Welcome to my blog

19年クロアチア・スロベニア

15)オパティアの海岸散歩@クロアチア

2 0
【 前の記事よりつづき 】
2019年4月30日(火)

オパティアのホテル、ミレニジにチェックイン。

オパティア海岸散歩
ホテルから見える景色が美しいので
夕食前にお散歩しよう!

オパティア海岸散歩
我らのホテル、ミレニジのカフェ。
皆さま、お茶など召し上がって
優雅に過ごされています。

オパティア海岸散歩
このオパティアの様子が
なんとなーくおしゃれに感じるのは
もともとオーストリア貴族たちの避暑地として
発展した町、という経緯からかもしれません。
なんですかね、
日本で言ったら軽井沢ですか?


オパティア海岸散歩
クヴァルネル湾に沿って
プロムナードが整備されています。
夕暮れ時のそぞろ歩きを楽しむヒト多し。
気分だけでも19世紀貴族でねw

人工のビーチなども造られています。
でも、まだまだ海水は冷たい4月です。
泳ぐ人は・・・・

オパティア海岸散歩
いた!
(驚)
どーした、おぢちゃんww


オパティア海岸散歩
プロムナードを彩るように
所々にブロンズ像が置かれている。
その中でも一番人気は
この「少女とかもめ」の像。
やや突き出た岩場に
見る人から背を向けて立つ姿がシュッとしているね。

オパティア海岸散歩
貴族様たちは
避暑に来てお散歩して・・・
それからナニしたんでしょーね?
ワタシ、3日で飽きそうですケド(笑)
庶民なので
時間の使い方がわかりません^^;

オパティア海岸散歩
なんか、でっかくて黄色い建物。
元貴族さま御用達のホテルですよ、きっと。
HOTEL KVARNER
(ホテル・クヴァルネル)
1884年創業開始。
オパティア最初のホテルだそうで。

オパティア海岸散歩
なんか・・・
旧ソ連のニオイがする建物。
やたらデカいし。
「確かに、クリーム色でこの手のデザインの建築物はロシアに多い」
とはムスメ談。
不思議な色で塗るもんだなあ。


オパティア海岸散歩
「そこの日本人よ。素通りかえ?」
第1町猫発見。
散歩の人が絶えず通過するポケットパークの塀から
道行くヒトにオーラを放つ猫さま。
「私をお撫でなさい」 
淋しがり屋な猫さまです。

オパティア海岸散歩
無抵抗でムスメにナデナデされる。
のら猫の鏡です。
非常に温厚なよい子。

オパティア海岸散歩
オパティアは優雅で
ハイソサエティなカホリのする町でした。
【 つづく:さて夕食よ 】


★★★★★ Amadria Park Hotel Milenij, オパティヤ, クロアチア

Hotel Milenijはトレンディなオパティヤ中心部に位置し、ルンゴマーレ遊歩道沿いのシーフロントの豪華な5つ星ホテルです。広さ650m²のRoyalスパ・ウェルネスセンター、レストラン2軒、ピアノ演奏が楽しめるロビーバーを併設しています。館内全域での無料Wi-Fiを利用できます。...

関連記事
海外旅行クロアチアオパティア

2 Comments

There are no comments yet.
良い旅やなぁ

terubon  

2019-07-23 09:38

素晴らしい景色ですね。周りが観光客だらけでないのも嬉しいですね。
ツァー旅行でなく、ご家族での個人旅行の様ですね。
此方での言葉は何ですか? 又、綺麗な写真を楽しみにしていますよ。
良いお旅を・・・

EDIT  REPLY    
こにゃくう
To terubonさん

こにゃくう  

2019-07-23 17:34

静かな海沿いで、洗練されたムードが好印象な町でした。
いえいえ、ツアーです。
例の平成→令和の10連休ですのでツアーに乗っかって
家族3人の旅です。

>此方での言葉は何ですか?

クロアチア語が公用語です。
でも、観光業や接客業の方だけでなく
町の方々も難なく英語で応対してくれるので
驚くとともにありがたかったです。

EDIT  REPLY    

Leave a reply