Welcome to my blog

東京のうまいもん

富山はま作/東京日本橋とやま館@白えびづくしディナーコース

2 0
2020年6月某日
白えび。富山湾の宝石とか。日本ではほぼ富山湾の漁場でしか獲れないので希少なローカルフードです。
富山はま作/東京日本橋とやま館@白えびづくしディナーコース
良質な白えびを食べたくなった時、都内ならばココに来ます。日本橋たもとにある富山県アンテナショップ、とやま館。

富山はま作/東京日本橋とやま館@白えびづくしディナーコース
ショップエリアの奥にある、富山食材に特化した和食レストラン「富山 はま作

富山はま作/東京日本橋とやま館@白えびづくしディナーコース
はま作さんでは、6月中旬から9月中旬限定で「白えびづくしディナーコース」(税込9800円)が食べられます。お電話で確認したところ「今年も始めました」と仰るので、即予約です。

富山はま作/東京日本橋とやま館@白えびづくしディナーコース
先附:白えび珍味三種
はま作で白えびづくしをいただくのは、2年ぶり。(過去訪問記事)毎年とは言わないけど、各年ペースで食べたくなるんだなあ。

富山はま作/東京日本橋とやま館@白えびづくしディナーコース
3種のうち、左は白麹和え、右は醤油麹。やや甘い醤油が富山醤油のデフォなのかもね。

富山はま作/東京日本橋とやま館@白えびづくしディナーコース
3つのうち、もっとも気に入ったのが中央の「昆布〆白えび」です。昆布そのものの味が濃厚だし、白えびはねっとり食感。富山市は昆布の消費量が日本一なんですって。日々の食生活に昆布がメチャ食い込んでいるのを富山旅行の時に実感しましたよ。

富山はま作/東京日本橋とやま館@白えびづくしディナーコース
富山の前菜盛り:白えび唐揚げ、ばい貝、蛍烏賊沖漬け、べっこう寄せ、氷見牛ローストビーフ

富山はま作/東京日本橋とやま館@白えびづくしディナーコース
今年、2020年は豊漁だった蛍烏賊。さすがの大サイズで美味しい!

富山はま作/東京日本橋とやま館@白えびづくしディナーコース
左の「べっこう」は溶き卵を寒天で固めた、富山のローカルフード。シンプルな料理だからこそ、出汁のおいしさが決め手。
右は白えびの唐揚げ。前回食べたときに「冷めている」と不満を漏らしたが、この料理は冷めているのがデフォのようです。遅まきながら再訪して理解しました。

富山はま作/東京日本橋とやま館@白えびづくしディナーコース
白えび、特に生の白えびにビールは合わない気がするので日本酒へ。
富山の日本酒がメニューに並んでいます。盃は酒を変えるごとにチェンジさせてくれて、富山らしく錫製を選んだり、美しいガラス製をチョイスしたり。これも楽しいわ。

富山はま作/東京日本橋とやま館@白えびづくしディナーコース
白えび団子いりお吸い物。前回、強烈な出汁の濃さと味わいに大感動した椀物です。今回の出汁の塩梅は、まあフツウに美味しいレベル。白えびが固まったお団子は当然美味しかったですが。時によりそういった誤差はあるのでしょう。

富山はま作/東京日本橋とやま館@白えびづくしディナーコース
刺身。ハタ、鰆の炙り、ばい貝、そして鯛の昆布〆。お造りのメンツに白身魚の昆布〆があると富山感がでます。

富山はま作/東京日本橋とやま館@白えびづくしディナーコース
お造りの主役はコチラかな。白えびのお刺身。

富山はま作/東京日本橋とやま館@白えびづくしディナーコース
ちっこい白えびを丁寧に剥いてあって、実に美味しい。味が濃厚。しあわせだ!一度、殻付きの白えびを購入して自分で剥いたことがあるのだけど、大変な作業でした(涙)以後、白えび刺身は店で食べさせていただく物と自分の中で決まりました。

富山はま作/東京日本橋とやま館@白えびづくしディナーコース
白えび南蛮漬けサラダ。マリネした白えびの唐揚げがトッピング。その味わいがサラダのアクセントになります。白えびは生はもちろん、油との親和性も高いと思います。

富山はま作/東京日本橋とやま館@白えびづくしディナーコース
白えびと夏野菜の天ぷら。

富山はま作/東京日本橋とやま館@白えびづくしディナーコース
コースはおしまいに近づいたようです。白えび小握りが1貫。たった1貫ですから、味わっていただきます!

富山はま作/東京日本橋とやま館@白えびづくしディナーコース
白えびそうめん:出汁を白えびでとった麺つゆで食べる素麺。はま作さんのパンフに「白えび素麺=白えび料理始まりの郷土料理」と書いてあります。今では、白えびバーガー、白えびラーメン・・・とたくさんのアレンジがある白えび料理ですが、当初は出汁として使われる海老だったのでしょう。白えびが「発見」されたのは明治期だそうですから。

富山はま作/東京日本橋とやま館@白えびづくしディナーコース
出汁を採った後の白えびや椎茸も麺つゆの中にいて、具材として食べてオイシイよ。

富山はま作/東京日本橋とやま館@白えびづくしディナーコース
甘味:氷見鳩麦茶ミルク寄せでコース終了。
富山で食べたらも~っとフレッシュな白えびにも遭遇できるのかもしれません。が、新型コロナでTo Goできない今、クオリティ高いコースで提供してくれる富山はま作は都内ではありがたいお店です。

<自分の為の記録メモ>
白えびづくしコース9800円×2 生ビール750円×2 日本酒(煌火、玉旭、黒部峡、琳赤)980円×8 合計28940円(税込み。サービス料ナシなのが嬉しいはま作さん)

富山 はま作 (三越前/割烹・小料理)

★★★☆☆3.45 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999

関連記事
都内レストラン日本酒にこだわる和食

2 Comments

There are no comments yet.

mako  

2020-07-30 23:33

お久です。

美味しそうなエビちゃんですね。

日本酒がすすみそう。。。。

今年はコロナで、何処にも行けてません。

ワクチンが一日もはやくできますようにと、祈る毎日です。

EDIT  REPLY    
こにゃくう
To makoさん

こにゃくう  

2020-08-01 07:20

温泉に行くのもままなりませんね。
お仕事柄、感染には気を遣っておられることでしょう。
どうぞご無事で。
ところでmakoさんはYahooからどこのブログに引っ越しされたのでしょうか?
新居のブログがありましたら教えていただけませんか?

EDIT  REPLY    

Leave a reply