Welcome to my blog

山口

4.萩の城下町とお城跡@オットの世界遺産と私のファミリーヒストリー

2 0
オットは萩市とその周辺の世界遺産物件が見たいという。ワタシはそのお隣県、島根で自分のルーツ探しをしたい。
・・・そういう目的の旅行の記録です。

前の記事より続き 】
2017年5月12日(金)
「明治日本の産業革命遺産」という地味目な世界遺産。萩市では5つの資産が登録されまして「萩城下町」も構成資産のひとつです。


ホラ、こんな。アスファルト舗装されちゃっている路面が少々ザンネンだけど、風情ある街並みです。


桂小五郎こと木戸孝允の家跡。入場料はお安めの100円!


実父さんが藩医だったそうなので立派なお宅だ。ワタシは修学旅行で見学したことがあるしオットは「中まではいいかな?」などと言うので周囲を徘徊して終了。100円なのにケチでごめんw


このあたりは城下町だけど武家屋敷群とは違う。町人や医師、身分低めの武士の住まうエリア。旧町人地とされています。


現役で住んでいる住宅も多いし、かといって観光客がお散歩していても楽しい雰囲気が保たれています。萩市としても維持保存が大変だろうなー、と感心します。


幕末・萩の小説やドラマではちょいちょい夏みかんのエピソードが出てきます。維新後、困窮した旧藩士の貴重な収入源になったそうな。夏みかんがあちこちの塀から覗いているわ。


お城に近づくと、途中にちいさな堀(外堀)が現れる。そこを境にして、急にお家のピッチが大きくなった。堀は上級武士と、それ以下の身分の家々を分ける境界線なのだろう。江戸時代は身分で住む場所が厳格に決められていたからね。


木戸孝允の生家跡のエリアのような、塀が木造のお宅は皆無。立派な石塀で中が窺えない上級武家地エリアです。今の時代、個人で維持するのは大変かも。旧町人地よりも、現役のお宅が少ないのは必然か。


萩城・別名、指月城に到着。後方の指月山もそのまま城に取り込んだという構造の城。山頂にも「詰丸」があったそうだ。気になるなー、あの山。


これが天守閣跡だよ、と言われてもまったくイメージが掴めなーい。

山口県観光連盟によるCG再現がユーチューブにあった。(CGの天守閣は非常にチープだけど)
現物は5層5階の立派な天守閣だったんだね!というのがよく解る。


当然、指月山にも登ってみる。山頂まで730mか。標高は143mだそうです。


「お城山」として手を入れてはいけない山とされていたから、江戸初期からの原生林がそのまま育ち続けています。相当な「鬱蒼」具合だ。


20分ほどで山頂。原生林の先に、石垣と土塀が現れた。ちょっと感動。


見学に堪えるように整備、修復作業がされています。時折、微量の雨が降っていたせいもあるけど、指月山に登ろうという観光客は少数派のようで、我ら以外に誰も来ません。


大きな石の足元が凹んでいるのは用水池です。山頂は水脈がなかったのでしょうね。雨水頼りだったのね、と想像します。


最後の最後に籠城できるように、と造った山頂の詰丸なんでしょう。想定の使われ方をすることは無かったのは良い事かな。実際は藩主が山頂に来て儀礼行為をしたり、お茶席を設けたり、という使われ方だったそうです。


山頂だけでなく、城内の茶室なども見て回ると萩城は相当な見ごたえがあります。


萩市内の世界遺産散歩はここまでで終了。1度ホテルに戻って夕食に備えましょ。

≪ 自分の記録の為に ≫
今回泊まった東萩駅前のビジホ。萩ロイヤルインテリジェントホテル

んまあ・・・あまりインテリジェントじゃないけど、寝るだけだからいーかな。


無料朝食付きで(利用してないけど)ひとり1泊約6000円(平日泊)


シャワーブースだけだったけど大浴場あるし。ただ、淋しい道を9分歩かないとコンビニが無~い!萩市内にはもっと使えるビジホは無いのかーい。
関連記事
国内旅行山口

2 Comments

There are no comments yet.
No title

ふわり♪  

2018-05-17 09:48

雨なのに登ったんですね~ 私、その会に加わりたい
うちはだ~れもつきあってくれません
でも、木戸孝允旧邸は見学していないと わはは。
私は明倫館が見られなかったのが心残りです。確かに全体が寂れていて、また行くというのにはちょっと難しいかなぁという気がしただけに残念です。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2018-05-18 07:54

> ふわり♪さん
明倫館は私も見ておきたかったです!
あと、ふわり♪さんの行かれた中では久保田家住宅も行ってみたかったなー。
ほんと、何か強力な目的が登場しない限り再訪は難しいですよね。
他にも行きたい所がいっぱいあるしね!

EDIT  REPLY    

Leave a reply