Welcome to my blog

極楽な日々

(17)ベンタ・デル・キホーテ/ドンキホーテっぽいレストラン@スペイン/ラマンチャ地方

【前の記事よりつづき】2023年10月6日(金)ツアーバスはスペインを南下中。お昼めしタイムです。ランチのお店はこちらですーぅ、と添乗員女子さん。Venta Del Quijote 、ベンタ・デル・キホーテって書いてある。中世の、元旅籠で今はレストラン営業というベンタ・デル・キホーテ。なるほど。ホテルというよりは、低い階層の旅人も受け入れた旅籠って感じがする。ゲートをくぐると広い空間。昔はここに馬やらロバ、馬車や荷車を留...

(16)ラ・マンチャ地方へ/丘の上の白い風車@スペイン/コンスエグラ

【前の記事よりつづき】2023年10月6日(金)オットとスペイン旅行、3日目の朝です。某社のツアーに乗っかっています。マドリッド滞在は今朝で終わり。最後にホテル近くのモンターニャ公園へ朝散歩だ。朝日に輝く王宮が美しい丘でした。おもしろい町だったな、マドリード。マドリードを離れバスは南へ南へ。高速道路(オートビアA-4)沿いは乾いた丘陵地がつづきます。あれらはオリーブ畑かしら。都市部を離れると、スペインの郊外...

積善館 佳松亭/朝食と宿泊感想@群馬県/四万温泉

【前の記事よりつづき】2021年2月23日(火)群馬県四万温泉の有名旅館、積善館に滞在中。朝食の時間です。(積善館webサイト)夕食は客室でしたが、朝食は指定された大広間へ出向きます。テーブル上に籠。二段になった竹籠で、なんか可愛い。ただ、食事会場がテン下げでした。佳松亭にある大宴会場 蓬莱。舞台もあるような二昔前の大広間だったわ。しかし、この古い設備に積善館さんは対処済みです。この旅行の後に大宴会場 蓬莱は...

積善館/5ヶ所の温泉編 @群馬県/四万温泉

【前の記事よりつづき】2021年2月22日(月)群馬県四万温泉の積善館に宿泊中。温泉施設のおはなし。①元禄の湯 ②岩風呂 ③山荘の湯 ④杜の湯 ⑤貸切風呂「積」と「善」以上の5ヶ所の湯処にはいりました。(②岩風呂はこの旅後に解体)※浴室および脱衣所は撮禁。右下クレジット入り画像は積善館フォトギャラリーからの頂き画像です。1.元禄の湯積善館の魅力のひとつがこの元禄の湯の存在。建てられた昭和5年当時に於いては最先端のデザイ...

積善館 佳松亭/夕食 如月の御献立編@群馬県/四万温泉

【前の記事よりつづき】2021年2月22日(月)群馬県四万温泉の積善館に宿泊中です。(積善館webサイト)歴史的な建築物とレトロな温泉で有名な人気の積善館。今回選んだのは昭和61年築の佳松亭の部屋。食事に於いては、レトロな本館と佳松亭&山荘では内容が異なります。夕食場所は客室によって客室だったり、食事用個室だったり、ラウンジだったり。ワタクシ共、佳松亭/松風七の部屋は客室内の和室で夕食でした。お若い男子がおひ...

積善館 佳松亭/松風の七 和洋特別室編@群馬県/四万温泉

【前の記事よりつづき】2021年2月22日(月)オットと群馬県四万温泉へ。3回目の四万温泉訪問ですが、今回のチョイスはあの積善館です。(四万温泉/積善館 webサイト)四万の積善館言うたら、国指定文化財の建築物も含むこの佇まいが有名ですね。こちらは積善館/本館と名付けられています。今回ワタクシ共が選んだのは、昭和61年築の佳松亭(全16室)での滞在。佳松亭の玄関はレトロとは別テイストでした。駐車場も玄関も敷地内高台...

岩櫃城 本丸址/真田氏の山城徒歩30分@群馬県/吾妻群

【前の記事よりつづき】2021年2月22日オットと群馬に温泉ドライブ旅行です。関越の渋川伊香保インターを降りて国道を走行中。前方にどちゃくそカッコイイ山現る。岩櫃山だ、とオット。真田氏の城のひとつ、岩櫃城(いわびつ-じょう)があったのはあの山中。車があれば簡単に近づけるらしい、ということで立ち寄りだ。戦国時代は厳めしい山城でしたが、令和の今は民が迷わぬよう案内板が多種ぬかりなく。広くて整備された駐車場。ガ...

吾妻峡→八ッ場ダム→川原湯温泉@群馬県/吾妻郡

2021年2月22日オットと群馬に温泉旅行。ドライブしつつ気になるスポットを訪れつつの道中です。「八ッ場ダムってあるじゃん?2020年に完成したダムをまだ見てない。」とオット。うん、ワタシも気になる。見てみたいなあ。八ッ場ダムの本体工事が始まる前、水没予定の温泉地に行ったんだ。紅葉がきれいな谷合にひそむ、硫黄泉質の良宿に泊まったな。あの温泉地は町ごとダムの底に沈められちゃったのよね。1.吾妻峡を歩いてみる吾...

ピータールーガー東京/NY発est.1887年のステーキハウス@東京渋谷区/恵比寿

2024年1月某日ムスメも帰省した新年はステーキハウス。なぜだか近年定着した我が家の正月恒例行事だ。今年は恵比寿のPeter Luger Steak House Tokyoを予約したよ。(オットが)くすの木通りを挟んで恵比寿ガーデンプレイスと相対した場所に建つ。(ピーター・ルーガ-・ステーキハウス東京Webサイト)赤レンガで統一された一帯に溶け込み、周囲の美観に一役買っています。そもそも赤レンガ仕様なのは、ニューヨークブルックリンの...

酒肴 あおもん/半熟のアジフライとは@東京品川区/五反田

2023年12月某日オットと品川区五反田へ。雑居ビル地下の居酒屋が今夜のお店です。「ここのアジフライ、めちゃくそ旨いんだ!こにゃくうにも喰ってもらいたい」(オット)と強めにプッシュされたから食べに来ましたよ。酒肴 あおもんです。(酒肴あおもんインスタ)ワタクシ、人生まーまー長いですけどアジフライで感動した体験はゼロだ。そもそもアジフライとはアジフライであってそれ以上の物ではないよな?と、予約のカウンター...

割烹 茂幸/松茸と香箱蟹の晩秋@東京渋谷区/代々木上原

2023年11月某日たぶん8回目になる割烹 茂幸さん訪問。秋から冬に変わろうとしている頃でした。(食べログ:茂幸)てか、2023年の東京は11月に入っても最高気温25℃オーバーの日があるという異常な暖かさで。そんな晩秋ですが、茂幸さんのお献立はどのような?1.柚子の食前酒京都 象彦の盃で食前酒。これは茂幸お約束のスタートです。暦の上では冬ですから、柚子が香る酒で。2.茸 茶碗蒸し  お品書きとか無いのでワタシが勝手に命...