Welcome to my blog

18年スイスアルプス

16)スイス氷河特急@ランドバッサー橋と車内ランチ編

6 0
前の記事よりつづき 】

2018年7月11日(水)

サンモリッツから乗車した氷河特急。
8時間かけてツェルマットを目指しています。


車窓からの風景は全編、ザ・スイスな風景でステキ。


ですが
我らの車両は特急であるがゆえに窓が開きません。
必死に必死に写しても
ガラスの反射が写り込むという悲劇w



故に当記事は、いろーんな物が写り込んだ画像をお届けします!
快適な1等車両だったけど
そこが惜しいよねえ。
(特急じゃなくて普通列車に乗れば窓が開きます)



全線270㎞のうちで291もの橋を通過しますが
その中でもっとも有名な橋がランドバッサー橋。
サンモリッツを出発して約1時間でランドバッサー橋を通過する、とのことなので
その時(たぶん一瞬w)をどう眺めるか、どう写すか、と
全乗客がワクワクしている状態。



キターーー
ランドバッサー橋。
橋脚の恐るべき高さ。
なのに、石積みが美しい!




険しい岩の渓谷に
この優雅なデザインの橋を架けるセンス。
スイス人、ブラボー。
これを造ったのが1902年というのも驚きます。



必死に撮って以上の3枚がややマトモな画像という事態ですが
ご笑納くださいw

野村不動産プラウドのCMで見て
「すごい橋だなー、行ってみたいな」
と思っていました。
ステキなプラウドのCM動画はコチラ

他にメイキング動画もあります ↓
この橋は乗って見るより外から見た方が絵になるねー



ランドバッサー騒ぎが終わり
ホ~~ッと力が抜けたところで
ビール、行こうか!
乗り込んだ時から気になっていた
BAR車両にトツゲキです♪



スイスビールのひとつ、カランダ(5.1CHF)
苦味が勝った味がすっかりお気に入りに。
ランドバッサー橋は美しかったね、とカンパイ



座席を離れて、場所を替えることができるバー車両はいいな。
(スナックはビールを頼んだらコペルト的に提供してくれたもの)



座席に戻ったら
お土産の車内販売中。
氷河特急の車内販売ワゴンには
ヤギの一種、シュタインボックの
リアルなぬいぐるみが括りつけられているのがあるらしいけど
我らのところにやってきたのは素なワゴンでした。
残念。



併せてテーブル上にランチタイムのセッティングが置かれていきます。
予約すると車内でランチがいただけます。
(我らはツアーなのでランチ含みで乗ってますけど)

添乗員女子さん「もうカトラリーが並んでいますが
お料理はすぐに来ませんからね~
だいたい、ここから1時間後かしら(笑)」



ホント。
1時間後にサラダが到着しましたー




じゃ、ワインいっちゃお。
白ワインをボトルでちょーだいね♪
(39.5CHF)
スイスで飲んだワインは
どれもハズレが無かったなあ。



列車スピード同様、サーブのペースもゆっくり。
でも8時間もあるんだし
急ぐ食事なんて野暮だよね。
ワイン飲んでこんな景色を眺めていられる時間は大切。



メインのビーフストロガノフ
添え物として
ヴィシー風にんじんのグラッセ
カロリンライス
・・・とのこと。

見た目、学校給食風ですけどw
味はよかったですよ。
美味しくいただきました。



ですが
黙っていると盛大に盛られてしまうので
残したくないワタクシは
「ちょこっと!ちょこっとにしてね」とお願いしました。 (英語通じます)
それでこの量です。
食べ切る自信がない方は少なめアピールを。



お食事は少な目めでも
ワインは多め希望(笑)
もう1本いっちゃってます
(41.5CHF)



最後にデザート。
ティラミスだったのですが
チーズを選ぶこともできます。
スイーツ苦手派には嬉しい配慮。
もっちろん、チーズだよ~!



乗車して約4時間経過。
行程の半分になろうか?という所でしょう。
お腹いっぱいでワインだって2人で2本も飲んでいるのに
ちっとも眠くなりません。
スイスの景色が飽きることないからに違いないわ。

≪ 2019年4月2日追記 ≫
2019年3月、氷河特急に1等よりもワンランク上のシートが登場しました。
飲み物、食べ物などオールインクルーシブ。
乗ってみた~い
車両の窓が反射しないガラスにグレードアップしてたら
まさにエクセレンスなんだけど・・・
ムリだろうなあ。

つづく 】

関連記事
氷河特急

6 Comments

There are no comments yet.
No title

ふわり♪  

2018-10-23 12:30

ランドバッサー橋という名は知りませんでしたが、スイスの鉄道で橋と言えばこれですよね。でも、なんか違和感。プラウドの動画を見てわかりました。あの橋には赤の車体が必ず入っているんですよ。だから、イメージが赤だったんですよね。橋だけ見ると物足りなく感じるはずだ
それにしても、ビーフストロガノフとチーズのみで2本も空けちゃうんですか?すご過ぎ。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2018-10-25 10:46

> ふわり♪さん
橋の建材の石がイイ味の色具合と質感です。ローマ水道橋のようで構築物としてもステキです。
そこに周囲の緑、または冬期の白に赤い列車がプラスされて完成品ですかね。

>ビーフストロガノフとチーズのみで2本も空けちゃうんですか?

うん(笑)
画像を繰ってみてみたらそーなってたわ
知らず知らずのうちに呑んでいたらしいw

EDIT  REPLY    
No title

mihi♪  

2018-11-12 11:26

景色もステキだし、お料理も美味しそう~。ワインそんなに飲んで食べたら、私は絶対寝てます(~_~;)。眠くならないこにゃくうさん、サスガです!!

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2018-11-12 12:10

> mihi♪さん
ワインを2本、ビールに至ってはもはや不明なほど飲んでいたのですが
なぜか眠たくなりませんでした。
オットとも「いつもなら絶対寝てた」という意見で一致していますw
それほど景色に目を奪われ、飽きるいとまが無かったからだと思います。
それでも6時間乗車したら眠くなり、ラスト90分ほどはうとうとしてましたけどね~(笑)

EDIT  REPLY    

なべなべ  

2019-08-16 16:57

初めまして、なべなべといいます。
私は氷河特急に乗って以来、レーティッシュ鉄道のファンになり、我が家にレーティッシュ鉄道を作っています。
氷河特急の窓ガラスの映りこみを防ぐには、カメラに偏光フィルターを付けると防げますよ。

EDIT  REPLY    
こにゃくう
To なべなべさん

こにゃくう  

2019-08-16 17:02

ご訪問とコメントをありがとうございました

>我が家にレーティッシュ鐡道を作っています

え?どゆこと、と思い、ブログを拝見してきました
すごいですね!
ほんとにおウチにレーティッシュ鉄道が再現されているんですね。
精巧にできているのですねえ。
スイスに旅した時、これは鉄道好きな人にはたまらない国だなあと思いました

偏光フィルターって物体を使えばいいんですね
教えてくれてありがとうございます
次回の列車の旅があったら購入して行きます

EDIT  REPLY    

Leave a reply