Welcome to my blog

18年スイスアルプス

34)ミューレン、かわいい!絶景!@スイス実感の小さな村

5 0
前の記事よりつづき 】

2018年7月13日(金)

スイス、ベルナーオーバーランド地方を旅しています。
インターラーケンからバスで20分程走ると・・・


荒々しい山がすぐそこに迫る、谷あいの道路に入って行くツアーバス。


これから行くのは
ミューレンという小さな村。
「ロープウェイのケーブルが見えてきましたね。
ミューレンへはあれに乗って行きます。崖の上の、のどかな村です」
(添乗員女子さん)



バスから降りたそこは
シュテッフェルベルグ
(Stechelberg)
という村。
そこにロープウェイ乗場、シルトホルンバーン駅がありました。
コレが駅前からの景色です。
周囲を垂直の崖が取り囲む、谷間の村です。



断崖を豪快に落下する滝があるよ!
ワイルド感すごいわっ
ミューレンバッハフォール、という滝でした。



ロープウェイに乗り込むと
シュテッフェルベルグの村は
すごい速さでどんどん小さくなるよ。



さっき見たあの崖に向かって上っているのかと思うと
ちょっと怖い。



途中駅(ギンメルバルト)での乗り換えを含め
たった10分の乗車で
絶壁の上へ。
そして思っていた以上に美しい村がそこにあった!



スイスに来て5日経つけど
この国にはいつも驚かされる。
ロープウェイの下の駅から見上げた絶壁の上に
こんなにしっかり観光対策された村があるって思えなかったよ。



ここが駅前メインストリート。
村はずれまで行っても15分ほどのちいさな村です。
しばしの自由行動時間でお散歩。



多くの人が徘徊していますが
ほとんどが我々と同じ、立ち寄り客でしょう。
ここって、こんなお散歩程度の滞在じゃなく
トレッキング目的で数日滞在するべき村だと歩きながら感じます。


目の前はシュバルツメンヒ(黒メンヒ)
その左にアイガーがあるはずなんだけど
雲がかかってしまって見えません。



村の奥まで歩いても
同じく、雲に纏わりつかれているアイガー(左)とメンヒ(右)
ところで
この村は自動車が入れないので
物資の運び込みは
運搬用ロープウェイ利用かグリュッチアルプからの登山電車
またはこうして豪快にヘリコプターでの輸送になります。



日本ではヘリコプターって特別な存在だけど
スイスに於いてはまるでトラック。



この村、標高1634mの崖っぷちにあります。
スイスのあちこちの観光地は英国人が開発してきましたが
このミューレンもそう。
アイガー、メンヒ、ユングフラウが見えるからね、
19世紀からすでに人気の村になったそうです。
ビクトリア女王も来た!
ってこともあり、英国人あこがれの観光地になりました。



ミューレンは、うろちょろするだけじゃもったいない村だ。
画像奥の斜面に写り込むケーブルカーを使って
さらに上部(アルメントフーベル)へ登るのもひとつの楽しみ方。
さらに高みに行くと絶景度が増すようですよ。

・・・というのをキヨちゃんのブログで見せていただきました。
の風景画像はすばらいいですよ。



ここを足掛かりにすれば
相当、広範囲のトレッキングができますし
更にロープウェイを乗り継いで
標高2970mのシルトホルンに行くのも定番コース。

ああ、またもスイスに再訪するべき場所ができてしまった・・・



今回はミューレンの「味見」って感じですかね(涙)



オット 「ゴルナーグラートは日中は日帰り客でごった返すけど
夜になると宿泊客だけになるし、朝も特別な雰囲気が味わえたじゃん?
この村も、泊まると全然ちがうミューレンが体感できる気がするなあ」



うん、きっとそうなんだろうね。
で、他のスイス人気観光地同様、
このミューレンの宿泊代もお高いそうですよ。
物資の運搬もヘリコプター頼りでは高くなって当たり前だけどね。



往きと同じルートでロープウェイを乗り継いでシュテッフェルベルグへ降ります。
(別途、登山列車でグリュッチュアルプ→ロープウェイでラウターブルネンというアプローチ方もあります)

ロープウェイの閉じた空間の中でこの国の団体と一緒になるとツライ。
ムダに声が大きいのはどうしてだろう。
不思議な色の服はどこで買うんだろう。
そのサングラスはコピー商品なんだろうか。
と、観察してしまったよww



シュテッフェルベルグからラウターブルネンへバス移動。
ここラウターブルネンから、今夜のホテルがある
クライネシャイディックに列車で向かいます。

駅前で列車待ちしただけだけど
このラウターブルネンも気になる町に見えました
またも宿題ができてしまったよ~

つづく :クライネシャイデックのホテルに行きます 】

関連記事

5 Comments

There are no comments yet.
No title

キヨちゃん  

2018-12-24 21:52

こんばんは♪

ミューレン、すごく魅力的な村でしたね。
しかもあんな崖の上に形成されているなんてほんとに驚きです。
再訪しないといけない場所がどんどん増えていきますね~。すごくわかります。

私の記事をご紹介いただきありがとうございます!(^^)!。

EDIT  REPLY    
No title

まんち  

2018-12-25 00:36

美しい画像を見ていると、スイスもいいなーと思ってしまいます。
誘導されたキヨちゃんのページも読みました。
ますますスイス熱が高まりますね。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2018-12-25 22:19

> キヨちゃんさん
先にお断りせずリンクさせていただきましてごめんなさい!
何度見てもすばらしい景色の中のハイキングでしたね。
メインストリートを歩いただけでは心残り感ハンパ無しです~
ミューレンはもう一度行きたいスイスの町の筆頭です。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2018-12-25 22:23

> まんちさん
キヨちゃんさんの画像はお天気の良さも伝わるし、お花の群れの素晴らしさもよく撮れていると思いますね。
読んでくださってありがとうございます。
我が家の場合、同じ国に2度行くのは滅多にないのですが
スイスはもう一回がありそうです。

EDIT  REPLY    
No title

ふわり♪  

2018-12-28 11:10

晴れのキヨちゃんの記事も併せて楽しみました。
こんな町があんな崖の上にあるとはすごいですね~
スイスはどこにいても絵になる国だったなぁとつくづく思います。
大昔から観光立国だと、自然美まで映える技がどこかにあるということでしょうか?

EDIT  REPLY    

Leave a reply