Welcome to my blog

九州のうまいもん

草庵 鍋島/酒蔵オーベルジュの夕食@佐賀県/鹿島市

2 0
前の記事より続き】
2021年6月4日(金)
銘酒「鍋島」でファンが多い佐賀県鹿島市の日本酒蔵、富久千代酒造さん。
草庵 鍋島/日本酒オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
2021年春に、鍋島と和食を楽しめるオーベルジュを開業されました。御宿 富久千代公式HP

草庵 鍋島/日本酒オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
すでに予約が取り難くなっていますが、1泊ゲット。今夜は築200年の古民家に泊まって、鍋島三昧の和食ディナーをいただきます。

草庵 鍋島/日本酒オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
見事な一枚板のカウンターです。おっしゃれっ。これが築200年の古民家を修復した空間とはね。「アフリカ産のビブンガという木です」(スタッフさん)尚、レストランだけ利用も可能なので、今夜は我らの他、ディナーのみの方もご同席。定員は6名です。食事のみの場合22000円(税込)~

草庵 鍋島/日本酒オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
食前酒、望月みかんと鹿島産甘夏をブレンドした柑橘ジュース。器は柿右衛門だっ

草庵 鍋島/日本酒オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
ドリンクメニュー。これ以外にもワイン等の対応も可能でしょう。我らは鍋島おまかせ2合目安でお願いします。

草庵 鍋島/日本酒オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
いつもならば好き勝手に飲みたいのでペアリングは避けるのですが、ここなら何があっても鍋島が出てくるのだし、今夜は蔵元さんがお酒のサーブをしてくださるというのだから。いろいろお話を伺うチャンスです。

草庵 鍋島/日本酒オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
蔵元さんはいつもいらっしゃるわけではないと思うのですが、今晩は幸運。
画像は、唐津産あわび(蒸し)オクラと枝豆ジュレ。うーん、初夏だね。

草庵 鍋島/日本酒オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
鮑の肝の裏ごしと有明海海苔のソースが添えられ「鮑をディップしても、まるごとかけてしまっても」という趣向。鮑が分厚いカットで気前イイです。一番海苔を使った肝ソースは鮑つける用途無視で直に食べちゃってもオイシイなあ。

草庵 鍋島/日本酒オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
最初の酒は、発泡性あるにごり酒。繊細なエッチンググラスで。(たぶんバカラ)2杯目は特別純米。片口が唐津の中里太亀さんの作品だ。太亀さん好きでワタシも持っている作家さん。酒、料理だけでなく、器もいちいち見逃せない。

草庵 鍋島/日本酒オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
2品目。有明海の真名かつお唐揚。高級魚真名がつお、良い塩梅の脂です。鹿島のとうもろこしは甘く、サクッと食感。酢橘を搾り、昆布塩で。

草庵 鍋島/日本酒オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
3品目。椀物。漆器にうっすらと霧をかけるという、涼し気な演出。初夏でしたからね。

草庵 鍋島/日本酒オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
椀だねは竹崎蟹の真丈。ほわほわの真丈で、蟹の内子が入っているの。オレンジの宝石はこってり濃厚味。出汁の濃さも香りもパーフェクト。一片の柚子皮の香りに、最後にとどめを刺されました。でらうまっ

草庵 鍋島/日本酒オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
「明治時代の輪島塗です」(蔵元さん)黒い椀だけど、見返しは朱で鶴。親の見込みにまで波の蒔絵が施されているなあ。素晴らしいお品。アンティークの塗椀も美味しいお料理が納まって喜んでいるようだ。

草庵 鍋島/日本酒オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
お酒3種目。酒器は唐津焼だわ。渋い絵唐津の徳利も、作家ものに違いない。

草庵 鍋島/日本酒オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
4品目はお凌ぎ。有明海海苔、蒸した糯米、炭火焼のどぐろ、新生姜の千切、という鬼ウマい組み合わせ。海苔を折りたたんで手に持って食べるのですって。

草庵 鍋島/日本酒オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
嚙りつくとのどぐろの脂がじゅわ~んと染み出てくるのが分かる。それをこぼさずに受け止めてくれる糯米と海苔。有明海の海苔ってホント、芳しい。

草庵 鍋島/日本酒オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
5品目お造り。料理長が目の前で作業を見せてくれるライブ感。草庵 鍋島のすばらしいお料理を作るのは西村氏。1993年生まれだよ。各自で引き算してネ。

草庵 鍋島/日本酒オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
5品目。石鯛は少し寝かせて昆布〆。星がれい北海道産ばふん雲丹

草庵 鍋島/日本酒オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
左はたまり醤油。右の小皿はポン酢&新玉ねぎの霙。佐賀って玉ねぎの生産量が北海道に次いで全国2位なんだよ(←ムダな豆知識)ポン酢に玉ねぎか加わると甘さとコクが増すし、佐賀を感じます。

草庵 鍋島/酒蔵オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
6品目もお造り。あおり烏賊と天然シマアジの炙り。穂紫蘇の下で識別しにくいですが「海苔醤油がかかっています。有明海の海苔を焼き、鍋島の酒で溶いて練りました」(料理長氏)

草庵 鍋島/酒蔵オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
お酒5種目。3年熟成の純米。「甘口」と表記されたこの熟成酒は一般には売られていないそうです。

草庵 鍋島/酒蔵オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
7品目は刺身の後の口直し。青い器に真っ赤なフルーツトマト。夏空と太陽のように映えます。濃厚で力強いトマト。「トマトから抽出したジュースと鍋島でサッと煮て冷やします」とか…。お手間がかりの逸品でした。

草庵 鍋島/酒蔵オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
6種目の日本酒。添えられた片口に釘付けになるワタクシ。蔵元さんに「こ、これなんていう方の作品ですかっ?」好みのツボ過ぎ~。『なかがわじねんぼうさん』よれよれの文字でメモりました。

草庵 鍋島/酒蔵オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
茶碗やお皿。所有過多は家族に迷惑だからもう買わない、と誓ったのだがなあ。「時には唐津に買い出しに…」などと考えながら、目の前の料理長のライブを凝視しています。美味しいものが繰り出される現場をこの近さで見れるって、楽しい。あ♪うなぎ…

草庵 鍋島/酒蔵オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
8品目。「有明海、天然の海うなぎです」と料理長氏。そんなレアな鰻をいただけるのネ。佐賀であってもレア中のレア。料理長氏自ら、海鰻ひと筋の漁師さんの元へ通いつめて分けてもらっていると。「九州のいい食材を食べていただきたく、食材探して毎日車で駆け回っています」と仰る。

草庵 鍋島/酒蔵オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
鍋島に来るまでは都内の名和食店、博多のミシュランフレンチでお勤めだった料理長氏。都会の有名店では納入業者経由で食材を手にしていたけど、ここでは自分の足で生産者、農家さん、漁師さんと繋がりを作って買い付けなくてはならないそうです。現場を目で見ることで勉強になります、と熱量高い!

草庵 鍋島/酒蔵オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
そうやってゲットしてきてくれた海うなぎ。皮はパリリッとした食感で脂が濃い。養殖鰻のもったり脂とは別物。海の生き物を食べてるからこの味の濃さなのか?!

草庵 鍋島/酒蔵オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
「ごちそう」とは御馳走。食材が簡単に手に入らなかった昔々。人をもてなす食材集めには、馬を駆って奔走しなければならなかった事に由来すると聞きます。

草庵 鍋島/酒蔵オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
草庵 鍋島の料理長氏は、まさにその御馳走をしてくれているのですねえ。ありがたい。

草庵 鍋島/酒蔵オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
「方言が難しくて(笑)鰻漁師さんのところには毎週行っていますが、初めは蔵元社長に通訳をお願いしました」(料理長氏)
※盃3品がまたもハートにブッ刺さり。今泉今右衛門です、と蔵元さん。欲しー!

草庵 鍋島/酒蔵オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
お料理は9品目に。食材により変動しますが、コースは13品前後で構成されるそうです。「今日は12品出ます」まだまだ続くよ~

草庵 鍋島/酒蔵オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
佐賀牛と白茄子の煮物鉢。鍋島の酒粕などを食べていただき、再肥育した経産牛。久留米の農家さんが作る白茄子。生産者が少なく、希少品種なんだそうです。とろとろのお肉と茄子。実山椒がアクセント。合う!

草庵 鍋島/酒蔵オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
10品目の器もうっとりする蓋つき椀。

草庵 鍋島/酒蔵オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
すっぽん出汁の沢煮椀。千切り野菜が多種類たっぷり。軍鶏の玉子が中央に。途中で崩していただきます。すっぽんは九州で養殖が盛んですね。

草庵 鍋島/酒蔵オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
11品目で〆のご飯に到達。土鍋で炊いてくれたんですね。

草庵 鍋島/酒蔵オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
桜海老と万願寺唐辛子の炊き込みご飯。桜海老は当然静岡ですが、万願寺唐辛子は宮崎産、お米は佐賀県嬉野の有機米。佐賀や九州の良い物で喜んでただきたい、という料理長氏の信念は最後まで貫かれていました。

草庵 鍋島/酒蔵オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
桜海老独特の風味と万願寺唐辛子の青い香り。胡瓜ぬか漬けの小皿が気になる~「400年前の皿を金継ぎしました」(スタッフさん)と。金継ぎでステキに蘇っています。

草庵 鍋島/酒蔵オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
12品目にデザート。藻塩とミルクの練りたてアイス。伊万里の桃と柚子の花で作ったシロップのジュレが下部に敷かれています。そこに鍋島の古酒をかけたのだ。スイーツに興味ないワタシですが、しょっぱくで華やかな香りいっぱいのアイスは記憶に残ります。

草庵 鍋島/酒蔵オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
うまいうまい言うてたら、おかわりくれたwこれだけのお料理を、料理長氏はたったひとりで作っておられるそうな。ひとりで丁寧におもてなしできるのは6人までという判断で、草庵鍋島は6名定員になっています。たとえば、オーベルジュに4名が泊まる日は、食事のみのゲストは2名までしか予約できません。

草庵 鍋島/酒蔵オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
日本酒も最後。デザート酒として「鍋島 特別純米 愛山」

草庵 鍋島/酒蔵オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
「鍋島おまかせ2合目安 6000円」で出されたお酒たちが、最後の舞台挨拶のように並んでくれました。実際は9種なのであと2本いますが。でも提供量は2合なんてものでは・・・3合以上?たっぷり下さったので6000円は安過ぎです。冷酒で出してた後、料理によっては燗酒にして飲み比べ…とか。提供のスタイルが丁寧です。

草庵 鍋島/酒蔵オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
ごちそうさましたら、即そこに客室があるのもオーベルジュのありがたさ。

草庵 鍋島/酒蔵オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
あの内容と満足度で22000円って最高じゃない?首都圏価格と比べるのは間違いだけど…などなど頂いた料理を反芻しながら、購入した鍋島で酒盛り。(蔵では酒の販売をしていません。レストラン利用者とオーベルジュ宿泊者は3本まで購入できます)

草庵 鍋島/酒蔵オーベルジュ@佐賀県/鹿島市
アフターコロナの世になったら、ここ予約とれなくなる予感。美味しかった!おやすみなさい。
【つづく:肥前浜宿を散歩

草庵 鍋島 (肥前浜/割烹・小料理)

★★★☆☆3.13 ■予算(夜):¥20,000~¥29,999

関連記事
国内旅行日本酒にこだわるレストラン和食佐賀

2 Comments

There are no comments yet.
おおお~

ふわり  

2021-09-18 14:42

鍋島に能古見、聞くだけでクラクラする地方ですが、この料理ときたらまた!!!
お若いのにやりますね~
お椀の部位の名称だの、自然坊窯だの、リンクを参照していたら、めちゃ読み終わるのに時間がかかりました。無骨なタイプの焼き物もお好きなんですね。
今泉今右衛門は、繊細で美しいですね~ 有田はあまり興味がなかったんですが、無知なだけでした。(そのくせ陶器市には一度は行きたいと思っていました)
このサイズの土鍋もいいなぁ・・・
一組だけの宿に泊まる勇気はちょっとありませんが、食べに行ってみたいお店だと思いました。でも、なぜときどき食べログって全員が高評価でもあんな低い評価が表示されるんでしょうね?

EDIT  REPLY    
こにゃくう
To ふわりさん

こにゃくう  

2021-09-22 23:55

やたらとムダに長い記事でごめいわくおかけします!
丁寧に読んでくださってありがとうございました(号泣)
佐賀の焼き物でも私も有田焼はいまひとつ・・・だったのですけど、この今泉今右衛門は良いですよね。そうそう、ふわりさんは土鍋いっぱい持ってるんですよね。

一組だけの宿って緊張します。でも、蔵元さんはじめこちらのスタッフさんたちは皆さん感じよくて、チームワークよく働いておられました。雰囲気がいいですよ。

食べログの星ってナゾですよね。ある程度の実績がないと☆の数は上がらないのかなあ。

EDIT  REPLY    

Leave a reply