Welcome to my blog

17年米国ユタ州NP

37)スイングアームシティ@オフロードコースの不思議風景に迷い込む

2 0
前の記事より続き 】

2017年9月10日(日)

キャピトルリーフ国立公園を後にして
ユタ州道24号線を東に走ってます。


キャピトルリーフNPの中心部を過ぎてもしばらくは
色んな色彩の岩山や崖が次々現れ、
灌木が所々に茂る・・・という風景でした。

30分ほど走ったあたりから
景色が一変!


一面、灰色の世界に突入。
ナニコレ。セメント工場の中を走ってるみたい。
地質が急に変わったんだね。
黄色い道路標識がやけに映えますなあ・・・



一面灰色世界の先に、広大な広場が現れ
周囲の山の形がなんだか変。
停車、停車!
見に行ってみようよー、となりました。



こんな場所です。
一面灰色。
そしてワタクシとオット意外に、生物の気配ゼロ。
なんなの、ここ?



「山の形がなんだか変だ」と感じたのは
よく見ると無数のタイヤ痕が走っているからなのでした。
てか!
あそこをバイクか車で走ったヒトがいるってこと
ほぼ垂直に近い部分もあるよ~ (驚)



ちょっとした小山に登ってみる。
モトクロスバイクってやつかなー。
こーいうスポーツが好きな人用の場所なのかも。
見下ろしている白い車は我々のレンタカー。
人工の構築物は一切無いのだけど
案内版らしき物が立っているので読んでみよう。



うえるかむ とぅ すいんぐ あーむ してぃ・・・
ふーん・・・
どうやら、ここは「スイングアームシティ」という場所らしい。
「OHV」とあるのは「Off-Highway Vehicle」 (オフロード車) の意。

特にゲートやら柵やらは一切ないので
お出入り自由状態です。

(グーグルマップ上で→ スイングアームシティ



コース利用にあたっての注意書きが書かれている掲示物に
このようなイラストが添えられていたので
なるほどね、こーいうのでこの山を走るわけか、と。
まったく未知のスポーツの世界を覗き見できたなー、って
興味津々です。



トレーラーが1台置きっぱなしになっていました。
人がいる気配はなかったです。
オフロードには興味ないけど、
ここの風景は雄大で美しく、そして不思議ではありませんか。
遠くのキャッスルのような山もイイ味だしているし。



一面の灰色世界でテンションあがるワタクシ。
はしゃぐ。
イエイ 



OHVは
広大なアメリカならではのリクリエーションだね。
日本では、この規模とこのデンジャラスさは有り得ないわ。
違う星に放り込まれたような不思議風景を後にして
24号線をさらに進みます。

つづく:ゴブリンバレー州立公園】



≪蛇足ですが・・・≫

帰国後、この灰色モトクロス場が気になったので
「スイングアームシティ」で検索したら
こんな動画が見つかりました。

このおにいさん、車であそこを走ってた~!
私の想像の右斜め上を行く走りっぷり、たまげました(汗)
(4分以上の長め動画なので3分あたりからご覧いただいてもOKかも)





関連記事

2 Comments

There are no comments yet.
No title

ふわり♪  

2018-03-22 15:07

ココ、すごくいいですね~
2枚目のセメント色は絵画かと思いました。
スイングアームシティの後ろにそびえ立つ、お城のような山の佇まいもまたすごい迫力。
動画も拝見しました 思ってるよりずっと高くそびえているんですね。しかも後ろは切り立っているし。現地を知らない私には、砂のように崩れないのかと心配になるぐらい
どれもこれも、ド迫力でした。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2018-03-23 03:43

> ふわり♪さん
動画も見てくれてありがとうございます~
きっと有名なドライバーさんなんでしょうけど、クレイジーですよね。
あんな風に疾走してくずれないのか?と思いますよね。
なんか、見た目がセメントですけど質もセメントっぽかったです。
フツーの地質よりもガッチリカチカチに硬いんです。
不毛の地なのも当然かな、と思いますね。
放牧、農業、定住。どれも無理な地質です。

EDIT  REPLY    

Leave a reply