Welcome to my blog

18年スイスアルプス

44)グリンデルワルトちょこっと歩き@見上げればそこにアイガー

4 0
前の記事よりつづき 】
2018年7月15日(日)
グリンデルワルトはアイガーを眼前にする町。ここに宿泊してあちこちの山々を歩いたり、冬ならスキー三昧ができそう。

44)グリンデルワルトちょこっと歩き@見上げればそこにアイガー
残念ながら今回は、1時間半ほどの立ち寄りです。今日の宿泊地はシャモニーなので、グリンデルワルトはちょこっとのご試食って感じ。我らツアー民はここでしばしのフリータイムです。

44)グリンデルワルトちょこっと歩き@見上げればそこにアイガー
オットとテクテク散歩。メインストリートは東西に1kmほどしかないです。両側に美しいレストランやお花をかわいく飾ったホテルが並んでいて「ここに泊まれたらいいなー」とか「このレストランよさ気だなー」とか、妄想が止まらなくなる街並みです。


町のバスターミナルで何かセレモニーをやっています。これ、昨日ワタシとオットがトレッキングしていた際に遭遇したアイガー・ウルトラトレイルの表彰式でした。
16㎞や35㎞など一般人でもトライできるレベルのコースもあるレースですけれど、一番ハードな101㎞のトレイルを走り回るコースがまさに「ウルトラ」。101㎞で日本人男性が10位だったそうです、という添乗員さん情報。


気になったのだけど、じっくり見ている時間はナイな~。日本人参加者も散見されました。短めコースでも十分楽しいから、スポーツ好き仲間でいっしょにエントリーしたのでしょうね。


メインストリートのドルフ通りのちょうど中間あたりにあるホテル。Hotel Spinne (シュピンネ)このホテルから景色がすばらしい!脇からテラスに行けちゃうようだから、ちょっこっと見学させてくださーい。

44)グリンデルワルトちょこっと歩き@見上げればそこにアイガー
テラスからの眺めが最高じゃない?アイガーが真正面にバーン!ホテル・シュピンネのアイガービューの部屋に泊まれたらすばらしいネ。泊まれなくても、1階のレストラン「メルカート」のテラス席はおススメ。


って、ワタシは何も食べずにスルーしただけですがね^^;グリンデルワルトからはクライネシャイデックとは全く違う風体のアイガーが見られます。(ここからメンヒやユングフラウは見えません)

44)グリンデルワルトちょこっと歩き@見上げればそこにアイガー
ドルフ通りを更に奥へ行ってみる。このレストラン、かわいくない?

44)グリンデルワルトちょこっと歩き@見上げればそこにアイガー
UNKEL TOM'S HUTTE(アンクルトムの小屋)ピザ屋さんみたいですね。グリンデルワルトでの夕食によさそう。

44)グリンデルワルトちょこっと歩き@見上げればそこにアイガー
くっそ~。見てチェックするだけか~(涙)

44)グリンデルワルトちょこっと歩き@見上げればそこにアイガー
ベルナーオーバーランド地域に来てどこに泊まろうか?と考えた時、クライネシャイデックのホテルも満足だったけどグリンデルワルトを選ぶのも捨てがたいと感じました。泊まってみたくなるホテル、行ってみたいレストランだらけでワクワク。(あれ?ツェルマットでも同じこと言ってなかったか、自分w)


AM 10:00。ちょうど教会の鐘が時を告げ始めました。ガラ~ンガラ~ン盛大な鐘の音。後方にはアイガー。(の東サイド)非日常を感じるひととき。


教会の先、ストリートが3つに分かれる場所にパン屋さんがありました。添乗員女子さんから「本日はこれからパノラマ特急(ゴールデンパスライン)に乗りますが、お食事つきではないのでグリンデルワルトで散策の際、お昼を購入されてください」と言われていました。

44)グリンデルワルトちょこっと歩き@見上げればそこにアイガー
Backeri Wuthrich ベッカライ・ヴゥーフレイヒって読むのかな~?パン屋さんは朝が早いからしっかり営業が始まっています。


なかなかオシャレな品揃え。美味しそうだし惹き付けられます


ドイツ語なのでさっぱり商品が分からないのですけど、指差し&英語で押し通してオーダー。


勘で選んだ2品。トマトペーストのパイ状の物体(CHT 3.5)とソーセージが巻かれたパイ(CHF 4)ツェルマットのパン屋さんフックスは脂っこくて×でしたけど、このお店のパンは上々でした。値段も高くないですよね。(後刻、特急車両内で食べた時の画像)


パンの販売だけでなく、奥はグロッサリーにもなっています。牛乳、チーズ、ハム、たまご・・・この辺りの別荘やアパートを借りて滞在する人に便利なベッカライ。


店内イートインもできるようだし、この時間はCHF12でモーニングセットも提供していました。朝ごはんをこーいう地元のベッカライで、って滞在もアリですね。


さて、そろそろ集合時間が近くなったわ。お店を見ながらボチボチ歩いて集合場所へ。


集合場所だったバス専用駐車場の隣に見えたこのホテル。こちらも素敵オーラが溢れていたのでチェックせざるを得ない。

44)グリンデルワルトちょこっと歩き@見上げればそこにアイガー
シュヴァイツァーホフというホテルのようです。5つ星。今回参加したツアーとは別シリーズだと、ここに泊まるコースもありました。う~ん。ここもよさ気だったな

44)グリンデルワルトちょこっと歩き@見上げればそこにアイガー
「ロマンチックホテル」って自ら名乗っちゃってるんだから、相当なロマンチック具合なんでしょーねw

44)グリンデルワルトちょこっと歩き@見上げればそこにアイガー
再集合した後はバスにてツバイジンメンに移動。バスから見えるアイガー。最後まで北に雲を纏う男、アイガー君なのでした。

44)グリンデルワルトちょこっと歩き@見上げればそこにアイガー
以上、パンしか買ってないのに妄想だけ膨らんだグリンデルワルトの90分でした!ツヴァイジンメンまで約1時間30分のバス移動。飽きないスイスの風景をながめつつ。

44)グリンデルワルトちょこっと歩き@見上げればそこにアイガー
ツヴァイジンメン駅。ここから「パノラマ特急」と呼ばれる列車に乗ります。目指すのはモントルー。
関連記事
海外旅行スイス

4 Comments

There are no comments yet.
No title

ふわり♪  

2019-02-22 10:58

スイスへ行ったのは、ヨーロッパ旅行を初めて2度目のときでした。
きのう写真を探してみたら、その日の写真全部でわずか25枚 しかも雲ひとつない空の下、逆光に跳ね返されているのでした
もともと写真を撮る習慣がなかったんです。

来月はとうとう呼子へ行きます。でも、唐津~呼子に温泉がない。
かといって嬉野温泉は既にいい旅館が埋まっており、宿は惰性になりました 残念。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2019-02-22 16:45

> ふわり♪さん
1日に25枚しか撮っていなかった時代があったんですね。今はその10倍は撮ってませんか?私の場合、ブログを始めて撮影枚数がまさに桁違いになりました~
ふわり♪さんのきれいなお山のスイス画像も見てみたかったです!

呼子の烏賊漁舟が無事に出漁して烏賊ゲットして帰港してくれることを祈ります!
尚、お宿で烏賊を召し上がるプランになっているのなら大丈夫かと思いますが、フリで料理屋で食べるのなら予約しておいた方が安全です、というのは老婆心ですが一応・・・。烏賊が無くなる日もありますし、席待ちがすごい日もありますので。
良い旅になりますように!

EDIT  REPLY    
No title

キヨちゃん  

2019-02-23 11:11

わー!グリンデルワルトはたしか2泊しましたが、山登りも微妙な時期でやり残しがいっぱいです
次に行くときはこにゃくうさんのブログを読み返していきます

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2019-02-26 15:12

> キヨちゃんさん
レスが亀で失礼しました!
キヨちゃんさんがグリーンデルワルトで泊まられたホテルは、文中のホテル「シュピンネ」のお隣なんですね!
ほぼ同じ景色が見られたと想像でき、いい場所のホテルを選ばれたのね~、と再読して気づきました。
グリーンデルワルトは私も気に入りまして、ここに泊まれば全方向に遊びに行けるんだなあ、と。1週間でも大丈夫かもしれませんw
私もスイスはやり残しがいっぱいです。こうして多くの人がスイスリピーターになるんでしょーね。

EDIT  REPLY    

Leave a reply