Welcome to my blog

静岡

◆特急 サフィール踊り子で東京へ@プレミアムグリーン車両編

2 0
前の記事よりつづき】
2024年1月23日(火)
伊東温泉旅行の帰路は東京駅まで特急サフィール踊り子で。
◆特急 サフィール踊り子で東京へ@プレミアムグリーン車両編
サフィール2号は毎日運行で伊東駅15:10発。都心に帰るのにちょうどよいお時間設定。

◆特急 サフィール踊り子で東京へ@プレミアムグリーン車両編
ほうほう。正面がかっこいい車体だわ。

◆特急 サフィール踊り子で東京へ@プレミアムグリーン車両編
往路も伊東駅までサフィールで来たのだけど、復路はワンランク上のプレミアムグリーンにしてみた。

◆特急 サフィール踊り子で東京へ@プレミアムグリーン車両編
皮張りシートでゴージャス。テンションあがるわ。東京駅⇔伊東駅間:特急券5960円+乗車券2310円で合計8270円。往路のサフィールグリーン車が合計6970円だったから1300円の差額です。

◆特急 サフィール踊り子で東京へ@プレミアムグリーン車両編
このシートに1時間40分ほどしか乗っていられないのが残念ね。もっと乗っていたいかもよ。

◆特急 サフィール踊り子で東京へ@プレミアムグリーン車両編
…と、舞い上がっていたのは最初だけ。だーんだんと、高級仕上げになっているけど使い勝手がよろしくないと気付いていきます。「見た目だけだったね」への過程をご覧ください。

◆特急 サフィール踊り子で東京へ@プレミアムグリーン車両編
以下、プレミアムグリーンファンの方は読んでいて不快になること間違いないのでこの辺でさようなら。ここまで読んでくださってありがとうございました。

4号車のカフェテリアが気になるので行ってみた。スマホアプリから予約するシステムなのだけど、席に空きがあれば当日その場で予約も可能だそうだから。
◆特急 サフィール踊り子で東京へ@プレミアムグリーン車両編
極端に細い通路の先にカフェテリアが見えた。「予約しようかと思ったんだけど、メニューに魅力が無くてさ。空いているなら行ってから考えようかと」とオット。…なるほど。

◆特急 サフィール踊り子で東京へ@プレミアムグリーン車両編
カフェテリア、空いてました。2名のお客様がお召し上がりになっているだけ。予約できます、20分後にお席をご用意できます、とスタッフさん。で、オットが言う「魅力ないメニュー」とは?
◆特急 サフィール踊り子で東京へ@プレミアムグリーン車両編
麺である。15:10に伊東駅から乗った旅行帰りの乗客に用意されたメニューが麺。

◆特急 サフィール踊り子で東京へ@プレミアムグリーン車両編
我らもそうだけど、多くの乗客は旅先でお昼ごはんを食べてせいぜい2時間後だと思うよ?2千円近くの麺、または3500円のパン付ロールキャベツをこの時間に食べる人は少ないのでは?

◆特急 サフィール踊り子で東京へ@プレミアムグリーン車両編
スイーツはもっと要らないや。ワタシは旅の終わりにカフェテリアでビールかワインを飲んで、オットと「いい旅だったね」と乾杯がしたかっただけなのだが。「このどれかをマストでオーダーしないと着席できないルール」になっていて、アルコールとツマミだけの利用は出来ないんだって。しかも「20分で食べ終えて出て行ってくれ」というのも耳を疑うルール。

◆特急 サフィール踊り子で東京へ@プレミアムグリーン車両編
えー。じゃあいいですぅ。と退散。どうりで空いているわけだ。下田駅14時36分発のサフィール2号の乗客に約2千円麺のニーズがあるのだろうか?スタッフさんがヒマそうにしていたのは当然か。このカフェテリアの運営を考えたヒト、海外列車のカフェテリアまたはBAR車両に乗ったことあるかなあ。ビールやスパークリングワインとスナック。車窓を眺めるカウンターでのチョイ呑みは快適なのだがな。もちろん、海外BAR車両に「20分で帰れ」なんて興ざめなルールはない。

◆特急 サフィール踊り子で東京へ@プレミアムグリーン車両編
サフィールの乗客はそれなりの代金を払って乗っているのだから、自席を放ってカフェに居座るような使い方をする人がいるとは考え難いのだけど。マストで麺喰え、20分で退出しろルールの必要性とは?ご存知の方いらしたら教えてください。

◆特急 サフィール踊り子で東京へ@プレミアムグリーン車両編
なるほど。これは予約し難いカフェテリア、とオットが判断したのは然もありなん。個室脇の通路を通って自席に戻りましょ。グループや小さいお子様連れだったら個室も楽しそうね。

◆特急 サフィール踊り子で東京へ@プレミアムグリーン車両編
サフィールのサイトで確認すると、このグリーン個室はえきねっと(JR東日本のネット予約サイト)で買うことができない!他のサフィールグリーン席、プレミアムグリーン席はえきねっとで買えるのに、個室の方はみどりの窓口か指定席発売機に出向いてリアルで買うしか術が無い!というのに驚く。

◆特急 サフィール踊り子で東京へ@プレミアムグリーン車両編
ちょ、コレ、ハードル高くないか?特にインバウンド勢には。えきねっと英語版ですらガラパゴス状態の難ハードルだけど、さらに個室はリアルで買えと仰るJR東さん。カフェテリアもそうだけど、利便性とは?

◆特急 サフィール踊り子で東京へ@プレミアムグリーン車両編
いいよ、いいよ。席で飲もう。各車両をスタッフさんが回ってくれてドリンクやスナックを販売してくれますから、それで納得しようかな。

◆特急 サフィール踊り子で東京へ@プレミアムグリーン車両編
伊豆っぽいスナック。ビールのラベルは韮山反射炉と北条早雲である。販売のお姉さんはプラカップをくれました。

◆特急 サフィール踊り子で東京へ@プレミアムグリーン車両編
でもね、プラカップを置くにはこのサイドテーブルは心もとないの。だって、テーブル面にはカップが安定するように窪みが欲しいじゃない?円形の凹がナイ!滑ってこぼれたら大惨事じゃないかっ

◆特急 サフィール踊り子で東京へ@プレミアムグリーン車両編
ひじ掛けにドリンクホルダーあります。でもそこには北条早雲のボトルを収めるんだもの。探しても他にカップホルダーに相当する箇所無し。ヲイ!酒飲みの心を分かってくれよ。お酒飲まない人の発想かも。

◆特急 サフィール踊り子で東京へ@プレミアムグリーン車両編
往路に乗ったグリーン車両のテーブルにはカップ用くぼみあったよ。

◆特急 サフィール踊り子で東京へ@プレミアムグリーン車両編
グリーン車なら、前席の背面に手前に引き出すドリンクホルダーも付いていたよ。

◆特急 サフィール踊り子で東京へ@プレミアムグリーン車両編
なんやこの鏡面仕上げの使えない前席背面はっ。各パーツをオシャレにしたので機能性は落ちました、ってことかしらw

◆特急 サフィール踊り子で東京へ@プレミアムグリーン車両編
カフェテリアで乾杯もできなかったし、席で飲んでても片手でカップを押さえつつ飲む。メンドクサ。1300円プラスして居心地悪くなっている不思議。サフィール踊り子はグリーン車で十分満足と確信した瞬間。

◆特急 サフィール踊り子で東京へ@プレミアムグリーン車両編
ねえ、オット。サフィール踊り子よかったけどさ、次回はフツーのグリーン車でいいわ。あれ?前にも似たような体験があった気が…

あ!思い出した。仏作って魂入れないJR東日本の車両、グランクラスだ。あの乗車体験も散々だったからね。もう二度と乗らないと見切ったグランクラスとサフィール・プレミアグリーン車はよく似た感想に着地。JR東日本さんと気が合わないのはあくまでワタシ個人の問題です。

◆特急 サフィール踊り子で東京へ@プレミアムグリーン車両編
乗車時間1時間40分はすぐ。サフィール踊り子2号はまもなく東京駅に到着よ。伊豆温泉の旅はこれにておしまい。
【2024年伊東温泉旅行:完】

サフィール踊り子 カフェテリア (新宿/その他)

サフィール踊り子 カフェテリア (新宿/その他)

★★★☆☆3.17

関連記事
国内旅行伊豆特急電車

2 Comments

There are no comments yet.
覚えています

ふわり  

2024-03-18 09:11

グランクラスの話、よーく覚えています。
カフェテリアは満席になって、利用できない人が出ないようにと考えたルールなんでしょうね。まさかの不評の原因は、きっとわかっていないのでしょう。頼めるのは、肉厚あぶりチャーシュー丼のご飯抜きぐらいですね(笑

こにゃくうさんも車内ではマストとおっしゃっていたモンデ酒造のスパークリングワイン、確かに拝見しました~ あれを見つけてから、飲み物に悩まずに済むようになりました。

EDIT  REPLY    
こにゃくう
To ふわりさん

こにゃくう  

2024-03-18 10:11

むかーしむかしの新幹線時代、席にあぶれた人が長い時間食堂車から動かないということがあったとか。全席指定で安くないサフィールでカフェに居続ける人はいないと思うのだけどなあ。
カフェ車両全体で空気を運んでいました(笑)
海沿いを走る車窓は楽しいですよ。次回があってもグリーン車にしますけど。
酒が飲みにくいの一点でプレミアグリーンは却下。
グランクラスの古い話を覚えてくださっていてありがとうございます!
あれから食事の見直しやドリンクの一部の見直しがあったようですよ。でも私としてはもういいわグランクラスの気分です。自分、グリーン車で十分の人でしたわ。

モンデのスパークリングはJR売店に大抵置いてあるので助かります。蓋つきなところも好き!

EDIT  REPLY    

Leave a reply