Welcome to my blog

18年スイスアルプス

51)エギーユ・ド・ミディ展望台@シャモニー・モンブラン

2 0
前の記事よりつづき 】

2018年7月16日(月)

アルプス4大名峰ってあるんですって。
ピッツベルニナ、マッターホルン、ユングフラウ
そしてモンブラン。

きっと日本の旅行会社が作った造語だろうよ、と
ひねくれモノのワタクシなどは思うわけですが
これらのうち3つの名峰を巡り終えた
我らのツアーは
ラストにモンブランが至近に拝める展望台に行くわけです。


エギーユ・ド・ミディ展望台。
この駅舎からロープウェイに乗車。
トータル20分ほどで標高3800mの世界へ連れて行ってくれます。



駅舎の中。
なんか、クラシックなゴンドラが下がっています。
「コチラは初期のロープウェイ」
とか言うんでしょうね。
ほぼ絶叫アトラクションでしょ、コレ
恐くて乗れないわ、こんな軟々なゴンドラ(汗)



21世紀の我らは安心の強靭なゴンドラ。
これにまず10分乗り・・・



うはっ
猛スピードでシャモニーの街がちっこくなっていきます


途中駅のプラント・ド・エギュイーユで乗り換え。
ここで、すでに2300mの標高。



途中駅から最終目的地のエギュ・ド・ミディを見上げる。
あーんな上の方まで行くんですかっ(赤○部分
てか、恐ろしいことに
この次に乗るロープウェイは支柱が1本も無いんですっ
ロープが張られているだけを登る約1500mの高低差(汗)



待ち時間も併せて25分ほどで頂上駅に到着。
展望台はあれこれと増築されていて展示コーナー等もあり
初見では掴みかねる構造。
迷いなく先導してくれる頼もしい添乗員女子さんに着いて行くのが賢明なようです。
「とにかくいち早くてっぺんに行きましょ」 (添乗員女子さん)



途中、ロープウェイ駅と展望台を繋ぐ
絶景の「天空の橋」なども通る訳ですが
ゆっくり撮るのは後でもできます、
まーまー、ここは早くてっぺんへ・・・
という添乗員女子さん。


エギーユ・ド・ミディ展望台の構造地図
ユングフラウヨッホもそうでしたが
レストランあり、展示コーナーや体験コーナーあり・・・で
道標はあるのだけど
初めて来ると、どこから見ていいのか
どこが一番の眺めなのか
しっかりリサーチしていないと余計なところで時間を喰ってしまいそうです。
この構造の中をサクサク先導する添乗員女子さんは頼もしい。




尖った岩山にへばりつくように構築された
金属製の回廊が前方に見えます。
よくこんなモノをこの場所に造ったわね



途中のテラスから。
標高3800m越えの雪山をトレッキングをしている人たち。
うわ~
やってみたい!
後方にそびえる、するどく尖った山
あれ、たぶんグランドジョラス(4208m)です。
斜度が厳しくて雪がちょとしか着いていないよ。

これらの写真はあまり立ち止まることなく撮っています


道なりに歩いて行くと、
エギーユ・ド・ミディ展望台頂上テラス行きエレベーターに辿り着きます。
これを昇り切ればてっぺんです。
山の中をくり抜いて造ったんだね
すごいスピードでぐい~んと上昇。



エレベータを降りた先は
空気が違っていました。
いっそうひんやり。
そして我らのようなお気楽観光客だけでなく
彼のような本格的にモンブラン山群を歩こう、という人がいたりします。



山頂テラスからの眺め
すばらしい!
ニードルのような山々が朝の光を浴びて神々しいわっ



グランドジョラスは目立つなあ。
中央の山群、一番左の大きな山です。



モンブランがすぐ目の前にあるよ!
・・・などと感動して写していたら
添乗員女子さん「今なら空いてます!コチラです」

はて?


テラスに整列用のロープが張り巡らされています。
行列はまだできていないのですが
やがてこのロープ満タンになるほど人が並ぶのでしょう。
建物内を覗いてみると数人の人が列を作っています。
わ、床も壁もガラス張りだよ~スゴイね!
添乗員女子さんに促されるまま並びました。



「この先で記念写真を撮ってくれます。
ご興味ある方、並ばれてはいかがですか?」
(添乗員女子さん)
先頭はこにゃくう夫婦、
やがて遅れてやってきた我らツアー民13名もサクサク並びました。
ほとんどのツアー民がこの先に何があるか
よく分かっていないまま並んでいたと思います。


あ~あ!
こにゃくう、思い出しました
旅行前リサーチでエギーユ・ド・ミディを検索した時
ガラス張りのコーナーで天空写真が撮れる、ってあったなあ。
でも大人気で30~40分は待つ、ってことだったから
「どうせツアーだし、そんな時間もなかろう」
と、忘れていたのでした。



(順番を待ちながらロープウェイ駅舎を見下ろす)

添乗員女子さんは優秀だから
「今辿り着けば、それほど待たずに撮影できる!」と踏んで
我らに
「とにかくてっぺんに先に行きましょう」
と促してくれていたのですね。
天才かよ。

地上発のロープウェイは我らは8:15の便を予約してもらっています。
これくらい早く行動開始しないと
ロープウェイで並び、
頂上行きエレベーターでも30分並び
撮影にも30分並び
やがで展望テラスは人でいっぱい・・・

という事態になると想像します。
ハイシーズンのエギーユ・ド・ミディでは
並びたくなかったら早起きが良いと思います。



英語で STEP INTO THE VOID
(空中への一歩)
というコーナーだったのでした。


システムはこうです。
順番が近づいたら手荷物は棚に預けます。
カメラ、スマホは直前まで持って写していてもOK。
ですが、撮影コーナーへ持って行くことはできません。
自分の撮影機器をスタッフさんに渡して写してもらいます。



ガラス保護の為でしょう、
靴のまま、重ねてもっさりしたスリッパを履きます。
スリッパ担当のスタッフさんは
マジックハンドのよーな長いフックを器用に操ります。
スリッパを直に触ることなく、屈むことなく
ホイホイと次の人の足元にスリッパを添える。
素早いw



うほっ
10分少々の待ちで順番が来ました~
ドキドキ・・・


撮影担当者さんはもっと凄腕!
世界中の人間が
まったく異なる撮影機器を次々と手渡してくるのに
何の躊躇もなくサクサク操作する。
「え~と、シャッターどこ?」
とかナイのだ。



ひと組当たり15枚も撮ってくれるのに
所要時間はごくわずか。
構図、角度、狙いどころは完璧。
すごいよ、この人!



満足&感動してテラスへ出ました。
建物の左手を回り込むと
ガラス箱の様子が見えます。
どの人も笑顔で楽しそう。
これが無料なんですから、逃しちゃいけないね。

ワタクシとオットもすっごくバエる画像を撮ってもらったのだけど
ここでお披露目できないのが残念だw
(この施設、2014年冬にオープンしました)



改めて、
エギーユ・ド・ミディからの眺望を
ゆっくり楽しみましょ。



右のドーム状がモンブラン。


案内板と対比すると分かり易いね


「マッターホルンが見えますよっ」 
添乗員女子さんが見つけてくれました。
肉眼では見えたのですが
画像にすると写りませんね~(涙)



薄ぼんやりした三角お山がマッターホルン。
ツェルマットやゴルナーグラートで見た姿とは
山の傾きが逆を向いています。
(反対側から見ているから)
やあ、再会できたねマッター君。



下りロープウェイの時間まで景色を堪能。
いろんな方向が見れるように
テラスが張り巡らされています。



エギーユ・ド・ミディは欲張り設計。
ここから3連のキャビンでイタリア側へも移動できちゃう。
イタリアにあるエルブロンネ展望台に繋がっています。


(シャモニーモンブラン観光局HPより)
我らのツアーも、本当は今日コレに乗ってイタリアに行く予定でした。
でも、2018年1月の嵐によって損害が出てしまい
2018年は休業になってしまいました。
2019年夏には再開されると良いですね。



見事なお山にガンガン手を加えて
アトラクション化されているから
俗っぽい、って言ったらユングフラウヨッホ並みに俗っぽい展望台なんですけどね



見える景色が圧倒的な素晴らしさだから
景色に感動しているうちに
俗っぽさが気にならなくなりました。



でもね、エギーユ・ド・ミディには
彼のような楽しみ方をしている人も多くて
すごいなあ、真逆な楽しみ方だなあ、と感心です。



どこを目指しているんだろーな?
ご無事でね~


あまり期待しないで行ったのですけど
エギーユ・ド・ミディ、よかった!
印象深いです。

【 つづく:メール・ド・グラス氷河へ 】

関連記事

2 Comments

There are no comments yet.
No title

キヨちゃん  

2019-04-10 20:29

わ~すごい!!
慣れた添乗員さんがついていると安心ですね。
ばえる写真見たかったです(☆▽☆)
それにしても天気に恵まれてますね~。うらやま( ;∀;)♡

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2019-04-11 11:25

> キヨちゃんさん
たいへん優秀な添乗員さんで満足度が高かったです。
バエる画像を載せようかと試みましたが身バレするわコレ、だったので諦めました~ザンネン。
最後の観光日までずっと晴天で恵まれました。
スイスの7月訪問はおススメの季節です。

EDIT  REPLY    

Leave a reply