Welcome to my blog

23年スペイン

(20)コルドバ旧市街歩き/花の小路・ユダヤ人街@スペイン/コルドバ

2 0
前の記事よりつづき】
2023年10月6日(金)
スペイン/アンダルシアの古都、コルドバに来ています。
(20)コルドバ旧市街歩き/花の小路・ユダヤ人街@スペイン/コルドバ
世界遺産メスキータの後は、イスラム教、キリスト教、ユダヤ教の3文化がクロスし合った過去を持つ街を散策。

(20)コルドバ旧市街歩き/花の小路・ユダヤ人街@スペイン/コルドバ
美しー!白い壁に青いフラワーポット!人を惹きつけるデコりに力が入ったお店多し。

1.花の小路
(20)コルドバ旧市街歩き/花の小路・ユダヤ人街@スペイン/コルドバ
コルドバ行ったらここは行っとけスポットのひとつがここでしょう。カジェハ デ ラス フローレス(花の小径)。正直見つけにくい。一応、道の入口にちっこい案内板あります。

(20)コルドバ旧市街歩き/花の小路・ユダヤ人街@スペイン/コルドバ
細っそい道なのに、異様に人間がゾロゾロ出入りしているから気付くと思うよ。すれ違う為には体斜めの幅なのに、人通りがいっぱいで「えっ 」ってなる。けど、シャッターを切る価値あるスポットだと思うわ。

(20)コルドバ旧市街歩き/花の小路・ユダヤ人街@スペイン/コルドバ
小径の隙間の向こうにメスキータの塔が写り込むアングル。いい雰囲気が切り取れるよ。

(20)コルドバ旧市街歩き/花の小路・ユダヤ人街@スペイン/コルドバ
「小径」の先は行き止まりでした。というか、噴水があるちっちゃなポケットパーク的パティオなんです。噴水脇に腰掛けてしばし休憩タイム。

(20)コルドバ旧市街歩き/花の小路・ユダヤ人街@スペイン/コルドバ
家と家の隙間は日陰だし、噴水があることでちょこっと涼しいんだわ。ボーっと座っているとヒマな人に見えるらしく「写真撮ってくれないか?」やら他国の観光客に頼まれるオット。2階から子供のおもちゃが落ちてきた。投げて返す観光客。よそ者がウロウロやってくる一画に、揺るがされることなく地元の人はフツーに暮らしてるんだなあ。

(20)コルドバ旧市街歩き/花の小路・ユダヤ人街@スペイン/コルドバ
大抵の人は撮影だけして立ち去ります。ホッとするパティオでのひとときは思い出深い。

2.ユダヤ人街
(20)コルドバ旧市街歩き/花の小路・ユダヤ人街@スペイン/コルドバ
メスキータの北側はかつてのユダヤ人街が迷路のように広がっています。

(20)コルドバ旧市街歩き/花の小路・ユダヤ人街@スペイン/コルドバ
花の小路だけでなく、どこを歩いてもスペインアンダルシアっぽい演出でうっとりである。青い鉢のマジックかな。

(20)コルドバ旧市街歩き/花の小路・ユダヤ人街@スペイン/コルドバ
盛大にフラワーポットが掛かっていた店を覗き見。今は10月だから花の状況はこうだけど、春だったら美しいパティオのタベルナ(レストラン)なんじゃなかろうか。

(20)コルドバ旧市街歩き/花の小路・ユダヤ人街@スペイン/コルドバ
『コルドバで例年5月初旬から約2週間にわたって』(地球の歩き方2024~2025年版より)パティオ祭りFestival de los Patiosが開催され『コンクールに参加する50ヶ所以上のパティオが無料で一般公開』という情報。そんな時に訪問したら浮かれちゃうね。激混みのコルドバかもしれないけど。

(20)コルドバ旧市街歩き/花の小路・ユダヤ人街@スペイン/コルドバ
このパティオのお店、味とサービスは知らんけど雰囲気はエエで。「これ、お昼に食べておいしかったラタトゥイユだ。俺にもパクれそう」(オット)ほうほう。ピストという料理だったか。この地方の郷土料理なのかもね。

(20)コルドバ旧市街歩き/花の小路・ユダヤ人街@スペイン/コルドバ
雰囲気良いコルドバが1泊だけで残念だ。

(20)コルドバ旧市街歩き/花の小路・ユダヤ人街@スペイン/コルドバ
入り込んでみたい路地、気になるお店が其処ここにあったのだもの。

3.マイモニデス像
(20)コルドバ旧市街歩き/花の小路・ユダヤ人街@スペイン/コルドバ
さて、こんなに日が高いけど18時過ぎてます。10月ですけどね。フリータイム後に再会したコルドバっ子のガイド嬢がホテルまで案内してくれる、その道すがら。迷路のようで且つ静かな界隈を進む。地元っ子とはいえ、よく複雑な道が分かるわね。難解なのよ、コルドバ旧市街。

(20)コルドバ旧市街歩き/花の小路・ユダヤ人街@スペイン/コルドバ
「マイモニデス像です。コルドバ出身のユダヤ人。哲学者であり医師。」とガイド嬢。マイニモデスさんwikiほとんどの日本人には知られていない方だけど、世界中にいるユダヤ系の人には有名人なんだろうな。’像の足を撫でると賢くなる’という天満宮の牛っぽい扱いを受けて足がピカピカの哲学者。

4.シナゴーグ
(20)コルドバ旧市街歩き/花の小路・ユダヤ人街@スペイン/コルドバ
マイニモデス先生でユダヤっぽくなったその先に「シナゴーグです。見学いたしましょう」とガイド嬢。しなごーぐ、SINAGOGA…ってナニ?

(20)コルドバ旧市街歩き/花の小路・ユダヤ人街@スペイン/コルドバ
ユダヤ教の礼拝所をシナゴーグというそうな。つまり、シナゴーグは世界のあちこちにある。日本にも。コルドバのこのシナゴーグは14世紀初期に完成した礼拝所兼学校。レースの様な緻密な文様が継接ぎ状に残っている。シンプルだけど美しい堂内。

(20)コルドバ旧市街歩き/花の小路・ユダヤ人街@スペイン/コルドバ
コルドバがイスラム教社会だった時代も、キリスト教徒が征服してからも共存していたユダヤ教民だったのに、1492年ユダヤ追放令が。ユダヤ勢は改宗を迫られ、応じなかった者はアフリカへ逃げる。「このシナゴーグは、ユダヤ人が追放された後キリスト教の施設として利用されていたから奇蹟のように保存状態がいいんだ」と世界遺産に妙に詳しいオットが言います。へー。

(20)コルドバ旧市街歩き/花の小路・ユダヤ人街@スペイン/コルドバ
ユダヤ追放令を出したのはカスティーリャ王国イザベル女王とアラゴン王国フェルナンド5世。コルドバが他宗教に寛容だった時代がここで終わったのか。コルドバ、特別な都市だったのにな。このアルモドバルの城門を出ると、いきなり現代。

(20)コルドバ旧市街歩き/花の小路・ユダヤ人街@スペイン/コルドバ
目の前。車道の向こう側にイマドキのホテルが建っていて、21世紀社会に戻されたわ。今晩宿泊のユーロスターズ パレス コルドバです。

コルドバの見どころ4つの世界遺産巡り: | spain.info

コルドバの見どころ4つの世界遺産巡り: | spain.info

モスク、歴史的中心部、メディナ・アサーラ、5月のパティオ祭りは、ユネスコの世界遺産に登録されています。 | spain.info

関連記事
海外旅行スペイン世界遺産

2 Comments

There are no comments yet.
見たかった~

ふわり  

2024-02-28 16:07

花の小径、通りたかったんですけどわかりませんでした。当時はモバイルwifiも持っていなかったし、時間がない中では探せなかったんですよね。
ゆえにシナゴーグも見落としています。マイモニデス像には行き着いているのに、せっかくの無料スポットを素通りしていたとは。あ、でも元日だったので閉まっていたかもしれません。
イスラム色が強くてスペインってヨーロッパの中でも異色。面白いですよね。

EDIT  REPLY    
こにゃくう
To ふわりさん

こにゃくう  

2024-02-29 18:14

スペインは今回行ってすっかり気に入りました。
ふわりさんも行かれたサンセバスチャン。次のスペインがあったらそっち方面に行きたいね、とオットと言っています。

花の小径はスマホなかったら見つけにくいでしょうね。
人が異常にウロウロしているのでそれで分かるかな、って感じです。
誰がどう写してもこんな感じの隙間小路なんですけどね。
スマホなしの町歩きは、もはや効率悪くて地図だけが頼りだと心もとない心理になっちゃいましたね。

EDIT  REPLY    

Leave a reply