Welcome to my blog

京都

5)昭恋館よ志のや/朝食編@ブランドずわい蟹を食べる旅

2 0
 前の記事よりつづき 】

2018年1月21日(日)

人体の限界までブランドずわい、間人を食べた翌朝。

よ志のや/朝食
満腹だったはずの胃袋も
朝を迎えるとリセットされているという
これまた人体の不思議w

よ志のや/朝食
昨晩の夕食時に
間人とのバトルを繰り広げたのと同じ個室。
朝食が用意されていました

よ志のや/朝食
夕食時は真っ暗で何も見えませんでしたが
朝ごはんをいただきながら
海が遠望できます。
別途、中央のダイニングテーブル席もあるので
朝もこの個室でよかったわあ。

よ志のや/朝食
さて、お料理。
最初からテーブルに用意されていたのは
右:烏賊のお刺身
左:葡萄の寒天寄せ
「なんで朝イチで羊羹?」
と思ったら違ったw

朝ひとくちの葡萄ジュースのような
目が覚める酸味がオイシイ。
掴みはオッケー。

よ志のや/朝食
その他の小鉢を啄ばみます
「ローストビーフ」
「湯豆腐」
やがて
炭火を熾した七輪がやってきて
お魚ひものを卓上で焼き上げる、という
趣向です。


よ志のや/朝食
鰈の干物ですか?
と、お宿の女性に伺ったら
「他所では宗八かれいと呼ばれている物です。
丹後半島ではこれを’エテがれい’と申します」
と。
併せて、丹後といえばコレ!の
鯖のへしこ

よ志のや/朝食
エテかれい、めちゃくちゃ美味しいですっ
程よい塩分、水分が残っている軽めの干し方
身がほっこり、皮はパリッ
自分で炙るのでベストタイミングで食べられました。


よ志のや/朝食
ガッツリ漬け込んで固めのへしこよりも
ジューシーで生っぽさが残るへしこの方が好きなので
こちらの宿のへしこはドストライクです。
なにより、
炊きたての白米がもちもちでおいしい!
(丹後産コシヒカリだそうです)


よ志のや/朝食
後出しで焼きたて出し巻も。
出汁の丁寧なおいしさに
「このお宿の料理のテクニックは確固たるもの」
とお見受けしました。

昨晩はひたすらにずわいを食べて終了だったので
厨房のテクニックなど実感する局面も無く(涙)

よ志のや/朝食
強靭な胃袋のお方はさておき
づくし」でまみれになるよりも
間人も織り交ぜたお食事がいただける
温泉つき料理旅館として訪問する方が
よ志のやさんの滞在としては正しいかもよ。

よ志のや/朝食
間人温泉 昭恋館 よ志のやさんをチェックアウト
少々丹後半島をドライブして帰りましょう

 つづく 】


<自分の為の記憶メモ>

花つばきコース宿泊 63720×3 =191160 (税込)
ビール・日本酒その他 8524  (税込)
入湯税 450


関連記事
国内旅行京都

2 Comments

There are no comments yet.
朝食

Janedoe1471  

2019-09-11 19:56

そうそう、和風の旅館のレベルって、朝食のよしあしで、出ますよね~
なんて、知ったようなことを言いますが、「すげー」というような和の朝食を出す旅館には、人生で一度しか泊まったことがなく以下略

EDIT  REPLY    
こにゃくう
To Janedoe1471さん

こにゃくう  

2019-09-12 07:38

仰る通り、旅館の朝食クオリティって
要チェック項目ですよね!
夕食は充実しているのに朝食はしょぼい、って
よくあるんですもの~

「朝から一杯飲みたくなる朝ごはん」
がMy評価基準ですっ

EDIT  REPLY    

Leave a reply