Welcome to my blog

滋賀

木之本宿は北国街道の宿場町@滋賀県長浜市

0 0
前の記事よりつづき 】

2017年11月19日(日)

徳山鮓をチェックアウト。
車で15分ほどの距離に
旧街道、北国街道の宿場町がある、というオット情報。


北国街道 木之本宿
朝、盛大に降っていた雨が止みそうです。
太陽の光も交錯し出し始めて
狐の嫁入り状態の中、宿場町に到着。



イイ感じの造り酒屋さんがあるね。
1532年創業だという山路酒造さん
すごーい!
それって、戦国時代じゃないですかっ



江戸期創業という酒蔵はお見かけしますが
戦国期まで遡れる酒蔵って、相当なレア蔵です。
北国街道がずっとずっと昔から主要道路だったということですね。



2014年のNHK大河ドラマ「黒田官兵衛」の頃は
かなり人が集まる木之本宿だったそうですが
今でもそれなりの人が旧街道散策にやって来ています。
(諸説あるものの、黒田家のルーツがこの辺り説があり)



山路酒造さんを300mほど先にも、もう一軒の酒蔵が。
こちらが「昨晩飲んだ「七本槍」の冨田酒造だよ」
と、酒ヴァカオットが申します。
こんなに徳山鮓のそばに蔵があったのね。



コチラ冨田酒造さんの歴史も驚異的。
西暦1534年創業だっていうんだもの。



蔵の前に設置された冨田家のご案内。
へ?浅井氏って浅井長政?超むかし話なんですけど
この母屋だって1744年築って、すごくね?
(お酒の質は好みじゃないけど:小声)七本槍ってすごい蔵だったんですねっ



軒下に新聞紙で包まれたナゾの物体。
「もうすぐ新酒ができあがります。あと数日。」(お店の方)
新聞紙にくるまれた物は新しい杉玉なのでした。
(青々とした新しい杉玉を新酒できました!のサインとして軒下に下げるのが酒蔵の習慣)
酒造りを480年以上も続けている冨田家の歴史に驚きました。
それが成り立つ木之本宿にも敬意を表します。



「木之本宿の人気パン屋さんに寄って行こう」 (オット)
食い物情報に抜かりないオットですw



「つるやパン」
創業1500年、とかそーいうパン屋じゃないです。
地元密着型の町のパン屋さん。
この店ならではのオリジナリティあふれるパンが人気なんだそーな。



サンドウィッチ 145円 と サラダパン 145円
フロントローに堂々押し出されたこの2点はマストで買っとけ、とオットが申します。
へえ・・・



ほんとだー
この方なんてまさかの大量買い!
そんなに食べるんかーい



と、とりえず各一個ずつ買うかな~
なんてユルイ気持ちでレジに並んでいて
ふと振り返ったら陳列台のサラダパンは売り切れていた!
たった6分の隙に蒸発しました(驚)
すげーな、つるやパン!

(店内を見ると、パンの販売だけでなく地元のコンビニ的存在でもあるようですね)



ウインドーに「1951年創業」と書かれていますから
つるやパンさんも長年愛されているんですね。
これからも西暦2400年まで続けば
山路&冨田酒造レベルも狙えますねw



実食。
わー!
原材料名に「たくわん漬」
斬新なアイデア



シンプルなコッペパンに
マヨネーズと刻んだ沢庵漬けというシンプルなアレ。
ピクルスまたはザワークラウトなんて日本では食べられていない時代に
代わりに沢庵で行っとけ、という流れでこーなったのかなあ、と妄想します。
味は、まあキライじゃないです。
「横浜市内の小学生に於けるかもめパン的存在か?」
とふるさとのパン屋さんを思い出すのでした。



尚、ふわっふわの丸いパンが気になる「サンドウィッチ」は
後で食べようと置いておいた隙にオットに食われたので味は不明(涙)
2個入りならフツー1個くれるよな (怒)



更に広範囲の散策が楽しめそうな木之本宿でしたが
今日はまだ立ち寄りたい先があるのでレンタカーで次のポイントへ。



なんか、並木道。
「メタセコイアの並木道」
琵琶湖を西側に廻り込んだ所にあります。
ほうほう、キレイじゃん!



2.5㎞に渡ってメタセコイアという樹が並木道を形成しているんだって。
雨が降り出しちゃったし
路駐できる状況じゃないので
車窓より眺める、で終了でしたけど



もっと良い条件、良い状況の時にここを通過したら
さぞや美しいドライブでしょうね。

つづく:湖東三山その3 百済寺 】

関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply