Welcome to my blog

18年スイスアルプス

28)ツェルマットの町をお散歩します@ツェルマットはブルガーゲマインデ(地域共同体)

6 0
前の記事よりつづき 】

2018年7月12日(木)

AM 6:30からトレッキング三昧をして
PM 3:00
まだ時間あるね、ツェルマットの町を散策しよう。


ということで
リッフェルアルプ駅から
ゴルナーグラート鉄道に乗ってツェルマット駅まで
下って来ました。



ツェルマットが人気の観光地なのが納得です。
魅力的なレストランやカフェが並んでいて
気になるショップもいっぱい。
そしてどの建物もシャレ-風で美しいんだもん。
歩いているだけでも楽しいわー



長期滞在して夏山に登ったり
冬にスキーしたり。
そんな滞在をし続けても
飽きないんじゃないかなあ、と思います。
日本人観光客も多く見かけます。



素晴らしいのは町並の美しさだけではありません。
ガソリン車の乗り入れを規制しているため
のんびり安心して散策。
電気自動車だけが走行できるツェルマット。
(車で来た旅人は隣町テーシュに車を停めて一駅電車で来ることになる)

そんな訳で
高級ホテルの送迎は馬車だっ



たとえばこのホテル
ツェルマッターホフとかね。
1879年開業
ゴージャスな5つ星ホテルですが
ツェルマットの町が経営しているというのが驚き。
※我らが泊まった3100クルムホテルも同じく町営(ブルガーゲマインデ、地域共同体)です




観光業従事者だけが潤うのではなく
一般の町民も観光の果実を得られるよう
役場と一体になって魅力的な街づくりをしているらしい。

「老舗ホテルの経営権は町が持った方がいいね」
「ガソリン車は入って来ない方が良いね」
「建物は高さを揃えて美しく統一しうようね」



第一次世界大戦で一度、観光業が衰退してしまったことが経験になって
町営システム(ブルガーゲマインデ)になっていったんだそうで。
今や人口5700人なのに
年間200万人の観光客がやってくる町です。

「次回はツエルマッターホフに泊まってあの馬車に乗ろうか?」 (こにゃくう)
「いや、ハズカシイから荷物だけ運んでもらって歩いて行きたいなぁ」 (オット)

ツェルマットリピートの妄想は膨らみます
こうしてツェルマットの術中に嵌っていくのですね(笑)



町の中心部。
マッターホルンミュージアム
という施設があり、
スイス・トラベルパスを持っていると入場無料になるというので入ってみます。



見学しての感想は・・・
無料だったからヨカッタネ、本来はCHF10かよヲイ!(汗)
・・・ってところでした。

そんな感想を持つのはアフォなワタシだから、のようで
後で同じツア-の方に感想を尋ねたら
「ツェルマットという町の成り立ちがよく分かって感動した」
と仰っていた方もいたので
丁寧に巡るとぐっとくるみたいですよ。




トラベルパスで無料なんだけれど
ここはCHF5出して日本語オーディオガイドを借りた方が
より理解が深まるかもしれません。
内容は
「マッターホルン博物館」
というより
「ツェルマット歴史館」
の方が正確かもしれないなあ。




昔の穀物倉庫スタイルの家が残されている地区があります。
ここだけ異質な雰囲気のストリート。



ふと太とした木の壁
ねずみ返しの石が付いた柱。
時間を経た風格ある古い穀物倉庫群です。



お花がきれいに飾られていたり
改装してお店にしている元倉庫もあり。
通り抜けるだけでも楽しい一角です。



町を流れる川沿いに来ると
マッターホルンが頭を出しているね。
今日も一日、いろんな場所で姿を見せてくれていたマッタ-君。



マッタ-君に向かって寝ころぶベンチ。
ここはビューポイントだね。



スイスのすずめは日本と違う!



スーパーMIGROSでいろーんな食品やお土産を買ったしね
そろそろ
ゴルナーグラート鉄道に乗ってホテルに帰ろう。



帰路の電車からのマッタ-君。
夕方になって雲が出てきちゃったね。
今日の夕暮れは昨日のような薔薇色にはならないかもしれないなあ。

【 つづく 

関連記事

6 Comments

There are no comments yet.
No title

まんち  

2018-11-30 01:38

私が行ったツアーは、ツェルマットで確か1時間程度の放し飼いだったので、COOPで買い物して終わった感じですが、街中にはお洒落スポットがたくさんあったんですね。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2018-11-30 02:10

> まんちさん
ツェルマットの駅のそばにCOOPがありましたね!
外国のスーパーに足を踏み入れると時を忘れますねー

町中がやたらオシャレですよね。
古来、貧しく労働チャンスがなかったスイスなので、住民たちが土地の魅力度を上げることで自分らで地域経済を潤わせてきたんだそうです。
自治組織の伝統が我が国とは段違いです。

観光客に満足を与えるべく目配り気配りが行き渡っている感がありました。
長期滞在およびヘビロテの訪問者がいるってこと、とても納得でした。

EDIT  REPLY    
No title

キヨちゃん  

2018-11-30 10:30

ワー♪ツェルマットやっぱり素敵な町ですね。
自由なはずの個人旅行の私より、こにゃくうさんの方がたっぷりツェルマットを満喫されています。お天気も恵まれてほんとに良かったですね。
記事を拝見して私もまた再訪したくなっています。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2018-11-30 19:28

> キヨちゃんさん
知人に繰り返しツェルマットに行く人がいるのですが行ってみてガッテン!しました。
繰り返しの訪問に堪える町なんですね。
私も再訪したいです。次回はあのコースを・・・と考えるルートが複数あります。
偶然の事ですが、天気が良かったからいろいろ行動できたのだと思うのです。
ほんと旅は天気・天候次第ですね。

EDIT  REPLY    
No title

ふわり♪  

2018-12-03 11:26

町営っていうのがすごいですね。官民とも栄えるように工夫しているところが、すごい。
車窓だけでも感動を呼ぶのがスイスだなぁと思いますが、ツェルマットの町、ステキですね~ セレブの町だと聞いていましたが、庶民でも訪れたいっ 晴れとわかれば飛行機に乗る、みたいなことができればいいんですけどね~

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2018-12-03 23:34

> ふわり♪さん
今日の日経読んでいたらニセコの不動産は外資に買われまくっていて、もはや元来の住民は札幌に移り始めている・・・って記事がありまして
これってツェルマットがしていることの真逆だなーと思いました。
主に豪州に買われまくっているニセコですが、豪州経済になにかあったらニセコが崩壊しちゃうのでは。

尚、ツェルマットは更に町の範囲を広げることが難しいので「客単価を上げる」という方法で成長しようとしているんだそうです。
それでセレブの町なんだわっ。
そんなやり方も限界があるんじゃないでしょーかね?
ホント、庶民も長期滞在できたらいいのに~

EDIT  REPLY    

Leave a reply