Welcome to my blog

18年スイスアルプス

45)ゴールデンパスラインのパノラマ車両@スイス・ツバイジンメン→モントルー

0 0
前の記事よりつづき 】

2018年7月15日(日)

参加したこのツアー。
そもそも「スイスの3つの特急に乗ります」的なテーマが書いてあったっけ。


ツバイジンメン駅からこの列車に乗るらしい(←基本電車に興味ナイw)
先頭が展望車両になっているのがウリ。



車両先頭部には8つの特別席(VIP席とも) が付いている。
あー、コレはあれだね。小田急ロマンスカーだw



シャープなこの車両の他、
ノスタルジックなクラシックデザインの車両も走っているらしい。
ほんと、スイスは鉄道がバラエティに富んでいる。
乗り鉄さんなんて堪らない国でしょう。



ツアーが「3つの特急」と謳うように
ここまでの行程でベルニナ特急と氷河特急に乗りました。
これが最後の電車移動です。
ツバイジンメン駅から約2時間の乗車でモントルー駅に行きます。



すでに氷河特急8時間乗車をこなした身に2時間なんてちょろいw
ワタシはこれさえあれば何時間でもOKかも!



こちらが我らツアー民のお席。
(1等席)
先頭車両でした。
大きい窓。
天井近くもガラス張り。
まさにパノラマ仕様の車両です。



2人向い合せ席と
2人×2の4名向い合せ席
で構成されています。



先頭に8つあるVIP席からの眺め。
小田急ロマンスカーでいうところの展望席ですね。



VIP席は追加料金が必要ですが
終点モントルーまで誰も乗ってきませんでした。
なので、ツアー民で興味ある人は交代で座ってみたりして。
(そこはオトナなので皆さん長くは座りませんでしたけど)



我らの車両の後ろに連結されたこちらは2等席。
2人掛け席が並んでいます。



大きな窓で景色よく明るいのはこちらも同じ。
1等席にはある折りたたみテーブルが無いですが
ワタシとオットのように車内で飲む気満々な人はともかく
乗るだけなら別にこちらでも。
スイストラベルパスを持っていれば無料で乗れます。



ささ、ちょうどお昼だしね。
グリンデルワルトのベーカリーで買ったパンで酒盛り~



一緒のツアーの方がグリンデルワルトで買われたおにぎりを見せてくれた。
うわー
おにぎりだわ、コレ!
ツアー民が口々に「すっごく気になったけど怖くてパスしちゃいました」
うん、冒険だねw
だってCHF3.8って書いてあるよ~^^;
(この日のレートで約420円)



召し上がっての感想は
「ダメです。白米がちゃんと炊けていなくてパサパサ~。
米が悪いというよりも標高が高いので上手く炊けないのでしょう」

ああ、そのお言葉でガッテンです(笑)
「皆さんが気になっているようだったので代表して買いましたよw」
と仰るイイ人だー!



ワタシとオットは
時折やってくる車内販売さんからワインを買ってバンバン飲んでます。
MOBのプライベートワインですがちゃんと美味しい!
(MOB→モントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道)

コラ!
2万3千円も払ったのにクソまずいワインしか出さないJR東日本グランクラスは
一歩前へ出て歯をくいしばりなさい!



お値段はこんな感じ。
ワタシが飲んでいる白ワインは
一番上の20CL CHF10



ソフトドリンク類でこんな価格帯。



スナック類の販売もありましたが
お値段的にどうなのかな、といった印象。



これだったら添乗員女子さんのアドバイス通り
グリンデルワルトのお店で各自好きな物を調達して正解だったね、と
ワタシ的には思いました。



氷河特急やベルニナ特急のように
大自然の中をひたすら疾走する列車と違い
モントルーに近づくに連れ「都会」に向っているようです。



みずうみ!
大きいなあ・・・
これ、レマン湖です。



そしてこの辺りはスイスワインのぶどう生産地。



ぶどう棚がみっちり並ぶ、世界遺産のラヴォー地区。
美しいぶどう畑が広がっています。
スイスワインはどれもハズレが無いなあ。



2時間の乗車でモントルーに到着しました。
ここからバスで今日の宿泊地、フランス・シャモニーに行きます。

つづく

関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply