Welcome to my blog

滋賀

湖東三山・金剛輪寺@滋賀県湖東・湖北の旅その2

0 0
前の記事よりつづき 】

2017年11月18日(土)

レンタカーで巡っています、湖東三山。
琵琶湖の東サイドの、紅葉名所でもある天台宗の寺3カ所を
「湖東三山」と、そう呼び習わしていまして


2軒目のお寺に到着。
ひゃー
入口からしてすでに紅葉マックス
良さそうだね!と同行のオットとニンマリするワタクシ。



正面、黒門から入る。
拝観料を払う受付はまだ先なのに
すでにもう紅葉が凄いことになっている。
この参道は見ものだね



受付で600円のお支払。
印象的なこの長い参道はなだらかな坂道。
贅沢に降り注ぐ紅葉の赤。


なかなか広い境内のようで
うーん、どこから見たらいいのだろ?
「名勝庭園」
の案内板が出ていたから
引っ張られるようにそちらへ向かいます。


うはっ
これはステキな演出。
庭園は書院の向う側にあるのですが
まずは書院の襖越しに、庭の紅葉にチラ見させる、という
憎いテクをかましてくる。


額縁効果とかなんとかいうアレですね。
よく知らんけどw
書院の畳まで反射して紅い。


へたくそなりに山ほど額縁写真&床もみじならぬ、畳もみじを撮って
満足したので
いよいよ名勝庭園の方へ回り込んでみましょ


名勝庭園、かなりブラボー!
この庭、特にお名前がナイようですが
歴史は古く、桃山・江戸初期・江戸中期の3庭が連続して
これらを成しているそうです。



庭の最奥地まで進んで、
書院を振り返る。
ああ、この楓が先ほどの見事な額縁を成立させていた樹なんだね。



ちょうど見ごろで、
キミはすばらしいよ!


庭園のドンツキには池がありました。
左端の石は船に見立てているのでしょう。
裏山の斜面をうまく全体の造作に取り込んでいます。


土曜日なのに適度な見学者の数で
各人がまったりお庭鑑賞できています。
今後も
京都の名庭のように激混み寺にならないでほしいな。


「名勝庭園」を後に境内を進みます。
両サイドにお地蔵様が並ぶ参道に突入。
一体一体がもれなく風車とスタイをお持ちで
それはそれで、なんとなくホラーな感じの杉の並木道。



長い石畳の参道の先に二天門。
門には特大サイズのわらじが架けられているのが印象的。
このわらじ、地元民の手作りが奉納されたもので
奉納は、創建時の室町時代から続いているんだそうで。
わらじの隙間にぎっちり1円玉が奉納されています。
なぜか1円玉ばかり。
何かご利益があるんでしょーね。



二天門の先に本堂。
先ほど訪問した西明寺の本堂と同じく、
こちらの本堂も織田信長の焼き討ちの際
なんとか焼失を逃れた国宝。


元寇の戦勝を感謝して再建した本堂だ、とか仰る。
アラすごい、730年も時を経ているんじゃん!
信長に燃やされなくてよかったねっ



湖東三山紅葉めぐり
評判通りの見事な紅が堪能できて
しかも混み過ぎない。
「思っていた以上によかったネー」
オットと頷き合うのでした。

つづく:余呉湖の発酵オーベルジュへ

関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply