Welcome to my blog

京都

京都・藤森神社のあじさい@初夏の京都花旅その3

2 0
前の記事よりつづき 】

2017年6月25日(日)

天得院を後にしたら
京阪本線で墨染駅に移動です。


墨染。
すみぞめ、と読みます。
今回、初めて下車した駅。
ずっと来てみたかったんだよね、ここ。



をを、ここがかの有名な墨染の交差点かっ!
・・・って言って一般的にはちっとも有名じゃないんですけどね(汗)
いや、ワタクシ新選組が好きで~ 
馬に乗った近藤勇が狙撃されて
命を落としそうになったのが墨染の地でね。

どこが遭難地点なのかは明確に分かっていないのですが
この墨染交差点は有力候補地のひとつなんです。
そゆこと(笑)



そんなヲタクネタには全く興味がないオットを連れて
藤森神社。
あじさい目当てでやってきました。
ここは6月~7月になると紫陽花苑が見事なのだそうです。
(ふじのもりじんじゃ、と読みます)



ついでに新選組マニアにも有名な神社です。
この鳥居、扁額が無い。

扁額って、鳥居の高いところに貼ってある額
所謂こんなの


藤森神社の説明書きによると・・・
もともとは、後水之尾天皇の書による扁額が掲げられていました。
藤森神社前は参勤交代の際の街道になっていて
ここを通過する大名たちも扁額に敬意を表して籠から降り
槍を倒して通過する習慣があったそうな。

「この動乱のご時世、そんな呑気な手間は無用!」
と近藤さんが言ったとか言わないとか
・・・ということで
近藤さんの指示で扁額は取り除かれましたとさ、
というエピソード。
ほんまかいな?
近藤さんに濡れ衣着せてる説に一票だわww



そんな鳥居をくぐって
紫陽花苑めざして境内を進みます。
ちな、車は右。
馬で来た人と徒歩の方は左を通ってね・・・
って、馬で来ないわw

この藤森神社は馬にご縁があるそうで
流鏑馬行事も有名。
(5月5日にこの人・馬コースで行われる)
さらに、
お馬さん系のお仕事の方&ギャンブラーの方々の信仰も篤いのです。



さて
今日の目的、紫陽花苑。
花の付きが悪いそうで入苑料300円のところを200円にディスカウントしてた!
このように正直な神社さんって
京都では遭遇したことがない



花の付きが悪い?
そっかなー
こんなもんだと思えば
十分満足だけど?
「いやいや、うちの紫陽花はこんなもんじゃないから」
という藤森神社さんの矜持なのでしょう。



日曜日だというのに
混んでいなくてゆっくり回遊できます。



藤森神社には2つの紫陽花苑があります。
最初に足を運んだこちらは第一紫陽花苑。




で、コチラ第二紫陽花苑。
(入苑料は第一、第二共通です)
あら、たしかに
こちらはずいぶんと花の数が少ない。



日当たりのせいなのか
それとも
種の違いなのかなー?



赤い太鼓橋が演出していたり、いいじゃない?
第一と併せて300円ならこれでも満足だよ。
(今回はディスカウントで200円だけど)



私なりに頑張って
美しく撮れた第二紫陽花苑のあじさい。
鮮やかなピンク。



境内では
夏越しの祓の準備中。
(なごしのはらえ)
あと5日後だったら茅の輪潜りができたのにな。

つづく:半夏生と睡蓮の寺、勧修寺 】

関連記事

2 Comments

There are no comments yet.
No title

ふわり♪  

2018-09-06 15:09

墨染、藤森 「普通」しか停まらないし、京阪沿線に住んでいてもマイナーな場所じゃないですか。
いや~ こんなところにまで出没するとは、すご過ぎ~
アジサイ、よそだとこれでも充分見頃ですよね。
「夏越しの祓」初めて聞きました。でも、和菓子「水無月」が夏のある日に食べるということは知っていたんですよね~ 食い意地か

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2018-09-06 18:36

> ふわり♪さん
ほんと、フツーの生活圏の駅ですよね。
最近の京都中心部は観光客の群が大河のように歩いていて、ぐっちゃぐちゃ。
なので、ついつい静かな郊外に目が向きます。
墨染、藤森あたりはずっと行きたかった所なので、花の時期が合ってバンザイ!です。
そそ!水無月も6月30日に食べるお菓子ですよね。
茅の輪をくぐって、水無月食べて、人がた流して・・・京都人を真似してそれらをやりたいおす~

EDIT  REPLY    

Leave a reply