Welcome to my blog

京都のうまいもん

Kyo gastronomy KOZO(キョウ ガストロノミーコウゾウ)@京都市

2 0
2018年4月7日(土)

4月にオットと京都へ行った件。
(とっても美味しいお店だったのにアップしそびれており)


こにゃくうの誕生日は4月。
「お花見ついでに京都でお誕生日の食事しよう」
ということになりまして。



大阪住まいのムスメも呼びつけて
京都の気になるお店へ。

丸太町通りを富小路通りへ下がったあたりにある
(キョウ ガストロノミー コウゾウ)



この界隈は行くたびに気になるお店が出現しています。
こちらも、そんな新進気鋭のお店。
(オープンは2017年4月です)



コンパクトな規模のお店でした。
4人掛けテーブル1卓
2人掛けテーブル2卓
カウンター5席
一晩にここのお料理にありつけるのはたった13人。



こにゃくう、オット、ムスメの3人はカウンターで。
店内の設えも
カトラリーのチョイスも
ワタクシ好みのトーンで居心地いいなあ



ディナーコースはこんなん。
予約はオットがしてくれたから聞いてないけど
たぶん10000円コース。



一皿目
苔テラリウム
と名付けられたアミューズだ。
秘密のマッシュ フォアグラクリームとトリュフ塩・桜舞い散る美山

オブジェじゃないのよ、食べ物なのよ^^



ほえ~
っとガラス内に設えられた「小さなお庭」に見惚れていると
店主さまが追加で「桜の花の液体窒素」を振り入れてくる。



液体窒素の霞が晴れると
苔の上に桜花が散っているのさ!
ヲヲ、ブラボー 
「わー。すごーい」
と盛り上がる我ら。



演出だけでなく
食べてもとてもおいしい!
必死に記憶したのだが
フォアグラ入りのマッシュをベースに法蓮草パウダーを纏わせて苔に見立て
黒い砂は古代米。
白砂はコーンスターチ。
岩は胡麻の香りがしたけど、竹炭を使っているとか。

ねっとりしていたり、カリカリしていたり
いろんな食感が楽しい庭園。




2皿目
先付:蛍烏賊 桜鯛のエイジング お出汁と酢味噌のエスプーマ

大きなほたる烏賊でした。
新ごぼう、桜生麩。
和えてある食材が春でいっぱい。
(いや、4月のはなしで恐縮です)



ドリンクについては
日本酒に興味ある人むけに
日本酒のペアリングコースというシステムがあります。
提供する容量で3コースに分かれるのだが

「自分で飲みたいお酒選んでもいいですか?」 (オット)

と、ペアリング提案無視(笑)
つまり、いつものように好き勝手に日本酒飲みました^^;

(もちろんワイン&スパークリング・シャンパンも充実しているようでした。ウチは日本酒マンセーなので)


京都ですから京都の酒から。
澤屋まつもと 守破離 五百万石



前菜:美山の鹿肉生ハムとブラッドオレンジ  カダイフに乗せて 
カレー風味のオレンジソース

これまた美しい。
店主さまとおひとりのスタッフの2名だけで動いているのに
この丁寧なお皿。



カダイフって初しりでしたが
この細い麺のことらしい。
(地中海方面の細麺)

カレー味のソースが効果的。



我が家の日本酒ソムリエによるペアリング2杯目
百十郎 純米吟醸




次のお料理はスープ、なのですが
ゼリー状のキレイな色の玉とユリ根の花びらが添えられています。

かぶらのスープとパン 桜の雫と共に



キレイでもったいないけど、ビーツのゼりーを
蕪のスープに投入して、ピンク色に変えていただくスープ。
なめらかなスープではなく、敢えてザクザク食感が残っていてそれが良かった。

苔?のような物体は
蕪の葉のパン!だそうです。
自家製の蒸しパン(かな?)



3杯目 愛媛の賀儀屋 番外編 無濾過生原酒 



季節の野菜料理:鶏の低温調理 空豆と彩り野菜を添えて
鶏ハム、ですね。
ソースは実山椒。



アスパラガスがねー、しっかり和の出汁を含んでいて
このお店はフレンチであり和食店なんだな、と思う。
ここでもマッシュが使われていて
やっぱり美味しい。



4杯目:オットは紀土 にごり生、ワタクシ&ムスメは作(ザク) 



お魚料理:春菊の衣で揚げた鰆 白味噌のマッシュ 煙を閉じ込めて

あはは。
なんか、煙が封印されている。
瞬間燻製だ。



春菊ころものサワラの裏にある白みそのマッシュポテトすらおいしい。
ピンクのソースは、しば漬けソース。



グラニテ
画像から香りが出ないのが残念だ。
薔薇の香りふんだん。
演出の花びらからも香る。
「食べる香水」
を目指して作ったのだ、と。
薔薇のゼりーに
白ワインのシャーベット、液体窒素仕上げ。

香りにも「おいしい」って表現あるんだね。



5杯目:岩手 赤武 純米吟醸 雄町




肉料理:京都牛 フィレ肉 茄子と筍とレンコンチップス 雲丹のソース

きのこ、山椒、白味噌が使われて
フレンチでありながら和。



手毬寿司: 鮪 &アボガド、スモークサーモン&クリームチーズ
 海老& からすみ

手毬寿司は見た目通り、フツーにおいしいって感じで。
コース中、唯一凡庸だったのですけど
個性だらけのお料理の中での手毬寿司ですから、ね。



この椀のクオリティの高さ!
出汁はハイレベル料亭の味です。
椀だねの白身魚すり身の按配も文句なし。




デザート
特に「たんじょうびで」と予約した訳ではないのですが
会話の中でその件が伝わったので
メッセージを入れてくれました。
ありがとう。



ケーキとか洋物甘味に興味が薄いワタシにはありがたい、和のデザート。
左:バニラアイスの上に桜のフィルムが被されています。
右:自家製の桜餅 桜の粉末&桜の葉塩漬け



マカロンはクリームの含有量が少ないので食べられます!
マカロンを提供するだけにもこの演出。
気分上がりますよっ




最後のお茶は
一保堂のほうじ茶。
淹れ方が上手なのか、さすがの一保堂だからか
すっごくおいしい一杯でした。




オープンしてちょうど一年目。
お若い店主さんとひとりのスタッフさんの2人体制なのに
テキパキと手際よし。
カウンター越しの会話にも気さくに付き合ってくださる。

これはタイヤ屋さんの赤い本に載る日も近いのでは?





【 おまけ 】

京都で食べて
大阪のムスメんちへ。


大阪別荘、便利でいーわ♪

ムスメがワタクシに誕生日プレゼントをくれた!


京都、出町柳商店街の「満寿形屋」の鯖すしだ~
こ、これはワタシの大好物~♪



どーしたの、コレ!
予約しないと買えないし!
一棹持ち帰ると重たいし!
お値段高いし!



ムスメは
予約した鯖寿司を満寿形屋でピックアップしてから
待ち合わせの Kyo gastronomy KOZO に来てくれたのだそうです。
(重たかったと思う)



「コレ、特上じゃん!いくらだった?」
満寿形屋の特上は時価なんですけど
6000円だったそうです。
ありがたいです。
ひとりで食べるには多いし、もったいないので3人で食べましょ。



誕生日だからって安易にケーキを買っても喜ばない母であると知っていて
満寿形屋の鯖寿司を買ってくる。
センスの良いムスメに育ってくれて、
かあさんはうれしいですよ。


関連記事
レストラン京都

2 Comments

There are no comments yet.
No title

ふわり♪  

2018-07-26 10:33

相変わらずゴージャスですね~
以前、紹介されていた「タパス モラキュラーバー」を思い出しました。
京都はいいお店がいろいろありますよね。私もこのあいだ行ったとき、悩みに悩んで結局行き当たりばったりになったのでした

鯖寿し、美味しそうですね~
そういえば、しめ鯖を作って押し寿司にし、ひとり半身ずつお弁当に持って行ったりしていました 学校で鯖寿しを食べている子どもたち
近ごろはアニサキスへの注意喚起がうるさくて、しめ鯖も2日は冷凍してから作れというので、とんとご無沙汰です。
それにしても、いいプレゼントでしたね~

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2018-07-26 15:29

> ふわり♪さん
スルドイです!
食事中、タパスモラキュラーバーの話についついなっちゃったら
店主さまは「行かれたんですかー。是非にと思っているのですが、なかなか時間が取れなくて」って仰っていました。
お店を持たれていると時間が難しいですよね。
両店とも窒素をつかったり瞬間燻製にしたり、実験のライブみたいで面白いです。

手作り鯖寿司、すご~い!
しかもお弁当に鯖寿司って羨ましい!そんなお弁当だったら一杯やりたく・・・あ、学校でしたねww

満寿形屋の鯖寿司はおいしいのは分かっているのですが、いろいろハードルが高いので滅多に買えません。
この私にとっては、たんじょうびプレゼントに相応しい逸品で、うれしかったです。

EDIT  REPLY    

Leave a reply