Welcome to my blog

極楽な日々

積善館 佳松亭/朝食と宿泊感想@群馬県/四万温泉

【前の記事よりつづき】2021年2月23日(火)群馬県四万温泉の有名旅館、積善館に滞在中。朝食の時間です。(積善館webサイト)夕食は客室でしたが、朝食は指定された大広間へ出向きます。テーブル上に籠。二段になった竹籠で、なんか可愛い。ただ、食事会場がテン下げでした。佳松亭にある大宴会場 蓬莱。舞台もあるような二昔前の大広間だったわ。しかし、この古い設備に積善館さんは対処済みです。この旅行の後に大宴会場 蓬莱は...

積善館/5ヶ所の温泉編 @群馬県/四万温泉

【前の記事よりつづき】2021年2月22日(月)群馬県四万温泉の積善館に宿泊中。温泉施設のおはなし。①元禄の湯 ②岩風呂 ③山荘の湯 ④杜の湯 ⑤貸切風呂「積」と「善」以上の5ヶ所の湯処にはいりました。(②岩風呂はこの旅後に解体)※浴室および脱衣所は撮禁。右下クレジット入り画像は積善館フォトギャラリーからの頂き画像です。1.元禄の湯積善館の魅力のひとつがこの元禄の湯の存在。建てられた昭和5年当時に於いては最先端のデザイ...

積善館 佳松亭/夕食 如月の御献立編@群馬県/四万温泉

【前の記事よりつづき】2021年2月22日(月)群馬県四万温泉の積善館に宿泊中です。(積善館webサイト)歴史的な建築物とレトロな温泉で有名な人気の積善館。今回選んだのは昭和61年築の佳松亭の部屋。食事に於いては、レトロな本館と佳松亭&山荘では内容が異なります。夕食場所は客室によって客室だったり、食事用個室だったり、ラウンジだったり。ワタクシ共、佳松亭/松風七の部屋は客室内の和室で夕食でした。お若い男子がおひ...

積善館 佳松亭/松風の七 和洋特別室編@群馬県/四万温泉

【前の記事よりつづき】2021年2月22日(月)オットと群馬県四万温泉へ。3回目の四万温泉訪問ですが、今回のチョイスはあの積善館です。(四万温泉/積善館 webサイト)四万の積善館言うたら、国指定文化財の建築物も含むこの佇まいが有名ですね。こちらは積善館/本館と名付けられています。今回ワタクシ共が選んだのは、昭和61年築の佳松亭(全16室)での滞在。佳松亭の玄関はレトロとは別テイストでした。駐車場も玄関も敷地内高台...

赤城温泉ホテル/朝食と雑感編@群馬県/前橋市苗ヶ島町

【前の記事より続き】2022年5月6日(金)群馬県の山中にある赤城温泉ホテル「別邸あづさ」に宿泊。翌日の朝食です。ダイニングルームはメゾネットタイプ客室「さくら」の1階にある。おもしろいな。内線用電話機がむかしの黒電話だ。部屋角の扉はスタッフさんが配膳で出入りする専用ドアなの。この向こうが厨房に続いているんだね。AM7:30~AM8:30のゾーンの中、AM7:30でお願いしました。焼き鮭、納豆、ひじき煮、筍の含め煮。旅館...

赤城温泉ホテル/夕食編@群馬県/前橋市苗ヶ島町

【前の記事より続き】2022年5月5日(木)群馬県の山中にある赤城温泉ホテル「別邸あづさ」に宿泊。夕食のお時間です。全13室のうち、別邸3室は夕食朝食とも客室でいただきます。お約束の18時にダイニングルームに赴くと最初のセッティングがこのような。別邸以外10室のお客様は個室風に仕切りがあるお食事処で召し上がっておられます。ダイニングルームは直接外に面していない。腰高の障子を開けると浴室越しにお外が見えるという...

赤城温泉ホテル/大浴場編@群馬県/前橋市苗ヶ島町

【前の記事より続き】2022年5月5日(木)ゴールデンウィーク、群馬の赤城温泉郷に来ています。赤城温泉ホテルの大浴場のおはなし。宿名よりも『にごり湯の宿』のフォントサイズの方が大きい玄関。なるほどここの源泉はすばらしいにごり湯、炭酸水素塩泉だったわよ。パブリックの浴場はこの男女別大浴場のみ。15:00から翌朝9:30まで通しで入れます。深夜入浴不可の宿が多い中、これは嬉しい。(稀に夜の清掃が必要になる場合あり...

赤城温泉ホテル 客室編/別邸さくら 源泉風呂つきメゾネット@群馬県/前橋市苗ヶ島町

【前の記事より続き】2022年5月5日(木)ゴールデンウィークに群馬の赤城温泉郷へ。宿泊した赤城温泉ホテル、客室のお話。全13室のうちの3室は「別邸あづまや」と命名された別格ゾーンに収まっています。このカテゴリーから部屋を選択しました。宿のフロントやロビーにはなんとなく古さを感じたのだけど、別邸ゾーンは気分あがる仕上がりでイイね。客室に至る手前に、3室の宿泊者専用のラウンジ的一角があったりする。ラウンジと言...

赤城温泉ホテル/施設編@群馬県/前橋市苗ヶ島町

【前の記事より続き】2022年5月5日(木)群馬に温泉旅行。「赤城山の麓に濁り湯が湧く温泉地帯があるんだけど」というオット提案で泊まりに来ました。赤城温泉郷というエリアです。標高700~900mにあり、冬季だったらノーマルタイヤでは危険っぽい山の中を進みます。これでも前橋市内なんだね。「平成の大合併で前橋市に入った。それまでは村だったんだけど」(オット)さすが元前橋市民だったオット。群馬の行政には妙に詳しい。...

四万温泉さんぽ@群馬県/四万温泉

【前の記事よりつづき】2018年10月15日(月)四万温泉の町を散歩したのでその記憶を。四万を象徴する温泉旅館のひとつ「積善館」は、我らが泊まった「四万たむら」を出てすぐのところに位置します。江戸・元禄年間から旅館業をしている積善館です。昭和初期に造られた堂々の木造三階建建築は見惚れちゃいます。川沿いの浴室「元禄の湯」はあまりにも有名。積善館は今回の宿泊先候補にもなったものの、四万たむらを選んだわけで。次...

四万たむら(食事編)@群馬県/四万温泉

【前の記事よりつづき】2018年10月14日(日)~15日(月)群馬の名湯四万温泉。四万たむらに泊まっています。18:00からお食事処での夕食。(チェックイン時に18時と19時からチョイス)料亭「山桜」と名付けられたお食事処は完全個室構造でした。宿泊プラン如何では部屋食の形態も、または他のホールでの夕食というパターンもあるのかもしれません。この記事をアップしている現在は絶賛コロナ中ですから、単に仕切りがあるだけでなく...

四万たむら(温泉編)@群馬県/四万温泉

【前の記事よりつづき】2018年10月14日(日)~15日(月)群馬の名湯四万温泉。四万たむらに泊まっています。6か所のお風呂を持つたむらさん。(貸切り風呂を除く)湯量豊富で泉質抜群な温泉のお話しを。1.御夢想の湯総檜のお風呂。昔の湯殿を思わせるデザインです。高い天井。古い湯小屋のように造ってあるのね。湯気は上部から抜け、籠った熱気が無いから長湯ができる。ガラス窓は使われていません。檜で出来た「無双窓」です...

四万たむら(施設編)@群馬県/四万温泉

【前の記事よりつづき】2018年10月14日(日)四万温泉。今回はリピートで、3年ぶりの四万温泉宿泊です。昭和レトロな街並みが珍しい。相変わらず四万のこのストリートは面白いな。前回宿泊の宿は小規模なところが我が家好みだったし、食事も丁寧な品々でよかった。ただ温泉重視の我が家には、源泉を循環していたり浴場の変化に乏しかった点が残念で。2度目の四万温泉はお湯自慢で堂々の老舗旅館にしてみるか、ということでこの宿チ...

湯宿 季の庭(朝散歩と朝食と宿泊雑感編)@群馬県/草津温泉

【前の記事よりつづき】2018年10月14日(日)「一度泊まってみようよ、共立リゾートの宿に」という企画で、オットと草津温泉の 湯宿 季の庭に宿泊しています。朝食前のAM6:00。旅先恒例の朝散歩に出かけよう。草津温泉街の中心地、湯畑までね。この宿は湯畑まで1kmちょっと離れた場所にあります。日中は湯畑までの送迎バスを宿が運行していますが、天候や健康に問題がなければ丁度よいお散歩の距離だと思います。15分ほどで湯畑到...

湯宿 季の庭(夕食編)@群馬県/草津温泉

【前の記事よりつづき】2018年10月13日(土)オットと草津温泉にある共立リゾートの宿、湯宿 季の庭に泊まっています。その夕食。夕食開始時間PM5:30にお食事処へ。すでにテーブル上には  放置 スタンバイされた前菜が待っていました。ところで・・・旅館に於いては前菜に限り予めテーブルに放置していても問題ない、という謎ルールでもあるのでしょうか。多くの宿で許容されている事と思います。ワタシ的には以前から気...

湯宿 季の庭(貸切露天風呂編)@群馬県/草津温泉

【前の記事よりつづき】2018年10月13日(土)-14日(日)オットと草津温泉にある共立リゾートの宿、湯宿 季の庭に泊まっています。大浴場は、なんだが「日帰り入浴施設」のようで心から満喫はできない入浴タイムだったなあ。貸切露天風呂が3ヵ所あるのでそっちに期待。雰囲気のよい植栽の中庭に点在しています。貸切り露天風呂は24時間利用可でしかも無料。空いている時に早い者勝ち!というシステムです。中庭へ向かうポーチに掲...