Welcome to my blog

京都のうまいもん

京都和久傳@ジェイアール京都伊勢丹11階

0 0
2017年11月16日(木)

大阪のムスメんちに行こうと思った昨秋の平日。
夕食はおひとりさま京都
美味しい物を食べようか。


こんなシチュエーションの時にちょうどいい店が
JR京都駅直結デパート伊勢丹の中にあったよなあ。



京都 和久傳
京都伊勢丹の11階 
レストラン街のテナントです。
ここならひとりでもオイシイ1食が食べられるだろう、と。



和久傳といったら
やはり東山の高台寺 和久傳で食べてみたいものである。
でも
あそこはスポンサー付きで行く方が良いお店。
今日は廉価版 和久傳で覗き食べです。
(スポンサー=オットのこと)



そんな「気軽な和久傳」は旅行客だけでなく
出張帰りのひとり男性、
お買いもの終わりの地元女性にも
使い勝手がいいらしく
11席ある店前の待ち椅子は
開店の17:00を前にして座り切れなくなった。



木曜夜なのに開店待ちしてはる20人の人々。
京都 和久傳、
しょせんデパートの飲食店でしょ、なんて
なめたらあきまへんえ。



京都の街が眺められる人気のカウンターは
予約必須です。
この日も予約で埋まっていました。



ワタクシは予約していなかったのですが
「19時ご予約の方がいらっしゃるまででしたら」
ということでギリで滑り込みセーフw

大きな窓の正面には京都市北方面が広がります。



今日はお試し食べだし19:00までの席だから
一番お安い 蘇芳 6000円にします。



最初に 黒豆茶。

隣席とのピッチも適度で
カウンター天板の幅も広い。
居心地いいと思います。




青竹の盃に冷酒。
ただドライなだけの旨味の薄い酒でしたが
サービスの一杯なんですから
アレコレ言うなって話です。
(ドリンクメニューにあった和久傳特製青竹酒かな)

そして
横輪のお造り
横輪は本鮪の幼魚です。


脂のりのりの黒鮪もいいですが
さっぱりした横輪のきめ細かい刺身も好き。

菊花ととんぶり、山葵を合わせて
ジュレ状の醤油がかかっていますので
そのままパクパクいただけます。
なかなか○



んで
椀物。



焼舞茸と海老しんじょう

焼いた舞茸の香りは良いのだけど
出汁が期待していたレベルと違って
まあまあ。
たぶん、ですが
舞茸の香りを際立たせるために
出汁の香りを抑え目にされたのでは。



焼物

滋賀の赤こんにゃく、蕪、葱を
備長炭で焼いて香り付け。
海老芋は素揚げしていてほっこり。
野趣を感じる素焼の器で
料理に合っているなあ、と感心する。
が、
添えられた大徳寺納豆の味噌が足らんのっ
最後は味噌なしになり辛かったぞw
味わい深い大徳寺納豆味噌だが
コストが高い味噌なのかも?



おぼろ豆腐に銀杏の餡かけ
ずわいがに



美味しそうでしょ?
実際、食材の組み合わせがいいな~と思うし
銀杏餡は大好きだよ。
だがなんだか味がぼんやりしていたのだった。
惜しい。




食前酒的青竹日本酒も
生ビールもなくなってもーた。
ちょこっとだけ日本酒欲しいな、と。
料理の数が少ないから1合では多いかな。



「半合でもいただけますか?」
と伺ったら快く対応してくれました。
ありがとう!

蒼空 純米 半合で750円
緑茶を飲んでいるように見えまつw




白菜 蓮根 さわらの蒸し物

粘りがしっかりした擦りおろし山芋
蓮根はほっこりした食感なのでたぶん九州産。
生姜の味でいただきます。
蘇芳コース中、一番気に入ったお料理。
オイシイ◎




和久傳といえば…の鯛の黒寿司

酢飯にはほんのり柚子の香りがしました。
黒酢を使っているのでその名なのですが
酢飯はうっすら茶色。




京都伊勢丹の地下2階には
京都市内の名店のお弁当が買えるという
神のようなコーナーがあるのですが
ワタクシは時にそこで和久傳の弁当を買います。

和久傳弁当の鯛黒寿司とは
似て非なるものだったのだなあ、と
今回実食して実感。
お弁当ではお弁当クオリティだったのだ。
(当たり前)




コースの最後にお菓子と緑茶。
麩焼き、と名付けられた
これも和久傳といえば、の菓子のひとつです。




ふんわりな麩焼きに
季節の白餡をサンドしたものですが
時期によって白餡の中身は変わります。
この時いただいたのは
山椒
うは~♪
これは好きな組み合わせ。
おいしかったー。



こちらのお店に来て 
高台寺和久傳のレベルの味とサービスを期待するのは
筋違いというものでしょう。
高台寺よりハードル低いんですから。

特にイヤな思いをしたわけではないですが
接客がバタバタしていたり
抜かっていたり。
やっぱりデパート内のお店です。




和久傳であるという事は置いておいて
使い勝手の良い場所にある一軒の和食屋さんとして
またひとりで食べに来てもいいかな。
わざわざオットを誘う店ではない。
オットには高台寺和久傳に連れて行っていただきいたいものである。
(ナニサマw)



次回来る際はちゃんと予約を入れてからにしまーす。




関連記事
京都和食

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply