Welcome to my blog

セルフでファミリーヒストリー

22.江津本町と先祖の埋蔵金伝説@オットの世界遺産と私のファミリーヒストリー

12 0
オットは萩市とその周辺の世界遺産物件が見たいという。
ワタシはそのお隣県、島根で自分のルーツ探しをしたい。
・・・そういう目的の旅行の記録です。

※本記事はとても個人的な内容となってます。ご興味ありましたらお読みください※

前の記事より続き 】
2017年5月15日(月)
江戸時代に現・島根県の浜田藩士だったこにゃくう実家先祖。
過去記事で綴ったような「事件」が藩内で起き、藩主松井家もろとも、遠く福島の棚倉藩へ懲罰的転封になりました。
実家父が書き残した先祖の記録によると・・・


藩士のみなさんが家族を連れて福島へ引っ越していく中、なぜだか、実家・島崎家は藩主に残留を願い出て「石州那賀群郷田村に転居した」と、父は書いている。
さらに「此処には天保六年から嘉永元年まで十三年間居住していたのである」
「現在で言う残務整理か、一身上の都合か」と、実家父も理由が分からなかったらしい。

武士って藩で団体行動しなくてよかったのかしら?
郷田村ってところで13年も何して暮らしていたのかしら?

石州郷田村。
検索すれば、今の江津本町という町だと即わかる今の時代は便利だわ。
旅の最後にその町に行ってみました江津市HP)


「旧江津町役場本庁跡」町の中心がここで、今は観光拠点になっているようだ※

ワタシの先祖の足跡探しに協力してくださった過去記事に登場のT.Oさん。地元の歴史研究家です。旅行出発前にお電話した際、郷田村の件も訊いてみた。

こにゃ「浜田藩士だった先祖は棚倉に行かず、13年間郷田村に住んでいたそうなんですけど」

T.Oさん「浜田藩は6万石。移動先の棚倉藩は自称5万石と言いますが実際は3万石程度でしょう。全員は連れていけなくてそれで残されたという仮説はどうでしょう?」

こにゃ「なるほどー」

T.Oさん「それにしてもおかしな話ですね。郷田村は今の江津本町ですが、あそこは天領なので、武士は住めませんよ。住むところなど無いはずなんだが・・・」


町の案内看板にも「天領」の文字が頭に付く。「天領」とは幕府の直轄地の意です。
江津本町の町民にとって「天領だった」というのは大きなアイデンティティーなのでしょう。

ところで江戸期から現在までのこにゃくう実家・島崎家系図はこんなかんじ



このうち、郷田村に住んでいたのは梅五郎&菊夫妻息子の景烈(かげつら)くん(とその兄弟)



この郷田村在住の間に景烈くん(幼名・梅太郎)は嫁をもらっています。
「弘化三年(1846年)景烈十八歳」
「郷田村の豪商、沖田屋慎一の次女サダを娶る」

沖田サダちゃん。ワタシのひいひいおばあちゃんだ。
浜田市図書館で浜田藩士の資料を探しながら、同時に旧郷田村の資料を探していた時


『石見江津の東向寺の地獄絵図を見て:江津本町の「古地図」を読む』
横田彌太郎 著

という本をめくっていて、偶然「沖田屋慎一」の名前を見つけました。
同姓同名?息が止まりそうでした。

沖田屋は郷田村で廻船業を営み、莫大な財産を成した商家で、慎一さんはその家の10代目なんだそうです。サダちゃんはその人のお嬢さん、ということになります。

著書内には『沖田屋一族では代々、浜田藩士との縁組が多くあり』という記述が続いていて、これはもう同姓同名じゃないと確信しました。

豪商のお嬢さんがなんでお嫁に来てくれたのだろう?
そもそも、ウチの先祖は「竹島事件」でお叱りを受けた家だぞ?
謎だぁ
沖田屋というのは屋号であって、苗字は「横田」だとその本には書いてある。
沖田サダではなく横田サダちゃんだったのでした。
そしてこの本の著者、横田彌太郎氏こそが沖田屋こと横田家の現在の当主さん。

げ。
この著者とワタシ、遠い親戚だわ。横田彌太郎氏のひいひい・・・位のおじいちゃんがサダちゃんの兄か弟です。


横田家は現存していました。地図で確認するとすぐそこ。見てみたい!


人通りがほとんどない静かすぎる町をドキドキしながら進んで行くと・・・



こちらが現在の横田家。街歩きの案内パンフレットにも「江津本町のみどころ」のひとつとして掲載されています。



横田って書いてある~
ど、どうする?「玄関チャイムを押してみる?」(オット)
いや、ダメでしょ。急に現れて「こんにちは。遠い親戚です」って。それってナニ詐欺だよ(笑)



明治16年(1883年)に建てられた母屋で江戸期の物ではないそうです。
立派な瓦がどっしり豪快ですが、今は静か。人の出入りが多い商家だったのがイメージできません。



家屋サイドまで覗く失礼なパパラッチw
でも、へー、こんな立派な敷地のお宅から実家に嫁いできてくれた女の子がワタシの先祖なんだー、と思うとついついいつまでも眺めていたくなりました。



ひいひいおばあちゃんの実家、横田家以外にも海運の町として栄えた江津本町には見ごたえのある建築物が点在しているので散策してみよう。



※旧江津郵便局:郵便制度開始まもない明治期の洋風郵便局跡※
北前船の寄港地であり、米の積出港。しかも天領。
江戸期のこの町の、いったいどこに先祖一家は住んでいたのかしら?



13年間暮らした後、こにゃくう実家・島崎家は藩のご一同様が引越して行った福島県棚倉藩へ、遅れて転居していきます。長い長い道中だったことでしょう。その時には旧姓横田サダちゃんも一緒です。



こにゃくうの実家に伝わる言い伝えがあります。
『郷田村埋蔵金伝説』

棚倉藩に引越すにあたり、家財の全部、手持ちの現金の全てを運ぶことが難しかったそうです。「また浜田に戻ってくることを期待しよう」と思ったのか、実家当主だった島崎梅五郎こと秀恭は郷田村のどこかに金銀財宝を埋めた、というのです。



※二楽閣跡(にらくかく):亀山という小高い山の上にあった、もう一軒の豪商・飯田家の別邸の跡※

島崎家は1868年に明治維新を迎えます。
つまり、武士という職業からイッキに無職。生活に困窮するようになったとき「郷田村にお宝埋めたよ」島崎梅五郎(秀恭)さんのメモ書きと財宝埋蔵地点の地図が出てきたのだそうです。



明治期の島崎家当主は相致(すけむね)さん(ワタクシのひいおじいちゃん)東京で警察官になりました。

相致さんは明治16年、遠く郷田村まで発掘の旅に来ます。
その時、郷田村で宿泊させてくれた人の名前が書き遺されていました。
「横田彌吉郎さん」(彼は先述の本の著者・横田彌太郎 さんのおじいさんかも?)

こにゃくう父は、先祖の来歴を綴った中に(横田家と)島崎家の関係は定かでない」なんて書いてます(おとうさん!私突き止めたよ。横田家はサダさんの実家、沖田屋のことだったよ)



※二楽閣跡に昇ると、江津本町の街並みが見渡せます※

「沖田屋でご馳走になった」「有福温泉にも行った」「浜田に残してきた先祖の墓参りもした」実家には、楽しげな内容の「相致の埋蔵金発掘旅」の旅日記が残っています(現代文じゃないので私にはまったく読めませんw)



※この旅の後、2018年3月末で廃線になってしまった三江線。一両編成でかわいい※
郷田村埋蔵金発掘は成功したのか?
残念ながら、相致さんとその兄弟で1週間掘ったけど見つからなかったのだそうです。
そのお宝があれば、生活の立て直しができるのに・・・そんな気持ちでがんばったのでしょうけれど。ま、フツー誰かが埋めるところを見ていて、速攻で掘り返されて横取りされているよねwいい夢みさせてもらったわよね。


もちろん、ワタシにも埋蔵金の手がかりは掴めませんでした。そんな先祖の思い出の町、島根県江津本町(旧郷田村)

普段はあまり観光客もいないらしく、オットとワタクシが町をうろうろしていたら第1町人に声を掛けられました。「私、江津本町の町おこしグループの者です。どちらからいらっしゃった?」


千葉で~す。江戸時代の先祖がこの町に住んでいたというので見にきました。浜田藩士だったのですけど。
と言ったら、この方も「ここは天領だからね。浜田藩士が住むのは有り得ないよ」と、即答でした(笑)町民の天領への自負ハンパなしwナニやってたんだろね、ウチの先祖。



※二楽閣から街を見おろす。黄色い瓦のおうちがおしゃれ※
町おこしの人だったら横田家を知ってるかな?と思い
「先祖は横田家からお嫁さんをもらっています」と言ったら、
「横田さんならおじいちゃん(たぶん横田彌太郎 さんのこと)が一人で住んでいるから行ってみたら?昨日も町を歩いているのに逢ったよ」(町人)

いや、アポなしは無理っしょ(笑)で、横田家はナニで財産を築いたんですか?
「船問屋とね、たたらだね」(町人)
「たたら!」 
オットとワタクシ同時に声を合わせて驚く。
「たたら」という仕事を代々やっていた人々がいたことを、この旅の前半に世界遺産の大分山たたら製鉄遺跡に行って(過去記事初めて知り、感動したところだったから。
サダさんの実家は、たたら業もやっていたんだー!



※黄色い瓦のお宅は病院でした※
横田家は財を成すだけで終わらせず、郷田村の飢餓対策や開墾に私財を投じて村の人達を救済することに努めたのだ、と教えてくれました。
遠い遠い親戚だけど、今でも町民にリスペクトされているお家とご縁があると知ってちょっと嬉しいこにゃくうでした。



歴史あるモチーフを丁寧に残そうとしている町で、今はマイナーだけど観光地としてのポテンシャルは高い町だと感じました。

けっきょく先祖一家が13年間ナニをしていたのか分からなかったし、豪商のお嬢様がお嫁に来てくれた理由も分からなかったし、埋蔵金の行方も謎のまま。
ここは勇気を出して横田彌太郎さんにアポを執ってもう一度来なくちゃなー、と思いつつ江津本町を離れました。
※長文へのおつきあいありがとうございました※

つづく:出雲空港から帰ります 】

関連記事
国内旅行島根

12 Comments

There are no comments yet.
No title

ふわり♪  

2018-06-28 09:19

たたら業って、やがては他の地へ移動するんでしたよね。一定時期だけそこで営んでいたということなんでしょうか。それにしてもフツーに「たたら業」と口にされたとは、ご縁でしたね~ だって、相手には決してわかりえない仕事と思えるのに。
気になったのはその廃線になったという電車。どう見てもものテールみたいに細~いところを通っていますよね。片側に人が固まってのったらきっと転覆しただろう
横田家、ご先祖様の話を語り継いでいるお宅なんでしょうか。こにゃくうさん、まだまだ調べ続けたいことでしょうね。私は「和歌山の本家」なるところへ祖父母と泊まりに行ったことが一度ありますが、どういう関係かもいまだ知らずじまいです。炭を入れる掘りごたつと、おくどさんで炊いたご飯がおいしかったことだけが記憶にある程度です
興味深いお話、ありがとうございました。いつか続編が読めますように。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2018-06-28 09:37

> ふわり♪さん
横田家が営んでいたたたら業は、勝手に想像するに資金出資者、またはたたらの元締めだったのかなと思いました。
そのへんのところも横田さんに直に聞かないと分からないのでモヤモヤしてます。

当代の横田さんは旧家を継ぐ者として使命感をお持ちのようで、生家や石見銀山にちなむ本を複数書かれています。
ネットで買おうとしたら「非売品」で残念。

和歌山の本家を捜索してみるのも面白い旅になりそうです!
まずは戸籍を遡ることから始めると手がかり掴めるかも~?

超自分語りの長文でしたのに読んでくださってありがとうございました!

EDIT  REPLY    
No title

ふわり♪  

2018-06-28 10:01

すんごい変換ミス。
「どう見てもモノレールみたいに」でした

使命感をお持ちの方でしたら、きっとこにゃくうさんの話にも興味を持ってくださると思います!ご高齢かもしれません。お急ぎを~
期待して待っています。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2018-06-29 15:58

> ふわり♪さん
モノレールみたいな線路ですよね。
鉄道ファンには有名な路線だったそうですが、私は初めて見たので高~い高架をのろのろと一両が走って行くのに遭遇して「ナニコレ!」と慌てて撮りました。
乗客数が少ないのも理由ですが、災害リスクが高いのも廃線になった理由だそうです。
ご高齢で80代だと地元の方が教えてくれました。
お急ぎ・・・そうですね。
勇気を振り絞ってお手紙出してみようかなー。

EDIT  REPLY    
No title

mihi♪  

2018-07-06 10:23

いや~すごい!ご先祖様が辿れて、同じ名前が出てきたとか、読んでるだけでも鳥肌が立ちました👏。
早めに横田彌太郎さんにアポ取って、お話聞きたいですね!もしかしたら喜んで色々お話してくださるかも~。
ここまで調べ上げ、ちゃんとレポートにまとめて、こにゃくうさんを尊敬しますわ~。本に出来ますよ~。そして誰か歴史学者さんの目に留まり、埋蔵金も探し出そう!…ってなことになると、楽しいです(;´∀`)。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2018-07-06 18:15

> mihi♪さん
こんな、個人的などーでもいいような情報満載の長文を最後まで読んでくださってありがとうございました!感謝です~

↑にコメくださったふわり♪さんにも「アポ早よせい」と背中を押されましたし
お手紙をだしてみようかしら、と思います。
しかし、目上の人にお手紙ってもうずいぶん長い間書いていないのでどう書くんだっけ~(汗)

史実関係と実家に残る文章、自分が見てきたことをまとめて・・・ってなかなか大変でした~
でも、こうして読んでくださって報われました!ありがとうございます。

ホント、埋蔵金探しを誰かやってくれないでしょーかね(←他力本願)

EDIT  REPLY    
No title

そねだ  

2018-08-08 16:31

はじめまして!過去記事にコメント失礼します。
実は私もご先祖様を辿っておりまして、江津市にルーツがあり先祖のお墓もあるのですが、どうやら横田家と遠い親戚に当たるようでして、詳細はわからないのですが、勝手に同じだーと嬉しくなりコメントさせていただきました。
母方の実家があの辺りで、北前船の関係の仕事をしていたこと、相当な資産家だったということは聞いたことがあるのですが、ご先祖様の歴史などに全く無関心の母とその兄妹なので、横田さんに聞けたら一番いいんだけどなーと、密かに思っています。
こにゃくうさんともどこかで繋がっているかもしれません(^^)

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2018-08-09 09:47

> そねださん
こんなミジンコ規模のブログへようこそお越しくださいました!
過去記事でもコメント歓迎でございます。ありがとうございます。
てか、そねだ様のご先祖も江津人でしかも横田家関係のお家とは驚愕です。
そんなそねだ様とコメを通じてコンタクト取れるとは奇跡かも~
現代ネット社会はありがたいですね。
180年くらい前、お互いのご先祖は郷田村で顔を会わせる仲だったかもしれませんよね。
高齢だと思われる横田さんに伺うのが一番いいですよね。同感です。

EDIT  REPLY    
No title

そねだ  

2018-08-10 18:16

> こにゃくうさん
私の田舎は浜田なのですが、昭和25年頃発行された濱田という本に、八右衛門事件の件が載っており、松平周防守家来年寄島崎梅五郎さんの記述もありましたよ(^^)

郷田村ですれ違うのもあったかもしれませんが、父方は浜田人で松平周防守康爵さまにも色々とお世話になっていたようなので、そちらのほうでもお会いしていたかもしれません(^^)
昨年だったかな?NHKのファミリーヒストリーで市川正親さんのご先祖様が浜田藩士で、棚倉に転封されてそちらにお墓があるという放送がありました。こにゃくうさんのご先祖様と同僚なのでは!?
本当に何百年もくだって、当時顔見知りだったかもしれない者同士がまた繋がるなんて、ロマンですねよ~(^^)(^^)

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2018-08-12 13:28

> そねださん
貴重な情報いっぱいのコメントをありがとうございました!
今回いただいたコメントの内容は驚愕です。

松平守康爵さんは棚倉に移動になった時の殿ですよね。
絶対に私の先祖と同時期の話でしょう!
お母様方面だけでなく、お父様方のご先祖とも知り合いだったかもしれませんよね~(驚)

市村正親さんのファミリーヒストリーは見逃していました~
そんな内容の回だったんですね。
浜田→棚倉→川越、ってモロにワタシの先祖と一緒に移動しているし、同じ運命を共有したファミリーに間違いありません。
家臣の総人数は知りませんが、同じ会社の同僚に置き換えて考えてもイイと思ってます。
近く、棚倉にも行ってセルフ・ファミリーヒストリーの続きをしようと思っていたところでした。
そねださんの市村正親情報のおかげで棚倉市の、どの関係機関にすがったらビンゴなのか?のヒントになりました。

また。浜田で発行された本にワタシの先祖の名前が載っているというのも驚きです。大阪の蔵屋敷担当者の嶋梅五郎として記載されていたのでしょうね。

耳寄り情報に感謝いたします!

EDIT  REPLY    
No title

そねだ  

2018-08-12 18:34

もし、浜田市でのご先祖様の履歴や来歴などをお知りになりたい場合、教育委員会の文化振興課の市誌編纂室の鍵本さん(私の高校時代の先生!)が詳しいかと思います。ファミリーヒストリーの際も出演されておられ、その時に「松平家股肱臣傳記」という古文書の中に市村さんのご先祖の来歴などが載っていました。
おそらく、家臣の履歴書的なものかな?
同僚の島崎さんのことも詳しく載っているはずですよ♫

ほんと、セルフファミリーヒストリーって面白いですよね~
興味のない方からしたら(うちの母^^;)そんな昔のこと調べてどうするん?って感じなんでしょうけど。。。笑
私は現在大阪在住ですが、この度浜田に帰省して図書館や本家や墓地などを巡ってきました。

セルフファミリーヒストリーin棚倉も楽しみにしています(^^)(^^)

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2018-08-13 13:44

> そねださん
市村正親さん番組の内容を検索したおかげで鍵本俊朗さんのお名前に辿りつけました。
繰り返し浜田で歴史講話を開催されているようですので、情報がゲットできたら拝聴しに浜田に行こうと思っています。
そねださんコメのおかげで棚倉の歴史に詳しい方、山田芳則さんの存在にも辿りつけました。
大きな手がかりです。ありがとうございます!

年内の旅行の予定はほぼいっぱいなので、来年になったら棚倉に行ってみるつもりです。

EDIT  REPLY    

Leave a reply