Welcome to my blog

23年アイスランド

(5)Aer Lingus(エア リンガス)/ビジネスラウンジ@イギリス/ヒースロー空港ターミナル2

0 0
前の記事より続き】
※2023年9月追記※この旅行後に変更があったようです。アイスランド航空がヒースロー空港で利用するラウンジはプラザプレミアムラウンジ ターミナル2/レベル4に。(アイスランド航空HPエアポートサポートより)

2023年1月13日(金)
アイスランドへの旅の途中です。羽田空港からロンドン、ヒースロー空港に到着。
(5)Aer Lingus(エア リンガス)/ビジネスラウンジ@イギリス/ヒースロー空港ターミナル2
久しぶりです、ヒースロー。2015年ぶり。保安検査が厳しく且つキビキビしていないのは相変わらずでしたわ。ここターミナル2まで辿り着くのにえらく時間がかかりましたことよ。

(5)Aer Lingus(エア リンガス)/ビジネスラウンジ@イギリス/ヒースロー空港ターミナル2
只今AM8:30。アイスランド航空に乗り継ぐまで3時間以上は待つわ。羽田はコロナ閉店多くて薄ら淋しかったけど、ヒースローのレストラン&ショップ街はクローズ少なくほぼ通常営業に見える。ここでお買い物も楽しいけど・・・

(5)Aer Lingus(エア リンガス)/ビジネスラウンジ@イギリス/ヒースロー空港ターミナル2
ビジネスラウンジが使えるから、そこで待つかな。添乗員氏が案内してくれたのはここ。何て読むのかな。えあ・りんがす?

(5)Aer Lingus(エア リンガス)/ビジネスラウンジ@イギリス/ヒースロー空港ターミナル2
ワタシ無知ですみません!アイルランドのフラッグ・キャリアはAer Lingus航空っていうんですね。次に乗るアイスランド航空ビジネスクラスのラウンジに指定されているのがココなのでした。アイスランド航空のサイトよりそりゃ、アイスランド航空単体ではヒースローにラウンジは持てないわよね。
<追記>アイスランド航空のヒースロー空港でのラウンジはプラザプレミアムラウンジに変わりました(アイスランド航空 エアポートサポートより)

(5)Aer Lingus(エア リンガス)/ビジネスラウンジ@イギリス/ヒースロー空港ターミナル2
wifiがサクサク使えてお酒とおつまみがあれば3時間くらいスグですわ、うふふふ。未知の航空会社のラウンジ体験も楽しいじゃないか。

(5)Aer Lingus(エア リンガス)/ビジネスラウンジ@イギリス/ヒースロー空港ターミナル2
充実したトワイニングのティーバック。英国風味のお茶の友たち。「あれ~?」(ワタクシ)

(5)Aer Lingus(エア リンガス)/ビジネスラウンジ@イギリス/ヒースロー空港ターミナル2
スープのポットはあるけど中身は空だし、長い間使われていない様子。充実したコーヒーその他のマシーンはあるけど・・・「アレらが無いぞ~?」(ワタクシ)

(5)Aer Lingus(エア リンガス)/ビジネスラウンジ@イギリス/ヒースロー空港ターミナル2
ウォーカーズのショートブレッド山盛りとかブラウニーとかUKっぽい。いや、探しているのはそー言うのではなく。

(5)Aer Lingus(エア リンガス)/ビジネスラウンジ@イギリス/ヒースロー空港ターミナル2
生ビールサーバー無いんかー(叫)あるのは空になる寸前のアップルジュースとオレンジジュースのディスペンサーだけ。ワインもないわー。

(5)Aer Lingus(エア リンガス)/ビジネスラウンジ@イギリス/ヒースロー空港ターミナル2
エア・リンガスさんのビジネスラウンジは徹底してコロナシフトです。感染回避というより経費節減対策に思えました。コロナで世界中のエアラインは疲弊したのだ。分かる。うん。仕方ないよね

(5)Aer Lingus(エア リンガス)/ビジネスラウンジ@イギリス/ヒースロー空港ターミナル2
ワタクシ、冷蔵庫奥に隠れるように収まっていたギネス缶ビールを発見したわよ。酒飲みの野生の勘の勝利。いただきまーす。コーヒーのようなロースト香が個性的。ギネスはアイルランドのビールです。ギネスとチーズで勘弁してやろう。

(5)Aer Lingus(エア リンガス)/ビジネスラウンジ@イギリス/ヒースロー空港ターミナル2
よーく観察してみたら、センスのよい内装のエア リンガスビジネスラウンジ。まだ新しいようだし、駐機場が目の前に見れて楽しい景色だ。

(5)Aer Lingus(エア リンガス)/ビジネスラウンジ@イギリス/ヒースロー空港ターミナル2
木材を多用していて、アクセントにスレートタイル。差し色に若草色を置いている。アイルランドの空気感があって清潔なデザインだと思いました。コロナピンチはエア リンガスに限りませんが、この難局を乗り越えいつか元の業績に戻ってね。そして以前のようにラウンジのメリットを提供してよね、と思いましたアイルランドの東尋坊とワタシが勝手に思ってる世界遺産ジャイアンツコーズウェイに行くことがあれば、またこのラウンジと再会するかもしれない。

(5)Aer Lingus(エア リンガス)/ビジネスラウンジ@イギリス/ヒースロー空港ターミナル2
でも甘いお菓子類ばかり、ギネスの缶ビールしかないから飽きちゃったワタクシ。

「ちょっと遊びに行ってくる~」オットをラウンジに残してひとりでショップ街へ。ヒースロー空港って多彩で好きなんだ。
(5)Aer Lingus(エア リンガス)/ビジネスラウンジ@イギリス/ヒースロー空港ターミナル2
ヘンリー王子がフロントローに山積みだ。この日の3日前に発刊されたばかりの暴露本だね。エグイ内容で英国民ますますお怒りとか。いっしょにお母さんのインタビュー本「ダイアナ妃の真実」を並べるセンスもエグイと思うよ。

(5)Aer Lingus(エア リンガス)/ビジネスラウンジ@イギリス/ヒースロー空港ターミナル2
ターミナルを徘徊して観察。ああ、マスク姿は極少数派ね。この空間でマスクしているのはワタシと中央赤矢印の女性だけ。(でも彼女顎マスク)100人いたら1人か2人が着用といった印象かしら。日本も2023年3月13日以降はマスク着用は個人判断になるね。以後は日本も徐々に変わると思われ。

(5)Aer Lingus(エア リンガス)/ビジネスラウンジ@イギリス/ヒースロー空港ターミナル2
さあ、もう1フライト。12:15発アイスランド航空レイキャビック行に乗るのだ。

Aer Lingus Gold Circle Lounge · Aer Lingus Gold Circle lounge, Inner Ring E, Longford, Hounslow TW6 2GW イギリス

Aer Lingus Gold Circle Lounge · Aer Lingus Gold Circle lounge, Inner Ring E, Longford, Hounslow TW6 2GW イギリス

★★★★☆ · ラウンジ

関連記事
海外旅行ビジネスクラスラウンジ

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply