Welcome to my blog

大阪

道頓堀→法善寺横丁→難波、歩いてみる@はじめての大阪その3

4 0
前の記事より続き 】

2017年6月24日(土)

大阪はじめて関東人は道頓堀に来た。


リアルで見る道頓堀の看板たち。
看板、というのか張りぼてというべきなのでしょうか。
お店のサインがいちいち巨大なアートだ。



ああ!
このお方が有名なくいだおれ太郎さま。
群がって撮影する人が絶えないので
ワタクシも恥ずかしがることなく写せますw
大人気なんですね。



この有名すぎる有名人を見た時
ああ、私大阪に来たんだなー、と実感。



歩いている人は中国人観光客が大多数。
戎橋から見える景色は
原色の看板の海で圧倒されます。


ついでに
戎橋のたもとで
堂々、お昼寝敢行中の
フリーダムなおっちゃんにも圧倒されます^^;

ああ、私大阪に来たんだなー、と更に実感w




法善寺横丁
聞いたことがあるから有名なストリート、で合ってますよね?



おもちゃ箱を覗いたような色彩の戎橋とは
雰囲気が違う小路なのですね。
こっちの方が好きだわ。



織田作之助の小説、夫婦善哉についての石碑がある割烹店。
(正弁丹吾亭)
法善寺横丁にあるぜんざい屋から小説のタイトルをとったらしい。
読んだことないけど。
その作品のおかげで
法善寺横丁はメジャーになった、ということがガッテンできました。




石畳が落ち着いた雰囲気で
夜になったらイイ感じなんだろうなー。
もしお食事するなら戎橋よりコッチの方がいいな!



こ、これは
吉本興業のなんばグランド花月だー。
気になる~



今日は立ち寄れないけど
いつか観に来たい!とガチで思いました。



難波の中心部に出たのでしょうか?
高島屋だー
私自身は日本橋高島屋、横浜高島屋
あと玉川高島屋にすっかり馴染んでいるから忘れそうになるけど
高島屋って、ここ大阪難波が本店なんでしたよね。




ここまで、ふらふら歩いて約40分のお散歩。
もう一度北上して
再び、道頓堀川に来ました。
湊町船着場。
これから、道頓堀川を巡るクルーズに乗る予定。

つづく落語家と行くなにわ探検クルーズ 】


関連記事

4 Comments

There are no comments yet.
No title

キヨちゃん  

2018-08-04 02:32

大阪満喫されていますね♪
昔からよく行く場所ではありますが、こうやって記事を拝見すると自分の目線とはまた違う大阪を見れたような気がします。
明日と明後日はミナミへでるので こにゃくうさんが歩いたあたりも通るかもしれません!(^^)!落語家と行くクルーズ、気になります。良さそうだったらお友達が遊びに来た時に私も行ってみようかな。

EDIT  REPLY    
No title

ふわり♪  

2018-08-04 13:15

水かけ不動さんも苔むして変わらずおわしたんでしょうね~ 10年ほど前まで、法善寺横丁には土佐料理の「に志むら」というお店があったんです。注文後に藁で焼いてカツオ のたたきを作ってくれる老舗でしたが、いい藁が入手できなくなって閉店してしまいました。あそこなら、推薦できたんですけどね~

ハルカスの向かいにキューズタウンなるものがあるようですが、そのすぐ裏がすでにアヤシイ場所でした。まぁ、天王寺ってとこはあちこちややこしいところが入り組んでいるんですけどね

次のクルーズ、私も気になりますっ!

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2018-08-07 17:27

> キヨちゃんさん
まったく初めてと言ってもいいくらい、大阪を知らないものですから
いちいち感心していました。
ほぼおのぼりさん状態ですw

>お友達が遊びに来た時に私も行ってみようかな。

大阪をまったく知らない私のような人にはいいと思います。
でも地元の人はイマサラ感ハンパなし!になってしまうかもしれませ~ん

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2018-08-07 17:39

> ふわり♪さん
水かけ・・・苔・・・?なんでしょ~?
と思って検索しました。
法善寺横丁の一本隣にそれこそ、法善寺っつーのがあったんですね?
そりゃ、そーだわね、寺が先にあってこその法善寺横丁だったのねっ
まるっと素通りですわい(笑)
次回はちゃんとお参りします!苔だらけのお不動さん見てみたいです。

土佐の藁焼き!一度しか食べたことありませんが、大阪だと西の食文化も身近なんですね。
に志むらさん、現存していたらよかったのにな~。名店なのに無くなってしまったのはショックですね。

EDIT  REPLY    

Leave a reply