Welcome to my blog

長野の温泉

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)

4 0
前の記事より続き 】
2018年5月13日(日)
中房温泉は源泉の数が29本と日本一で、そのすべてが敷地内からの自然湧出。宿泊すると14ヵ所ものお風呂に入れます。
さらに、90度以上の高温を冷ますのに加水はしていない、とHPにあります。この情報だけでも、温泉好きな方なら驚いていただけると思う。
P5310001.jpg
チェックイン時に敷地内の全お風呂をガイドした地図を頂きます。一見しただけではどの湯がナニなのか、位置関係もまったく頭に入って来ません。入浴可能時間、女性専用時間も細かく指定されているのでこの地図が頼り。携帯して風呂めぐりをしているうちに広大な中房温泉の全容が見えてきます。併せて、この地図が優れモノであることも分かるという仕組み。(滞在中ずっと携帯していた地図なのでボロボロ)

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
14ヵ所の風呂のうち、まずは「本館」の湯へ。「本館」は我々が宿泊の「別館」に隣接して在ります。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
中房温泉の歴史はこちら「本館」からのスタートなのでしょう。渋さはウルトラ級です。このシューズボックスは現役なのだと思うのだけど、凄いな。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
本館は、燕岳登山の前泊として宿泊する人が多いそうです。登山者は早朝に出発するのが通常。朝食すら宿では摂りませんから、これで十分なのでしょう。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
「いや、ワタシはたとえ登山でもここでは嫌だ」とか言いつつ進んでいくと、リニューアルされたキレイなエリアに進入です。中房温泉自慢の湯のひとつ「不老泉」がこの先。

1)不老泉
中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
ステキなヒノキのお風呂です。光度を落とした照明がお湯を神秘的に見せています。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
正面から自然光を取り込む、というデザインも雰囲気を良くしているなあと感心です。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
惜しいことに、不老泉は混浴。脱衣所もこのシースルー感w 女性専用時間が設けられていますが19時~22時。その時間では正面の自然光は差し込まないしなあ。ここは男性優先の湯です。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
この時はワタシとオットだけだったのがラッキーでしたが、ゆっくり浸かれる湯に行きたいなあ。不老泉にオットを置いてワタシは次の湯に行くわ。混浴だけど、趣ある構造の湯なので女性も一回は入浴するべき!と思う。イチ押しです。

2)大湯
中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
渋めの本館内は迷路のよう。壁の掲示を頼りに次の「大湯」へやってきました。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
大湯は安心の男女別。リニューアル工事がされたようで入口の扉、脱衣所などもきれいです。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
石造りの露天風呂、気持ちいい!周囲が自然林なのも快適。誰も来ないのでゆっくりできます。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
「大湯」は不思議な構造をしていて、なぜか下階がある。下ってみよう・・・

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
下階は内湯になっていました。これまた今日はまだ誰も入っていないようで、真っ新、きれいなお湯が満々と湛えられています。フツーに見たらハイレベルな浴槽なのに、中房温泉にいると段々と湯のハードルが上がっていくようですwちょこっと「味見」程度に浸かって、次行こう、次!

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
「大湯」は皆さんの優先順位が低そうなので独占の可能性が高いのがポイントだと思います。が、マストで押さえておくまでの湯ではないと思います。余裕があればどうぞ。(↑画像はオット撮影の男性用「大湯」の内湯。男女対照に造られているようです)

3)御座の湯
中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
渋めレトロな本館での最後は「御座の湯」。謂れが掲示されていますね。お殿様ご愛用の湯だったのね。明治期の日本に、スポーツと娯楽としての登山を持ち込んだ英国人ウェストンも御座の湯体験者のひとりだそうです。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
これイイ!こーいう湯小屋っぽい浴室って大好きです。じ~っと一人で浸かっていると時が止まったかのようです。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
秋田の鶴の湯温泉もこんな感じで落ち着く内湯だったなあ。熱めの湯加減と木のぬくもり。薄暗い明りの効果で気分がシフトダウンするのを実感するのです。
(この画像はオット撮影男性用風呂。男女ほぼ同規模、同デザインのようです)

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
御座の湯の脱衣所は手を入れてありやや新しいにもかかわらず、浴室はレトロ感を大事に残してあるところが好ポイントでした。リピしたかった湯ですが一回限りになってしまったのが心残り。

4)滝の湯
ここで一旦外へ出て、貸し切り露天風呂を味わってみよう。「滝の湯」です。
中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
木造の湯小屋。一棟が半分に仕切られて、2つの貸し切り露天風呂が設えられています。
利用希望者はフロントで鍵を借りるシステム。そして利用時間は20分を目安に、と掲示されていました。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
いい雰囲気の露天風呂!2名までならゆったり入れそう。眺望があるわけではないですがお籠り感があっていいよ。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
フリーで入れる貸し切り露天風呂。競争率高いのかなあ、と思ったのですがそうでもない模様。入るべき湯がたくさんあるので、自ずと宿泊客は分散するのかもしれません。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
次は自分たちの客室がある「別館」の風呂を巡ろうと思います。

5)家族風呂
中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
別館内を行きかう宿泊客の多くがスルーしているかも、家族風呂2ヵ所。存在感がナイw

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
桧の浴槽に源泉が淵いっぱいまで満たされているのですから、贅沢な家族風呂です。が、いかんせんリラックス度は他の湯には敵いません。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
でも、赤ちゃんがいる家族だったらこーいう温泉浴室が自由に使えるのってありがたいと思います。何か事情がない限り優先順位は低いかもね、家族風呂。

6)岩風呂
中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
通常は混浴ですが15時~19時だけは女性専用タイムなので、夕食前の今こそが「岩風呂」チャンスです。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
をを~、開放感!巨大な浴槽に溢れる源泉!設えや植栽もリラックスできて好みです!

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
中央に岩の塊があり、その飛沫をぼんやりと眺めているだけで時を忘れて浸かってしまいます。
気に入ったので、混浴時間にもリピートで入っちゃったほど。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
それでも、女性にも男性にも誰とも遭遇せず。独り占めの贅沢な岩風呂タイムでした。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
「岩風呂」にはシャワー栓付きの洗い場があります。(無いお風呂もあるから)中房温泉14湯のうち、こにゃくうイチ押しのお風呂のひとつは岩風呂ですね。

ここまでがチェックイン日の入浴で、以後は翌朝の全力風呂めぐりです。
中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
早朝散歩を兼ねて、敷地内に点在する露天風呂を中心に巡ります。早朝も早朝。この時AM4:56
これから巡る湯はすべて混浴なので、他人様との遭遇を避けて日の出と同時にスタートです。

7)綿の湯(足湯)
50)スルジ山からドブロヴニクは絶景の極み@ドブロヴニク/クロアチア
最初に遭遇したのは足湯の「綿の湯」。左右で「女」「男」に分かれているのはシャレでしょーかねw

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
中房温泉14湯の中に、この「足湯」も含まれていますのよ。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
足湯のそばに、ゆで卵が作れるという源泉の湯だまりが。温泉卵は当然ながら、固ゆでたまごも出来ちゃうとは!80度オーバーの源泉だからできる技。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
ここで卵をお好みの固さに茹でて、足湯に浸かりながらいただきまーす!したら快適かも~。生卵はフロントで買うことができます。

8)蒸し風呂
足湯エリアにはこんな「風呂」も。
中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
『中房式温泉サウナ』とHPで紹介されています。『温泉の蒸気を吸うことで身体の内と外から温め』る点が『普通のサウナと大違いです』とのこと。お宿イチ押しの蒸し風呂のようです。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
ワタクシ閉所恐怖症でサウナが苦手なので覗いて終了でしたが。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
整備された敷地内。道標と手元の温泉マップを見比べながら次の温泉めざしてお散歩継続・・・

9)月見の湯
長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(1)
ひとめ見て「わー!」o(^▽^)oってなる素敵なお風呂が目に飛び込んできました。
混浴露天風呂「月見の湯」です。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
前方にお宿の建物があって、人が居たら確実に丸見えなのですけどw雨戸が固く閉ざされている様なので、まっ、いっかな、と気にせず入りました^^;

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
名前の通り、月夜の晩に入りに来るとまた良いかもしれないね。尚、画像のとおり脱衣所に男女の区別なく、目隠しも皆無。女性にとって混浴偏差値の高さは75越えの月見の湯。

10)温泉大プール
中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
温泉を溜めてプールができる湯量って、さすがの中房温泉です。特に「水着着用」等のアナウンスもない様子なので、マッパで入浴…というか水泳も可なのかもしれないよ?

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
6月~10月限定のプールなので只今は休止中でした。このプールは「登録文化財」である、と文化庁のデータベース が言います。大正12年築のプールだというのが驚き!

11)ねっこ風呂
中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
この辺りはやや高い斜面です。より眺めの良い場所に建物がありました。物置小屋・・・じゃないですね「ねっこ風呂」です。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
ちょうどお一人様がちゃぷんと浸かれるサイズの、欅の根をくりぬいたお風呂です。かわいい!

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
オットと交代で5分ほど入浴です。葦簀でカバーされているのが安心ではあるけれど、眺めの良い場所なゆえに残念でもありますね。入浴中は葦簀を巻き上げてしまうのもいいかも。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
注入湯量も申し分なく、鮮度を気にせずに入れました。こにゃくうおススメ風呂のひとつです。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
ねっこ風呂からの風景。紅葉の時、新緑の時季。美しいのだろうなあ。ちな、プール東屋の先の建物が、ワタクシどもが宿泊している「別館 竹」です。客室に温泉が付いていて、浸かりながらここ「ねっこ風呂」方面が臨めましたから。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
朝霧と雪を被ったお山。北アルプスのお山かなあ。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
道祖神がおられる。恵まれた周囲の環境と温泉を楽しむ朝の散歩。まだつづくんですけどねw

12)地熱浴場
これも中房温泉さんの自慢の湯?というか寝転んで地熱を全身で受け止める施設です。中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
秋田の玉川温泉など地熱利用の浴場は他所にもありますが、屋根が付いていないのが中房温泉のスタイルですね。「星空を堪能できる」って魅力的。半面、昨晩のように雨が降ってしまうとこの通り。簀の子が濡れてしまって寝転ぶのに抵抗あるわ。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
しっとりしたゴザもちょっとアレだったので、寝転ぶことなくスルーでした。次いきましょ、次…

13)菩薩の湯
中房温泉の14湯の中でも離れた場所にあるお風呂に向かいます。
中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
宿泊棟群を離れ、正面玄関から徒歩5分ほど。右手に見える湯けむりは日帰り立ち寄り湯専用の「湯原の湯」です。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
まーまーな森の中を進みます。「菩薩の湯」入浴時間の縛りはタイトで、夕方は17時まで。朝も5時にならないと入浴できません。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
目隠しの葦簀の向こうに浴槽がチラ見え。「もう誰か入っちゃっているかなあ?」「そろそろ6時になるものね」独占出来たらうれしいのだけど・・・

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
ラッキーなことに先客ナシ。樹々の中、野湯を思わせる露天風呂の「菩薩の湯」です。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
二人占めでは申し訳ない広さがありました。静寂の中、贅沢な湯あみです。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
菩薩の湯」のネーミングにも謂れがあって、画像右手に立っている仏像に因んでいました。『菩薩の湯の浴槽を造った際、湯元の土の中から出てきた』のだそうです。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
フロントからやや離れている森の中です。勝手に入っちゃう人がいるかもしれないし、管理が大変そう。我らが入っている時もちゃんとお宿の方が「お湯加減いかがでしょう?」とチェックにいらっしゃいました。もしかしたら人感センサー等があるのかもしれません。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
これだけ巡ってもまだ入れていない湯があるのですが、朝食の時間も近いのでお宿に戻りましょう。

14)大浴場
最後の入浴は別館の「大浴場
中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
基本、混浴です。21時~翌8時が女性専用時間なので、朝食前の今こそ入る時!

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
洗面台があって、ドライヤーがあって。全体的に湯治場テイストの中房温泉に於いてはキレイ且つ使いやすい脱衣所。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
内湯ではあるけど広々した浴室でイイ感じですねっ。大浴場というまでの広さはいささか無いように思うのですが~

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7
大木をくり貫いた吐露口が男女を分ける境界線なのでしょうけど、これではライト過ぎて全く機能していない。やっぱり女性専用時間に入るべきですね。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
昨晩入浴したオットは気に入ったご様子で「大浴場ヨカッタなあ。ぜったい入った方がいいよ」とプッシュしていたのも納得です。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
誰も入ってこなかったので、窓全開にして露天気分。朝の風が入り込むのが気持ちよく。

中房温泉、全力の湯めぐり@長野県/伊那谷ジビエ宿&中房温泉の旅(7)
1泊の滞在で10ヶ所の湯に入浴できました。足湯と自室に併設の温泉を含めたら12湯です。がんばったわ、ワタクシ&オット。これでも入れていない湯があるのが凄いぞ中房温泉。
各源泉の個性が似ているので違いが分かり難い事態でしたけど、フレッシュで高品質の名湯と言えるでしょう。無類の温泉好き様におススメの宿です!
つづく:中房温泉食事編 】

中房温泉 【 口コミ・宿泊予約 】- トリップアドバイザー

中房温泉 に関する旅行者からの口コミ、写真、地図をトリップアドバイザーでチェック!旅行会社の価格を一括比較してお得に予約をすることができます。中房温泉 は、安曇野市で4番目に人気の宿泊施設です。

関連記事
国内旅行温泉長野

4 Comments

There are no comments yet.
ハードル高い!

ふわり  

2020-06-05 16:45

混浴ですと~!!!ハードル高い~
どんなに早朝でも、誰か来そうでそわそわして浸かってられないわ~
オットさんが盾になってくれるから大丈夫なんでしょうか?バスタオルは湯船のすぐそばに待機?
なぜか、こういう度胸だけはまったくナシです。
特にあのプール、泳いだりなんてしたら、自分でもきっと笑っちゃうでしょうね。
楽しすぎです~

EDIT  REPLY    
中房温泉

terubon  

2020-06-05 16:59

今年の秋もコロナが退散したら『又、行こかぁ…』と声が出ています。
同好のおばさん二人は、宿で借りたグリーンのタオルでちょいと隠し、
堂々と入ってきて合掌でしたよ。少し離れた所には台湾から来た
若いカップルが・・。

それにしてもたくさんのお湯にすべて入りましたか?

EDIT  REPLY    
こにゃくう
To ふわりさん

こにゃくう  

2020-06-05 17:25

多くが混浴なので、そーいうワイルドな秘湯系に慣れていない人には向かない温泉です!
ふわりさんは行かない方がイイ(笑)部屋も「別館」以外は山小屋レベルなので要注意なんです。

ワタシ、割と混浴に抵抗ない部類に入るのだと思います。
日本と米国で相当数の混浴に入って来ました。
最近は、温泉マニアじゃなくて、違う思惑で混浴に来る輩が増殖した気がしています。
そんな訳で昔ほど無邪気に入れなくなってしまいましたが。オットは盾になどなってくれません(笑)
プールは、底がヌルヌルっぽかったですよ。シーズンに入ったら掃除されるのかな、と思いますが。
なにしろ大正12年のプールですからね。マッパで泳いだら犯罪レベルかしらねww

EDIT  REPLY    
こにゃくう
To terubonさん

こにゃくう  

2020-06-05 17:32

秋の紅葉シーズンの中房温泉は素晴らしいだろうな、と思います!
秋に、行けるといいですねー
そしたらブログでお写真をみせてくださいね。
terubonさんがお気に召した白滝の湯に入れなかったのが心残りです。

EDIT  REPLY    

Leave a reply