Welcome to my blog

京都

京都・祇園祭@宵山の話を(秋だけどねっw)

4 0
2017年7月14日(金)

今は秋。
ですが、
すみません、自分の記録と記憶の為に夏の話。
(注:おまけに超長文記事です)


京都で祇園祭絶賛開催中。
久しぶりに祇園祭の宵山が見たいなぁ!
そうだ京都、行こう。
・・・ということで


衝動で京都に行きたくなっても大丈夫。
宿は大阪のムスメんちがあるし^^
東京駅なら間違いなく新幹線自由席に着席できるからね。

今日はひとりで祇園祭・宵山(前祭) 見物です。



15時に東京駅からのぞみに乗れば
17時30分過ぎには四条烏丸に到着するシアワセ♪
まずは鶏鉾との対面からスタートです。



鶏鉾の南を見れば、すぐそこに白楽天山も。
惹き付けられるようにそちらへもイソイソ・・・



アート作品のような「縄がらみ」が目の前だ。
祇園祭の鉾や山は、釘を使わずに
縄で木材を縛るだけで組み立てるのは有名なおはなし。



親切な案内板が出ているわ。
まずは外れにある保昌山(ほうしょうやま)から行ってみよう。


保昌山の場所は高辻町東洞院。
33基ある山&鉾の中、
ちょいと外れたところにいらっしゃる。
ほぼ孤立状態です。



メジャーな大型鉾にくらべてぐっと静かだし
見に来るお客さんも少な目で
マイペースで眺められる良さがあります。



保昌山保存会。
明治3年(1870年)造営の会所。
会所は祇園祭時のベースになる建物です。
うなぎの寝床。
奥に長~い。
この奥、どうなっているんだろうなー
気になる・・・
会所によっては
山のパーツを格納する蔵があったりします。



保昌山会所で売っているちまきやお守りには
縁結びのご利益アリ、ということで
女性の参拝客が多いです。
このストリートには
胡粉ネイルで有名な(だけど創業260年!)
上羽絵惣さんがあるよ。
まさに女子向けの保昌山。




保昌山の宵山は
町内の夏祭りのよう。
アットホーム的雰囲気でいいなあ。
こういう町に暮らしたら
祭りの仲間に入れてもらえるのだろうか?



京都だし、それは無理かなーw
祇園祭にちなんだディスプレー。
さりげなくて、センスよくて。
気分がアガルわ。



10分ほど歩いて
新町通あたりの山鉾密集地に戻ります。
目に入った、岩戸山へ。



岩戸山の前にある、この雰囲気の良い町屋には
山を飾るタペストリーが飾られていて
それを見ることができます。




右の「日月龍百人唐子遊文図」(にちげつりゅう ひゃくにんからこ ゆうもんず) 
長っ!
山の見送り(後方) に掛けられます。
左に置かれたタペストリーは以前使われていた見送り。

こうして山鉾町のお宝を
一般公開、というかみんなにも見せちゃろ!という
尊い習慣があるのが祇園祭の魅力。




この町屋は元呉服商で
昭和7年築の商家をリノベーションして
カフェ&ギャラリーにしているみたい。
(ザ・ターミナル キョウト)



祇園祭で買える粽(ちまき)は
玄関の軒下に掲げて厄除けにする護符であり
食べるものではないのだけど
ここ岩戸山では本物の食べる粽を売っています。
3本 1000円
5本 1500円



糸がキッチリと巻かれて芸術品のような粽。
大阪のムスメ宅で食べてみたよ。
岩戸山町にある料理屋さん (元々は仕出し屋さんだった)
木乃婦さんの商品だった。
(たぶん宵山の時だけ特別に作られるのだと想像します)



白が2本、黒糖が1本。
(笹紐が白、金糸が黒糖)
ういろう仕様の粽です。
巻き方の美しさ、程よい甘味、しなやかな弾力と軽快な喉ごし。
さすが木乃婦さん!



コチラがその木乃婦さんの店先。
祇園祭仕様になってますな~
家紋入りの幕を張って檜扇(ひおうぎ)を生けてありますね
生け花の題材としてはお地味な檜扇ですが
祇園祭では厄除けのアイテムなので
よく生けておられるのを見ます。



鉾ごとに金額や対応はまちまちなのですが
岩戸山は300円で鉾に上がらせてくれます。
わーい!



を~!
これはなかなかの急角度。
あせって登ると痛い目に遭いそうw



初めて登りましたが
(岩戸山は山となっているが)ってこんなに高いのねー!



柵の高さが腰より断然低いので
不安定でスリリング




子供も含めたお囃子の人達が並んで笛を吹き
鐘を鳴らすのはこの幅狭いベンチなんだね。



これだけの構築物を手作業だけで
しかもたった3日ほどで組み立てる。
終われば速攻で解体して来夏まで格納する。
連綿たる伝統の引き継ぎが行われているんだなあ。
岩戸山って応仁の乱(1467年) よりも前からあるんだそうだよ。



蒸し暑い京都。
ゆっくりと陽が落ちて
岩戸山の提灯が灯ると
俄然、幻想的になってきました。



祇園囃子がコンチキチ~ン
と高らかに始まりました。
笛や鐘を叩くお囃子少年たちは
中学生くらいかなー?



少年たち、半ケツはみ出し状態で演奏!
先ほど登って高さと不安定さを実感したワタシには
コレすごいわ!
落ちないでよ~ 



さて、
後は体力の続く限り山と鉾を見続けるぞ~
これぞ、ひとり歩きの気軽さと醍醐味。



太子山
その名の通り、聖徳太子の人形が御神体の山。


会所を開放しているので宝物を拝見できます。
中央奥に座っているお人形が
巡行の際、山に乗せられる聖徳太子のお人形。



山の前にはロウソクを燈す巨大灯篭があり
少年と少女たちがロウソクを売っています。
「ろうそくいっちょうけんじられましょう、しょうとくたいしちえのおまもりはこれよりでます・・・♪」
節が付いた長セリフを
「せーの・・・」と小声で合せた後
5人で大合唱します。
オトナたちはズギュン・・・とやられて
ついついロウソクを買ってしまうのですw

これってナニ商法って言ったらいいのかしらねw



「ごしんじんのおんかたさまは うけてかえりなされましょう♪」
聖徳太子だけに知恵を授かり、学力向上を祈るロウソク。
心なしか、販売スタッフの少年少女は
どの子も賢そうでした。
夜遅くまで、しかも正座よ!
えらいわ~(涙)



檜扇を生け、家宝の屏風をセンス良く飾って
道行く人に見せてくれている。
祇園祭、宵山限定の「屏風祭」という風習です。
一般人、よそ者にはとっても魅力的で憧れますね。
だから私はメインの山鉾巡行よりも宵山に魅力を感じます。



今回、久しぶりに宵山に来たら
有料で見学、というお宅もあるのですね。
京都の観光客の数も質もどんどん変わってきていますから
こうでもしないとエライことになるんでしょう。
牧歌的だった屏風祭はもう望めないのは理解できます。



誰もが覗ける
こうしたウインドー・ディスプレイでもOKよ。
これもイマドキの屏風祭として楽しいわ。



船の形が珍しくて人気の船鉾です。
ふなぼこ、ではなく「ふねぼこ」と読みます。



蒸し暑い中、2時間半の徘徊。
今宵はこれくらいで終了。
今晩は大阪に泊まって
明日、またつづきを見に来るぞ、と(笑)

【 つづく:まだつづくの・・・ 】

関連記事

4 Comments

There are no comments yet.
No title

mihi♪  

2018-10-10 09:05

柵の低さにびっくりで怖さを感じます(>_<)。
半ケツで座って演奏してその上動くって、ビビりの私には不可能だわ(;^ω^)。皆さんすごいですね~。
ムスメさんちがあるという事で、「そうだ京都に行こう」で、出かけられちゃうのは羨ましいです^^。新幹線ですぐですもんね~。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2018-10-11 11:06

> mihi♪さん
ムダに長い記事を読んでくださってありがとうございます!
そうですよね、これ巡行の日は動くんですよね!
しかもカーブとかする箇所もあるし・・・綱に掴まるレベルでも不安だと思います
母が企んでムスメが大阪に住むようになったわけでは決してないのですが、どこか私の念力が効いていたような気がしてます(笑)

EDIT  REPLY    
No title

ふわり♪  

2018-10-11 16:37

この半ケツ、私も気になりました~ 怖そう~
こにゃくうさんの京都好きは、ハンパじゃないレベルなんですね~
なにかに精通すると楽しいだろうなぁ。

私も長男に引越しないか持ちかけたことがあるのですが、却下されました。おかーちゃんがやってきたら、嫌よね
うちの場合は娘でも嫌がりそうなので、こにゃくうさんちのお嬢さんが羨ましいです。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2018-10-13 06:13

> ふわり♪さん
想像したくないですが、祭の長い歴史の間では転落事故もあったということです(近年ではないですが)

京都にはまったのが中学生の頃で、以来海外に住んでいたり子育てピークで京都どころじゃない時期は疎遠になってましたが
人生の中で相当回数、京都に行ってます。
30回くらいまでは数えていましたけど、もはや自分でも分かりません。

ムスメなりに両親に不満を感じる所は数々あるでしょうけれど、両親をあからさまに避けたり反抗する時期がなかったです。
子と親の関係がイーブンな家族かもな、と思います。
たぶん、ひとりっ子だからですね。

EDIT  REPLY    

Leave a reply