプな表現しかできませんけど。ずっとこのままでいてほしい、と思わせる美しい農村です。   村を流れる湯ノ岐川に沿って4つも共同風呂があります。出入りの様子を見ていると、村の人々の「マイ温泉...

福島・お山と温泉の旅<2>駒止湿原~湯の花温泉

福島・お山と温泉の旅<1>からつづき湿原、ミズバショウ、といったら尾瀬が有名ですが、ワタシは行ったことがありません。でも、ここ「駒止湿原」だって水芭蕉もいっぱい咲いているし、別天地ってかんじです。すいてるしー。人の影うすくて、写真も撮りやすい。                  山登りと違って木道の上をぽこぽこと歩くのは快適だ。進むにつれ、湿原のいろんな表情が展開していくのもワクワクする。2時間、...

福島・お山と温泉の旅<1>(長卸山/ながおろしやま)

2005年6月4日(土)毎度のことながら前日の夜に車で出発し、福島県田島町に22時到着。「道の駅たじま」で車中泊。今日は天気がいつ崩れるかわからないので、簡単な山にした、とオット。6時半くらいから「長卸山」(1068m)に登り始める。新緑がきれいだし、植林した跡がなくて、ここいらへんのお山は美しい。オットの気休めかと思ったら、本当に楽チンな山でした。遠くに、まだたくさんの雪を被った「会津駒ケ岳」がきれいに見え...

ひげの家、お食事編/福島県高湯温泉

※画像は『里芋まんじゅう』-雲丹入り。花びら百合根ぞえ、ふかひれ餡※【ひげの家、温泉編記事からのつづきです】このお宿ったら、お料理も我が家好みでした。部屋出しです。(ま、うちはお食事処系でもOKですが)三つのお膳にわけて据えられたお料理は、山の幸中心。旬の山菜と、きれいな前菜。使ってるうつわも美しかったです。※ひげの家のスペシャリテ:ひげの家ロール※ダンナとワタシともに大酒飲みなので、食事がめちゃくちゃ...

高湯温泉・ひげの家に行った

今年最後のスキーをしに東北方面へ出かけました。お泊りは「秘湯系温泉」にしよう、と福島の高湯温泉に。「ひげの家」さんは名前が個性的ですよね。創業者の方のニックネームが「ひげさん」だったことによるそうです。館内は早春の花が其処ここに飾られているのが癒される感じ。ロビーはアジアン・テイストでセンスよしです。客室は掃除が行き届いてるのに驚きました。(サッシの溝、出窓の角の埃がない!)お湯も期待できるかな~...