Welcome to my blog

京都

11.大悲山 峰定寺/六根を清浄するのです@京都市/左京区花背

0 0
前の記事よりつづき 】
2015年11月20日(金)
京都旅行のお話しのつづきです。

PM2時30分。今夜の宿、美山荘に到着。


長年憧れてきた宿なので一刻も早くチェックインしたいところですが、その前に行かねばならない所があるの。

うろちょろする我らの姿を速攻で見つけて、玄関に走り出て来てくれたお宿の女性に荷物を託します。チェックイン前に徘徊したい所があるから、荷物をヨロシクねー。


花背・大悲山 峰定寺に行かなきゃね。美山荘はこの寺の門前に建っている、という位置関係。
峰定寺の宿坊が、美山荘の前身なのです。


ワタクシ、こにゃくうは長い間、いつかは来たい!と熱望していたお寺です。尚、お約束事項がいろいろあるお寺なのでオットに一応ご説明申し上げた。ご覧の通り、AM 9:00~PM 3:30まで、とやや短い入山可能時間。
さらに・・・


・雨の日は入山不可
・団体不可
・ちっちゃいお子様不可
・12月1日~3月30日は不可
・私物の持ち込み不可
・・・というイロイロ不可!&不可事項 


「へ~。おもしろそうな寺じゃん」(オット)をを。乗り気ですか。ありがたい。いや、お約束事項はもっとあるんですけどね。それはイヤでも受付けの方が言いつけてくれるでしょうから、よーく聞いておくのよ。


ヘビーな京都ユーザーのワタクシですが、何しろ初参拝。NG項目いっぱい、というのでコワイお寺の人だったらどうしよう・・・と、ややビビり気味。寺務所に声を掛けると、高齢の女性が登場。500円の入山料をお支払します。


「あなたたち、初めて?あ、そう」・・・ということでお約束事項の説明が始まります。
・この峰定寺は古来より修行の場。なので、
「荷物は全部預かります」
・ハンカチとお財布。これだけは持っていってよろしい。
「コレに入れなさい」
・・・といって渡された紫色のたすき掛けするポシェット状の袋。これは雲水や修行僧が掛けてる「ずた袋」ってヤツですねっ。わーい。修行モード高まる~♪


「本堂まで400段の石段です。そこに杖があるでしょ?一本選んで持ちなさい」
いや、要らないから、とは言わせない迫力でほぼ強制です^^;

「六根清浄、と唱えながら登りなさい」
ハイ、了解です。ワタクシどもは今からナンチャッテ修行僧ですからねっ。

「途中に鐘がありますから、心を込めて打ちなさい」
ハーイ。タダで鐘が突けるのは京都ではレアですのでありがたいわ。

「何事かあったかと心配になるので往復45分で戻りなさい」
ええ~、上でまったりしてたらダメですか?ダメなんですね、そうですね・・・


仁王門から入山するように、とのこと。1350年のオリジナルの仁王門なんだそうだ。超が付く歴史物。当然、重要文化財。この仁王門から先は聖域なのでしょう。
「仁王門をくぐったら声高なおしゃべりは謹んでください」あ、はい・・・^^;


・・・というわけで、京都でも屈指の秘境度を誇る峰定寺についに登ってまいりました。受付でカメラ、携帯も 没収 お預けなので、仁王門から先の画像はありません。あしからず。

「撮影禁止」というより「修行の場であるから俗世の物は持ち込むな」
という意図なのでしょう。ここは、観光寺院ではないのです。いにしえの修行僧の気持ちになってお山で心を清めてらっしゃい、というお寺なのでした。

400段の石段の先にあった本堂からは圧巻の眺望を得られます。絶景をオットと2人占め。山々が連なる。空気が違う。京都でもこんなに静寂な場所はそうそう無いのではないかと思われ。


画像の代わりといってはナニですが、峰定寺本堂の版画の画像を貼っておきます。(徳力富吉郎氏の作品。美山荘に縁の深い版画家です)清水寺の舞台同様、崖にせり出して造られた舞台づくりの構造。峰定寺の本堂の方が清水寺よりも古いのです。


観光寺院だらけの京都にあって独特のスタイルを貫く峰定寺にはファンが多いようで、この日もリピーターです!という方が「今日もヨカッタです。また来ます」と仰って立ち去る所に出くわしました。
京都の美山、いや深山の峰定寺。オットも「また来たい!」とお気に召したご様子。気持ちが引き締まるお寺でした。
関連記事
国内旅行京都紅葉

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply