Welcome to my blog

東京のうまいもん

主水(もんど)日本橋三越前@島根料理とさばしゃぶの店

2 0
2018年7月7日(土)

このところ島根県づいているこにゃくう家。
石見銀山行ったし、浜田城
温泉津温泉に江津本町。
楽しかった。
おいしかった。



オット 「日本橋三越の前に島根県アンテナショップがあるじゃない?」
こにゃくう 「うん。この間もコレドのついでにあそこで板わかめ買ったよ」



オット 「あの島根館のとなりに島根料理の店があるって知ってた?
予約したから行ってみよう」
・・・ということで今夜の夕食となった次第。




こんばんわっ
奥に長い構造の店内は30席ほどで
広くはないですが
すでに満席状態です。
人気店なのかも。

今年、2018年2月にリニューアルオープンしたところなのだそうです。



カウンターに通された我ら。
クソ暑い日でしたね、生ビーがぶり飲み。
右:突出し、やりいかと大根の冷たい煮物
左:わさび菜漬け (480円)
上手に辛さを引き出したわさび菜で、夏にぴったりシビレる辛さ



本日メニュー
うわーい。
楽しかった島根旅行を思い出す品が散見され
あれもこれも頼みたくなるなあ・・・
しかも、値段設定が日本橋価格よりやや優しい。



グランドメニューでは鯖をぐいぐい押しています。
「浜田港沖の鯖」
ああ、そう言われちゃったら食べたくなるわ。



ということで
利き鯖三種盛り (1180円)
左:炙り鯖 炙りの香りがおいしいデス
中:生鯖 生臭さナシでフレッシュ
右:〆鯖 やや生臭い。〆鯖の完成度としては50点



この、見るからに脂の乗った刺身は
 のどぐろ刺身(1580円)
わー!5切でよ?
高級魚だわっ

島根県産の甘露醤油で食べることをお勧めされました。



鮪の大トロと同じほどの脂を纏っている。
ねっとりしていて味も濃厚。
のどぐろって美味しいわー。
たしかに、甘露醤油の甘味がのどぐろの脂に合いますね。



こにゃくうさん大好き島根食材、板わかめ (580円)
いや、自宅にもあるんだけどね
飲食店ではどのように提供するのか見て勉強したくてオーダーです。

わかめを海苔のような板状にした食品なのですが
島根に行った時に初めて食して、気に入っちゃった乾物です。



そのまま食べてもおいしいのが板わかめですが
こちらの主水さんでは炙って、ひと手間かけてあります。
こうして奉書で立てかけて提供すると湿気を避けられるのね?
ほうほう、勉強になりまつ



メニューに「赤天」なるものを発見。
こにゃくう 「あ~!これ、浜田城の近くのスーパー、ユメタウン浜田で売ってたね」
そう、練り物製品コーナーに大量に並んでいた
真っ赤なナゾのかまぼこがコレだ。
「買ってみる?」
「赤くて気持ち悪いからやめておこう」
と、失礼なことを言って
買わずにスルーしたのだった。



そうそう、コレコレ。
赤天 炙り (580円)
『魚肉のすり身に赤唐辛子を練りこんでいる』
とメニューで解説されていました。



蒲鉾とはんぺんの中間、って感じの食感。
口に入れた瞬間は感じないけど
後からスパイシーさが追いかけてくる。
浜田の人にはソウルフードなのでしょう。



オットが楽しみにしていた
鯖のしゃぶしゃぶ
 (1人前1580円、画像は2人前です)
生で食べられる鯖をしゃぶしゃぶでいただくというお料理。



玉ねぎの薄切りで食べるしゃぶしゃぶって珍しいなあ。
しかも、その玉ねぎともやしがおかわり無料!ってウレシイ。



をを。
たしかにもやしと玉ねぎが来たね。




それだけでもフシギですが
薬味は生姜、唐辛子の他にニンニクも。
とんすいには山芋のすりおろしが入っています。
変わった食べ方のしゃぶしゃぶ!




ベースの液体は甘い醤油味でかなーり濃いめ。
希釈していない麺つゆに近い味。
これが島根県テイストなのか。



沸騰してくると、甘目の液体効果で
煮魚の煮汁のようなカホリが上がってきます。
刺身でもいただけるレベルの鯖を用いている、とのことなので
ほんの少々の「しゃぶ」でまず1枚を食べてみる。
たしかに、鯖には甘目の液体が合うかも。



〆にうどんをお願いして終了。
おもしろいしゃぶしゃぶでした。
自宅じゃやらないだろうから
またここに食べに来たいな。



最後にお願いしたお漬物。
出雲 けんちゃん漬け (680円)
何か変わった漬物かな?と想像したら
浅漬けのフツーにおいしい、サラダのようなお漬物でした。
「なんでけんちゃん漬けっていうのですか?」とお店の方に尋ねたら
「けんちゃんが漬けているから」
とのこと!
ホントか?
出雲の名品なんでしょーか。




さて、ドリンクの方ですが・・・てか、日本酒の件ですけどね。
こんな感じのメニュー表が置かれていましたが
「うーん・・・」と睨んで固まったオット
「隠し酒って、ナニあります?」
このラインナップではご不満なようです。



日本酒の冷蔵ケース前に行って
下げられたリストを眺めて
自分で選んでました(笑)



月山 (がっさん) 涼夏 純米吟醸 (1合980円)
夏向き、軽やかな月山。
食事のスタートにいいね。



出雲富士 赤ラベル 純米吟醸 (1合980円)
爽やか系の次は味のある純吟に。



後半、赤天や鯖しゃぶなどしっかり味になってきてからは
誉 池月 泰松スぺシャル (1合980円)
オット大好物の無濾過生原酒に移行。
ヨイ流れでした。

「お客さん、日本酒にめちゃくちゃ詳しいですねー」と
お店の方に褒められるというか呆れられるオットw



お店の方もテキパキと感じ良い。
関東人には馴染みのない島根料理が用意されている。
まだまだ食べてみたいメニューがあったなあ。
なにより、島根産日本酒の品数が多いのも○。
日本橋は行動範囲内なのでリピートすると思います。



関連記事

2 Comments

There are no comments yet.
No title

ふわり♪  

2018-07-23 20:46

鍋に玉ねぎ、ハモがそうですね~
ああ!食べたい~
鯖も鍋ですか! それも興味津々。家でしてみたいですね。それには一度は食して見なければ。いや、無謀にも突っ走ってみるか。夏の暑さのもとでは動けまい

オットさん、詳し過ぎてお店の人はビビッたことでしょうたことでしょう

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2018-07-23 22:17

> ふわり♪さん
はも鍋って玉ねぎが入るのですか?
無知にて知りませんでしたー!
鍋に玉ねぎは西のカルチャーなんでしょうか?
そういえば、はも鍋って料理すら食べたことがないかも。
関西ではあたりまえに馴染んでいる鍋だと思いますが、関東人のワタシは家でも外でも食べたことなかった~
今度機会があればはも鍋食べてみたいです。

今日は暑かったですねー
こんな日は不要な外出はいけませんね。

お店の方も日本酒好きな様子でした。
変な酒好きが来たなー、くらいに思って温かい目で見てくれた・・・と思いたいです(笑)

EDIT  REPLY    

Leave a reply