Welcome to my blog

東京のうまいもん

ふぐ 牧野@東京・浅草

2 0
2018年3月下旬某日

オットと隅田川でお花見。
・・・からの、ふぐ屋さんである。

ふぐ牧野(まきの)
浅草寺から西へ、合羽橋道具街を過ぎて都合10分ほど歩いただろうか。
ここまで来ると
浅草寺界隈の外国人観光客は皆無。
静かな下町の夕暮れ時だ。




今回のお店チョイス&予約等はすべてオット主導。

「河豚はもちろん、毛ガニ大根鍋がオイシイらしい」 (オット)
は?
河豚は分かる。河豚屋だからな。
毛蟹で大根ってナニ?
せっかくなので一切の検索等をせず、
予備知識ナシで連れて来られてみたよ。



こんばんわ。はじめまして。
予約は17:20。
マジ人気店でこの時間しか予約できなかった、とオットが言う。
通されたのはカウンター。
テーブル席もあり、奥に小上がり。
2階に席もあるようだ。



生ビールは無いので瓶ビールをいただいています。(黒ラベル600円)
お通しは数の子松前漬け。
大振りの数の子で甘目なお味。
メニューチョイスはオットに丸投げして
ワタクシはビールを飲むのに忙しいw



「電話でお願いしておいた河豚刺しを、ね」
などとオットがお店の方に言っている。
河豚刺し、いわゆるてっさは要予約だそうです。


お~♪
ふぐがキラキラと美しい!
ひとりでこの皿を独占できるとはシアワセだっ
(一人前5000円)



我が家は半年に一度のペースで
それで満足しているレベルの家族。
その店でも十分オイシイと思うのだけど
ここ、牧野さんの河豚はチガウ!
適度にぽったりと厚い部分もあり、噛んだ時の歯応えが絶妙。
さらに噛むごとに身から染み出る甘味。
嗚呼。コレがお高い河豚屋さんの河豚なのネ・・・



皮のコラーゲン具合も、まあ違うこと!
ぶよ~んとした弾力が堪らない。
良い、食の経験をさせてもらいました。


更にオットが選んだのがコチラ。
焼きふぐ
(5000円)
大根おろし&ポン酢にまみれた河豚の切身たち。
これを焼肉のようにロースターで焼き焼きして食べるという趣向。



毎日使っているのだろうに、ピカピカで新品のようなロースター。
お手入れお掃除怠りないのだろう。
・・・などと感心していたら
「焼き方、お教えしますね」と言ってお店の方がいい塩梅に焼いて下さる。
「早い時間だから焼いてあげられますよ。
混んできちゃうとそうも言ってられないけどねー」
うまく言い表せないけど
標準語とは違う、東京弁を話すお店の方。
ああ、下町言葉ってこーいうテンポでこーいう語尾なんだよね。
お店の方々のトークも味付けのひとつ。



(焼きふぐは)11枚へーってんだ。(入っているんだ)
ケンカすっといけねーからよ、1枚追加だよっ」
と、カウンター向うの大将が
焼きふぐの皿に一切れのふぐをぽちょん、と
投げ入れてくれた。
すばらしいオマケ!
ありがとうございまーす。



ふぐ刺しでも食べられる部位の切身なので
焼き過ぎず、片面だけの火入れでレア状態で食べてオッケー。
ふぐの身って、加熱するとまた違ったおいしさ。



次は
焼き白子
きゃー。
おおきい。
ぷっくり膨れた大振り白子が香ばしいカホリを振りまく。



ワタクシは無類の犬舌。
アッツアツの焼きたて白子の端をぷつんと噛む。
どろ~んと湧き出るミルキー白子。
やばい。
ウマすぎ。



白子のお値段。メニューには
「時価」
と書いてある。
恐っ 
値段確認しないで頼んだオット。
でも、お会計時にみたら一人前3200円だった。
先述の「お安いふぐ屋」でもちょこっとしかない焼き白子で
2000円ほどすることを思うと
このボリュームで3200円はお得だと思う。



そして登場。
毛がに大根鍋
これかー!
たしかに、毛ガニで大根で鍋だー。
※この鍋も要予約品
(19000円)



白みそ仕立ての鍋。
浮いている黄色い浮遊物はバターが溶けたもの。
そこに1本まるまるの大根と毛蟹が1杯入っている。
豪快だ。



鍋になった蟹ってフツウは食べにくいのだけど
丁寧に下処理されているからか
蟹スプーンでスルリと身離れするので
食べ易い。



煮込んでいくと
だんだん大根の味がしゅんでくる。
そう、この鍋の主役は大根。
ぶり大根が大根を食べる料理であるのと同じセオリーだ。



毛ガニの風味、味噌のあじ、バターのコク味に鷹の爪のピリ辛。
複雑な味を吸い取った大根は無限に食べられるゾ。
「ひたすら大根を食べるからね、ひたすら大根鍋って言うんだよ」(大将)
こんなオイシイ大根なら、ひたすら食べますっ



ビールを合いの手に、テンポよく大根1本丸々&蟹1杯を喰らい
オットとふたりでひと鍋完食。
汁も飲み干してやろうかと思ったが
「〆に雑炊かラーメンを食べるのなら汁は残しておいてね」
とお店の方に言われたので
うっ、もはやここまで。
一度箸を収めるw




〆はラーメンを所望。
またもお店の方が手際よく作ってくださる。


この蟹みそバター汁でラーメンって最強でしょ!
至福の時間ごちそうさま。
(それでも残ったお汁はテイクアウトさせていただいた)



創業して90年ほどの老舗、牧野。
周りを見ると年齢層が高い目。
そして常連さん率が非常に高い。
我らなど初来店の若輩者って感じ。
きっと昔から食いしん坊の間では有名なお店なのでしょう。
この日も元プロ野球監督がいらしていたわ。
(娘がプロゴルファーで素足に靴履く娘婿がいる方w)

お会計を正直に書くと
ビール 600円×4
日本酒 1500円×1
お通し(数の子松前漬け) 300円×2
ふぐ刺し 5000円×2
焼きふぐ 5000円×1
ふぐ白子 3200円×2
毛ガニ大根鍋 19000円×1
麺代 600円×1
残ったお汁持ち帰りタッパー代 300円×1
+税8%で約50000円のお支払。

また寒くなったら再訪したいお店だ。


【蛇足】 
日本酒のラインナップが我らの方向性と違っていたので
300mlを1本呑んだだけで淋しく終わらせ
ひたすらビールで乗り切った。
これで好みの日本酒が置いてあったら・・・
あと8千円は呑んでいたと思う(笑)
アブナイ ^^;
(冷酒:大関・大吟醸長兵衛そんなのワタシは飲みたかないっ)



関連記事

2 Comments

There are no comments yet.
No title

ふわり♪  

2018-04-04 19:31

なにが美味しそうって、写真でさえもぷりぷりのてっさを上回る白子~
でも、とても行けそうにない~ こにゃくうさんの外食を見ていたら、ちょっと張り込む食事もたまにはいいかなぁとは思うんですケド
ただ、なぜ日本酒はいいのが置いていないんでしょうね。そういう店、結構多いのがいつも残念です。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2018-04-05 07:16

> ふわり♪さん
ひと口大の河豚白子しか食べたことがなかったので、この大きさで齧り付けるのはしあわせでした。焼き加減、塩加減も丁寧でした。

日本酒が昔々の品揃えの店って時にありますよね。
いつも勝手に推測してますが・・・
「店主が下戸である」「料理に圧倒的な自信があってウチは居酒屋じゃないという信念」「今時はハイクオリティな日本酒が次々登場している情報を知らない」「置いてある酒蔵と繋がりがあって他を置くことが難しい」「無濾過生等は好みじゃない。燗あがりする酒こそ日本酒だという、私と真逆の好みの店主」
の、どれかかな~?と勝手に想像しています。長文失礼!

EDIT  REPLY    

Leave a reply