Welcome to my blog

16年南イタリア

18.グランドホテル・オリンポ★アルベロベッロ泊(イタリア・プーリア州)

2 0
前の記事よりつづき 】

2016年9月10日(土)

イタリア旅行、3泊目にして2か所目のホテルに到着。


世界遺産アルベロベッロのホテル、
アルベロベッロの観光中心部に徒歩約10分だし
立地がよいのが高ポイント。



まだ新しいホテルなのでしょう。
清潔で機能的なのはいいですが
いささか情緒には欠けるかも。
大型のように見えますが29室でこじんまりしたホテルです。



ワタクシとムスメの部屋。
昨晩までのアマルフィのラブホっぽいホテルより広いし
使い勝手がよさそうな
フツウのツインルームです。



アマルフィのホテルは、凝っていたのだけど
客室のデザインに奇を衒い過ぎだったよねー、
・・・とかなんとか
ムスメと言い合って
部屋の装備とスイッチ類チェックをひと通り。



「このカウチ、いいね。盛大に荷物を広げられる~」(ワタクシ)
「無料のwifi、ちゃんと入るよー」 (ムスメ)

『にゃ~ん…』



「バスルームはフツウにOKだね」 (ワタクシ)
「ドライヤーは風力弱めながら、ちゃんと役には立つ感じ?」 (ムスメ)

『にゃ~~ん』




「シャワーの湯量、問題ないね」 (ワタクシ)
「ドライ機能が付いたタオルハンガーが付いてるのはありがたい」 (ムスメ)

『にゃ~~~ん』

ええっ!
・・・にゃーん、って聴こえる??
外から子猫の困ってる声がする~~っ!

こ、これは放っては置けない!


ワタクシ、海外旅行でも猫エサを忘れずに持っていく行く人。
今回も持参してきた猫エサを掴んで
ムスメと2人で声のする場所を探しに
部屋を飛び出しました。



声の主はボクだニャー!

こ、これはどういう事態なんだ?
ムスメとしばし考える。
このくぼみに落ちてしまったのか?
母猫はどこにいるのか?
出してやった方がいいのか?
いや、このくぼみに居た方がむしろ安全では?
・・・ん~~~ん悩む・・・



まだ生後一カ月くらいだなあ。
かわいそうにダニが食いついている。
コンクリートで冷たそうだね。
取り敢えず、部屋からバスタオルを失敬してきて
彼の居場所を作っちゃいましょ。

持参の猫エサを差し出したら
それはもう、猛烈な勢いでカリカリと食べてくれました。
お腹、空いてたんだね。
お母さんとはぐれたのかなあ・・・
十分元気があるのが救いでした。

夕食までの1時間半、部屋でゆっくりしようと思っていたのに
もはや、それどころでなく
何度も子猫の様子を見に行くワタクシとムスメ。



やがて、夕食の集合時間になってしまいました。

最後にもう一度・・・と様子を見に行ったら
ありがたいことに
このホテルの従業員の女性が子猫ちゃんを抱き上げて
保護したところに出くわしました。



海外旅行中の身でなければ
キミを保護できたのに
何も出来なくてゴメン。
そして彼を抱き上げてくれた従業員さん、ありがとう。
これで夕食も喉を通ります。

・・・というわけで
アルベロベッロ名物、トゥルッリ家屋のレストランで夕食です。

つづく:トゥルッリのレストランでごはん】
関連記事

2 Comments

There are no comments yet.
No title

ふわり♪  

2017-01-13 17:28

「にゃ~ん」はなんだと思って読んでいたら❗
ネコ好きには寄ってくるんですね~
しかも、エサ持参って

肉系加工品、荷物を空けられたらなんと??
思わずあれこれ言い訳を考えてしまいました。

ワタクシのまわりには、どこにいてもネコたちが寄って来るんでございます、てか?

いや、でも良かったですね。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2017-01-18 14:41

> ふわり♪さん
ホテル従業員の彼女が保護してくれてホント、ホッとしました。
そうでなかったら、この後の夕食はもちろん旅の間中、気になってしまうところでした。
猫えさ、検疫でひっかかるかもしれないですねー。
まあ、咎められたら渡航先のスーパーで買いますけどね。

EDIT  REPLY    

Leave a reply