Welcome to my blog

16年南イタリア

7.アマルフィの朝食ビュッフェ★コーヒー美味しいんですけどっ!

2 0
前の記事よりつづき 】
2016年9月9日(金)

南イタリア、アマルフィ海岸
(いちおう)5つ星ホテルのイル・サラチェーノ。
朝食ビッフェの時間です。


海の見えるテラス席でウレシイです。
気持ちイイ!


室内のコーナーにお料理が並んでいるので
取りに行きましょ。




カリカリベーコンとスクランブルエッグ
サラミ、ハムにスライスチーズ・・・定番品が並んでますね。


カップに入ったヨーグルトと
唯一のフレッシュ野菜、プチトマト。
野菜はこのプチトマトだけでした。
そんなもんでしょーね。


ボールに満たされた水の中にどっぷり沈んでいたのは
モッツアレッラ・チーズ。
しかも、これ手作りっぽいぞ。
なんつーか・・・
朝の手作り豆腐的な感じ?



甘~いパンのコーナーに置かれていた
見慣れないパン。
あ!思い出したー。
友人から「南イタリアに行ったら貝殻の形をしたパンがあるから食べてみて」
「オイシイんだよ!」
と入れ知恵されていたアレがコレだな、きっと!


名前を「スフォリアテッラ」っていいます。
パン、というよりはお菓子っぽいしっかりした甘さ。
大きさはハマグリくらいでしょうか?
中に入るのは、カスタードクリームだったり
アプリコットジャムだったり。



「コレ、おいしいんだってさ。食べて見なよー」
とオットやムスメにも強力プッシュ。
薄い薄い生地が何層にも重なって貝殻状の形を成しています。
この薄くてパリパリの外皮の食感と噛み応えに
誰もが「快感」を覚えるのかもしれません。
非常にクセになります!
甘いモノ嫌いのワタクシですが
以後、朝食の度に食べていました。



もうひとつ、友人に「逃すなよ」と言われていたのがコーヒー。
「イタリアのコーヒーはめちゃウマだから!カプチーノが特におススメだけど
ただのコーヒーでもそこらのスタンドですら美味しいの!」


テーブルを回って
「Teにする?Caffe?」とオーダーを取ってくれる男性に
「カプチーノ、ぷれふぁぼーれ!」
さらに「あんこーら、ぷれふぁぼーれ」 (おかわりちょーだい)
豊かな香り、適度な苦み、温度。
どストライクなカプチーノ!

いつもは紅茶派のムスメも
カプチーノを飲んで「お、おいしい・・・」と感激していました。



我が家は、普段でも朝食は控え目なので
極上のコーヒーと珍しい食感のスフォリアテッラ、
そして手作りモッツアレッラで満足感じる朝ご飯でした。



朝食を摂りながら、美しい海を眺めていると
今回のツアーの添乗員女史が教えてくれた。
「左手に出っ張った岬が見えますでしょう?
あそこにある白い建物は女優のソフィア・ローレンの別荘なんですよ」



「白い建物だけでなく、先端の古い砦も、岬全体すべて私有地らしいです」
え~!そうなんだー!
・・・と、望遠を駆使してぱぱらっち。


さらに拡大して
ぱぱらっちはずーずーしいww
「正確に言いますと、
ソフィア・ローレンの夫の映画プロデュ―サー名義なんですけど。
もう夫は亡くなっていますから
今は別の人の所有かもしれません」



へ~!
大女優と敏腕プロデューサーが所有していた物件を購入する人って
いったいどんなセレブなんでしょうね。
リアルな古い砦まで付いてるじゃないですか。



「さらに、反対側の右手の入江を見てください。 
海岸の崖に張り付くように何軒か家屋がありますね?」 (添乗員女史)

うん。
なんだかパッとしない、言うてみればボロ・・・いや、質素な家みたいですけど?


「いやいや、あー見えて凄いんです。
あの、灰色で青い板が窓に貼りつけてあるように見える家屋。
あれはドン・ペリ創業者一族の別荘なんです」 (添乗員女史)



え~!
ちっともそんなゴーカ物件には見えませんケド?

・・・とまたもパパラッチは望遠&拡大するww
きっと、これ見よがしに飾り立てた外装だと
このアマルフィ海岸の雰囲気を乱してしまうのでしょうね。
本物のセレブはやることが違うわー。

・・・と、平民はカプチーノをすすりながら感心するのでした。

つづく:ポジターノへ向かいます】
関連記事

2 Comments

There are no comments yet.
No title

ふわり♪  

2016-11-23 06:50

5ツ星でもやっぱり品揃えはおんなじなんですね。初ヨーロッパのときはびっくりしました。
安いアジア旅行でもたんまりあったので。

スフォリアテッラ、美味しいですよね~
そーか、中身はいろいろか。
私が食べたものはクリームチーズでした。
洋酒たっぷりのBABA MARYも好きでした。

ところで、甘いもの嫌いと書いてありますが、京都では和菓子を買い込んでいませんでしたっけ?

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2016-11-23 22:15

> ふわり♪さん
そういった意味でもこのホテルは4つ星だよなーと思います。

朝食は軽く済ます。でも昼食or夕食には手を抜かないよ。
…そういうカルチャーの国に出会う事が時にあります。
フランスなんてそういうテイストの食生活なのではないかしら?
朝はカフェオレとクロワッサンだけ、って感じ?
イタリア人も朝食はあっさりしたものなのだ、と今回知り合ったイタリア人が教えてくれました。
日本に来たフランス人が、旅館の朝食の量にたまげた!って言ってたわー。
食のスタイルは国毎にそれぞれで興味深いです。

>ところで、甘いもの嫌いと書いてありますが、京都では和菓子を買い込んでいませんでしたっけ?

丁寧に拙ブログを読んでくださってありがとうございます!感謝!

正確に言うと、洋物の甘い物が好きじゃないんです。
丁寧に作られた(←ココ大事)「和」の菓子だったら大好き、というワガママ体質w
自己分析するに、バターや生クリームが苦手なんだと思います。
故に、和菓子でも生クリームが使われた大福とかはパス!になります。
ほんと、勝手なこと言ってますw

EDIT  REPLY    

Leave a reply