Welcome to my blog

国内おでかけ

ほたるいかミュージアム★富山のホタルイカはオイシイ宝石!

2 0
前の記事よりつづき 】

2016年5月6日

富山県ホタルイカ

そう脳内にインプットされている
富山初心者のこにゃくうさんですが、ナニか?


富山のホタルイカといえば、滑川市だよね。
そのくらいの予備知識はアルw
で、あいの風とやま鉄道線の滑川駅に降り立ったわけです。



ホタルイカはその一生のほとんどを深海で過ごしているので
日頃のお姿を目にすることは出来ない。
でも、3月下旬~5月の産卵時だけ上昇して
富山湾沿岸に姿を現す。
今がまさにそのレアなシーズンなんだ!
(スミマセン、5月の旅行です)

シーズン真っ盛り!というのに
駅前通りにはワタクシとオットしか歩行者がいない!という滑川駅だが
そんなことは気にしてはいけないっ



激しい海風を真横に受けながら
うら淋しい海岸沿いを進むと、到着だ。
ほたるいかミュージアム!HP
一般人がお目にかかれるチャンスがまずない、生きたホタルイカの展示
そして、ホタルイカの青い発光ショーが見られるのが最大の売り!という
滑川市ご自慢の体験型ミュージアムです。



大人ひとり800円の入場料を払って入りましたが
場内は混むことなく、ゆるーく巡れます。
てか、一年のうち70日程しかお姿を見れないイカで
どーやって通年営業を乗り切っているのだろう、と
余所者なゆえに非常に気になるミュージアムですw



で、メイン展示物の「ほたるいか発光ショー」ですが
撮影禁止!
という、ブロガー泣かせの制約アリでした
画像ないのでHPの画像をパクりますw

今朝、裏の海にて獲れたて!のほたるいかが
半円の水槽内に広げられた網の上に放たれています。
ちびっ子たちが網を揺らすと、
刺激を受けたほたるいかが青く光ります。


その様子もHPからパクっておきましょうかねw
造形美溢れる、青い宝石のようでした。

実際のショー会場は真っ暗な空間内で行われるので
へっぽこなデジカメくらいでは写りませんから
撮影禁止、というか
撮影ムリ!状態なんですけどねw

でも
この儚い青が、海一面に輝く光景って・・・
見てみたいものです。
という、’早朝の船に乗ってほたるいか漁を漁船の脇で見る!’
という激レアな観光手段もあるそうです。
いつか行けたらいいなあ・・・



タッチできるホタルイカのコーナー。
触ってもいいんですって!
この子らも今朝の獲れたてでしょう。
ちなみに、産卵で海面に上がってくるのだから
全員女の子です。
男子はその役目を終えると
海上に上がることなく、深海でそのまま天国
でしょう^^;



意外と素早いホタルイカちゃんを追いかけ回し
おひとり、ゲット。
あら♪かわいい、手乗りイカ。



いや、小さくてもたくましいイカちゃん!
コイツら、噛むんですよ~(涙)
ちっこくても、けっこう痛い!
非力な女子ではありますが、根性はしっかり据わってますっ

水しぶきを上げてイカ捕獲に奮闘していたら・・・
デジカメに水滴が入り込みました~
後日、修理代約1万円~(涙)
イカちゃんにヤラレタw



しかしまあ・・・
鮮度のいい・・・じゃなかった、元気のいいほたるいかちゃんは
見れば見るほどオイシソウ。

踊り食いは・・・禁止だよね、そうだよね。



それじゃあ、ホタルイカ実食
行ってみよー!

ほたるいかミュージアムにはレストランも併設されていました。
ホタルイカはもちろん、
富山のもうひとつの名物海の幸、白えびメニューもいろいろ。



海がババーンと前面に広がる店舗デザインがステキです。



水代わりに
生ビール中、いっとくか~ww


で、軽くツマミっと・・・
蛍烏賊の沖漬け(600円)・蛍烏賊の一夜干(600円)
白海老昆布〆(1000円)
そして、蛍烏賊天ぷら(950円)



蛍烏賊の刺身(1100円)
軽~く蛍烏賊を摘まむつもりが・・・
昼から居酒屋の形相w
いや、おいしかったんだから仕方ない!



ちなみに、デスネ
このミュージアムに併設されている施設、
コレ、いいですよ。
レストラン光彩でいっぱいオーダーしたことをちょこっと後悔するレベルで
いいですよw



充実した物産店の様相で
しかも、試食ウエルカム!な営業体制。
600円でさっきいただいたばっかの沖漬けも
1000円で堪能した白海老の昆布〆も
ここなら、おばさまが盛大に試食を勧めてくれます(笑)
一瞬、
ついさっき、レストランで食べたことを後悔したわよ^^;

天ぷらや刺身は無いにしても
定番の富山の海の幸を味見したいのなら、
この「おみやげマーケット」はおススメです。

まだ、旅の始まりなのにさ
重たい程のお土産を買っちまったわよww


重たく膨らんだ荷物を一度、今宵のホテルに置きに行き
(富山駅直結、富山地鉄ホテル超便利な宿でした)



この旅のメイン目的、オットのご趣味にお付き合いデス。
タクシーに乗って
富山を代表する日本酒蔵さんに
見学GO!

つづく
関連記事

2 Comments

There are no comments yet.
No title

ふわり♪  

2017-07-24 08:05

ミュージアムのレストランって期待できない気がするのに、スゴいですね~
ホタルイカ、大好きです
氷見の寒ブリばかり頭にあって、行ったときはホタルイカをすっかりしつねんしていましたよ

ところで、この旅行記は去年の日付ですが、それであってるんですよね

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2017-07-24 09:34

> ふわり♪さん

>ミュージアムのレストランって期待できない気がするのに、スゴいですね~
正直言って、本気で食べてしまった我らの行為はやり過ぎです(苦笑)
蛍烏賊の刺身あたりは珍しいからいいんですけどね。
沖漬けや白えびの昆布〆なんか、お土産売り場でそこそこ試食できましたから、頼んじゃいけなかったんだわー。

寒ブリもいいですねー!
でも、寒ブリの季節とホタルイカの漁期は噛み合わないというジレンマ…

>ところで、この旅行記は去年の日付ですが、それであってるんですよね

お!
さすがふわり♪さん!いつもスルドイです(汗)
あってるんですよ~^^;
旅行後、あれこれあってアップしてなかったという事態。
腐りそうなので没にしようとしましたが…賞味期限切れ気味で恐縮ですっ

EDIT  REPLY    

Leave a reply