Welcome to my blog

18年スイスアルプス

40)ユングフラウ・アイガーウォークをトレッキング@スイス・ベルナーオーバラント

4 0
前の記事よりつづき 】

2018年7月14日(土)

100年越えの天空テーマパークかな?的印象だった
ユングフラウヨッホ
そこから鉄道で下山。


唯一の途中駅、
アイガーグレッチャー駅でワタシとオットは降ります。
ツアーの他のみなさまは
ツアースケジュールに則って他のコースへハイキングに行くべく
そのままクライネシャイデック駅まで乗って行かれました。
ワタシとオットはここからツアー離脱し
ふたりだけでトレッキングしようという企画です。



アイガーグレッチャー駅のプラットフォーム。
1898年、開業した当時は
その名の通り、氷河(グレッチャー)が駅の脇を流れていたんだそうです。
ドレスで、紳士服で氷河の上を歩く。そりで滑る。
そーいうハイソサエティな娯楽をやっていたんだそうですよ。
今はトレッキング観光客の足場になっている駅です。




駅舎にはレストランが併設されていて
気持ちの良いテラスでお食事されている方も。
テーブルサイドの景色はこんなの。
120年前、このテラスの前が氷河だったんですね。
今はもう溶けちゃっているけど



駅舎から階段を下ってトレイルを探しつつスタート。
ここからクライネシャイデックまでは
「ユングフラウ・アイガーウォーク」
と名付けられたトレイルです。



クライネシャイデックまで約2.5㎞。
下る一方の1時間ちょっと。
初心者向けトレイルと言えましょう。
アイガーグレッチャー(氷河)
を振り返っています。
後退した氷河の跡とはいえ、相当な迫力。
剥き出しになった岩盤は黒光りしています。



ところで
ワタクシとオットはずんずん下っているのに
果敢にも登ってくる人々がいる。
しかも走って!



偶然、この日は
という競技イベントの日だったのでした。
グリンデルワルドをスタートし、
最長コースだと101㎞も(!)
オーバーラント地方を走り回るという、まさにウルトラなレースです。
(20時間くらいかかるはず~ 



整備されたトレイル。
のんびり歩くもよし、韋駄天のように走り抜けるもアリ。
懐の広いベルナー・オーバーラントです。
この日の午後のトレッキングでは
行く先々でレースの彼らと
絡むように行き違うのでした。
ところで、この正面。
向う側の山の壁上に村が見えます。

アップにしてみる



崖の上のアレ
昨日行ったミューレン じゃないかと。
絶壁の上の村だってよく分かる。
おもしろいなあ。



ユングフラウ鉄道の線路を跨いで
山側の丘陵地を歩いて行きます



前方にヴェッターホルン
荒々しい稜線がかっこいい山だなー



ふり返るとユングフラウと
三角に尖ったシルバーホルン。
足元には可憐なお花たち。



左の白い花は・・・
アイゼンフット・ヘーネンフスかアルパイン・バターカップ・・・なのか?
右の黄色い花はキンポウゲの仲間?
すみません、花にまったく詳しくなくて分かりません(汗)



ニードリッヒ・グロッケン・ブルーメ
・・・ということにしといてくださいww



当座の目標、クライネシャイテックはすぐそこに見えちゃってますから
気が楽です。
てか、近すぎて物足りないw



お花だらけの斜面をくだって・・・・



電車を下車して約35分で
先ほど上から見えていた湖?池?のほとりに到着。
景色もいいのでちょっとお休みタイム。
見えているのはアイガー北壁です。
ワタシの晴れオンナパワーで他の雲は立ち去ったのに
アイガー北壁に纏わりついた雲だけが
まだまだしつこい!



スカッと荒々しい北面のお顔を拝見したいものだわ・・・
オーバーラント三山は擬人化されていて
ユングフラウは乙女
メンヒは修道士
アイガーは男性
・・・ってことになってるのだけど
オトコのくせに恥ずかしがり屋かよっ



池のほとりでぼんやりとユングフラウを眺めていたら
ちょうどユングフラウ鉄道がやってきて
池ごしに良いアクセントを付けてくれました。

イイ景色だ~
極楽だ~
極楽な日々だ~



池越しにみえる、このクラシックな建物
ヒリフリ館と申しまして
元変電所なんだそうです。
今はアイガー北壁登山の資料館。
池のほとりにこれが建っているだけでぐっといい雰囲気です。

正確に言うと「池」じゃなくてSEE、「湖」なんですけどね。
ファルボーデン湖
冬、スキー用人工雪を作るための溜め池なんだそうで
(池なんじゃんw)



のんびり下って1時間20分のお散歩。
クライネシャイデックに戻って来ました。
時間はまだPM 1:00
もうひと山トレッキングしに行きまーす。


※当記事中の歩いたコースは赤ライン

つづく:ラウバーホルンに登ってみる 】

関連記事

4 Comments

There are no comments yet.
No title

まんち  

2019-01-20 21:58

パートナーが山男ってこういうトレッキングができるんですね。
私はトレッキング大好きなんですが、相方が弱っちくて腰も足もガタきてる…。
こんな天気なら歩いて下るのはわけないし、凛々しいアルプスの山々と足元のかわいい花々を見ながらトレッキングなんてほんと極楽ですね。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2019-01-20 22:38

> まんちさん
オットに会うまで山系男子の彼氏はいなかったのですが、結婚したらいつの間にかこーいう路線になってました。
もともと私も身体を動かす方が好きだし、トレッキングにも興味あったので渡りに舟でこんな夫婦になりました。
ここのトレイルは晴天で且つ寒い時期でなければ楽勝お散歩コースだと思いました。

EDIT  REPLY    
No title

ふわり♪  

2019-02-01 09:47

やーっと自分の旅行記にめどがついたので、遅ればせながらお邪魔致します
新田次郎をほとんど読破した私といたしましては、アイガー北壁への想いは特別でして、でも特別なのはその名前だけ。知ってる知ってる!って、アレですね
だもんで、氷河もろくすっぽ考えを持って見ていませんでしたが、改めてこうして見てみるとちょっと感動的。せっかく現地にいてたのになぁ。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2019-02-02 21:28

> ふわり♪さん
クライネシャイデックからアイガーグレッチャー駅まで登ったんですよね?
最初は楽勝だけど最後のあたりはちょっと厳しかったかもしれませんね。
でも、登る方がずっと三山が見えているとも言えますね。
この日は果敢にランニングで登っているランナーたちがいっぱいいましたけど、すごいな~と思いました。

ジロー・ニッタ。名前だけは知ってるけど読んでないわ~
(どうもリアルな小説は読んでいて辛くなってくる性質なのでスルーしちゃいます)
全作品読破されたのなら、ウチのオットの熱い新田論にも共感してくれるかもしれませんね(笑)
新田ファンが多いのでしょう。碑をみていると、次々と日本人がやって来ました。

EDIT  REPLY    

Leave a reply