Welcome to my blog

24年ボリビア&メキシコ/ペルー

メトロポリタン大聖堂とソカロ広場/ストリート黒魔術と沈む首都@メキシコ/メキシコシティ

2 0
前の記事よりつづき】
2024年2月4日(日)
成田空港を発って12時間。メキシコシティへ到着したよ。只今AM11:00ごろ。
アステカ王国遺蹟へ/テンプロ マヨール@メキシコ/メキシコシティ
オンタイムで着陸した時はホッとしたわ。バゲージクレイムで自分らのトランクが無事に現れた時は心から安堵よ。失礼ながら、アエロメヒコとメキシコ空港を信用していなかったのでなw

アステカ王国遺蹟へ/テンプロ マヨール@メキシコ/メキシコシティ
この先もっと不安なローカル路線を乗り継ぐ旅程なのだが、とりあえず1つ目のハードルを越えたな今日はこのあと2時間だけのメキシコシティ観光です。ツアー社が用意してくれたベンツのワゴンでね。

アステカ王国遺蹟へ/テンプロ マヨール@メキシコ/メキシコシティ
旅の目的地はボリビアのウユニ塩湖なのだけど、ダイレクトに行くことはできない。乗り継ぎの途中途中で各街を観光しつつ、コマを進めていくスケジュールです。

アステカ王国遺蹟へ/テンプロ マヨール@メキシコ/メキシコシティ
最終地のウユニ塩湖は標高3700mもあるの。富士山頂より高いのよー。高地に体が慣れずに即ウユニはキツイよね。本丸ウユニ到着は4日後の2月8日です。徐々に高度を上げながらの行程。とりあえず今日は標高2240mのメキシコシティ泊。ほうほう、これがメキシコの首都か。

アステカ王国遺蹟へ/テンプロ マヨール@メキシコ/メキシコシティ
え。ナニコレ。市場…かな?ゴミなんだか商品なんだか不明な物を大量に売っているし、買った人が商品を格納しているのがゴミ袋そのものなんだが?なんだこのカオス。嗚呼、ピカピカのベンツから眺める混沌とした社会よ。

アステカ王国遺蹟へ/テンプロ マヨール@メキシコ/メキシコシティ
メキシコシティ空港から20分ほどで観光地っぽい場所に至る。涼しいベンツを降りて、この教会からスタートだ。

1.メトロポリタン大聖堂
アステカ王国遺蹟へ/テンプロ マヨール@メキシコ/メキシコシティ
教会、というか大聖堂だった。ついでに世界遺産。「メトロポリタン大聖堂。メキシコ最大の大聖堂だよ」とガイドのフェルナンド。1525年に建築開始して完成したのは250年後とか。サグラダファミリア以上だわ。

アステカ王国遺蹟へ/テンプロ マヨール@メキシコ/メキシコシティ
もちろん、メキシコを征服したスペイン人によるもの。1614年に支倉常長がこの大聖堂に来ているというのが驚き。ワタシですら遥々来たな!感なのに、慶長遣欧使節のみなさんがここに立った時の感想をや。

2.ソカロ広場
アステカ王国遺蹟へ/テンプロ マヨール@メキシコ/メキシコシティ
そんな大聖堂前のソカロ広場で気になったのがコチラ。恐くて接近できなかったのでこの距離でご容赦。立っているお客。向かい合う謎のいで立ちの人。背中に大型鳥の羽根を背負ってます。宝塚スターが背負う煌びやかな羽根と違い、黒くおどろおどろしい背負い羽根。顔もね、白く塗って悪魔風メイクなの(汗)足元にお香?を焚き、お客に木の枝でパンパン振りかけていますヨ。嗅いだことがない植物っぽいお香のニヨイ。(息止めたw)ヤダ、道端で黒魔術?

アステカ王国遺蹟へ/テンプロ マヨール@メキシコ/メキシコシティ
後日、ボリビアでは呪術グッズ屋さんにも遭遇することになる。現地人に聞くと特殊な事ではなく、祈りの習慣として暮らしの中にあるらしい。恋愛成就ならこのお香とこの動物のミイラを…みたいな処方箋(?)まであるとのこと。(ガクブル)おもしろい!日本の神社のお祓いや寺の祈祷だって異文化から見れば同じように映るかもしれないよね。スペインは、キリスト教を持ち込んで大聖堂を造ったけど、メキシコ現地民の土着信仰までは否定しなかったのかしら。そうだとしたらスペイン、エライな。

アステカ王国遺蹟へ/テンプロ マヨール@メキシコ/メキシコシティ
ソカロ広場はめちゃ広い。スペイン本国がそうなように、スペイン人どこにでも広場造りがち。
3.メキシコシティ沈下中
アステカ王国遺蹟へ/テンプロ マヨール@メキシコ/メキシコシティ
「スペイン人たちが襲ってくるまで、メキシコシティは大きな大きな湖だったんだ」(フェルナンド)自分たちの領土にした後、テスココ湖を埋め立てて街づくりをしたのがメキシコシティだと彼は言う。※↑は博物館にあった干拓前のテスココ湖イメージ画。

アステカ王国遺蹟へ/テンプロ マヨール@メキシコ/メキシコシティ
「おかげでメキシコシティの建物は歪んでいる。年々沈んでいる」とフェルナンド。そういえば、大聖堂の床が斜めだった!500年前の土木技術で湖を更地にして、そこに石の巨大な構築物をギッチリ並べたら。そりゃ沈むわー。

アステカ王国遺蹟へ/テンプロ マヨール@メキシコ/メキシコシティ
シロウトの肉眼で分かる程にビルの表面が歪んでいるのだが。茶色いビルの1階と2階の境目が「く」字に迫り出しているのがお分かりだろうか。歩道のブロックも相当部分が割れて歪んでんの。東京でこれが起きたら大事件になると思うのだけど、メキシコ政府は手を打っている気配なく。そーいう国民性なのかしら、それでいいのかしら…と考えさせられたわ。

アステカ王国遺蹟へ/テンプロ マヨール@メキシコ/メキシコシティ
「1519年にスペイン人に征服されるまで、ここには高度な文明のアステカ王国があったんだ。その神殿跡をぜひ見てもらいたい」とフェルナンド。Templo Mayor、テンプロ・マヨール。世界遺産です。

メキシコシティ メトロポリタン大聖堂 口コミ・写真・地図・情報 - トリップアドバイザー

メキシコシティ メトロポリタン大聖堂 口コミ・写真・地図・情報 - トリップアドバイザー

メキシコシティ メトロポリタン大聖堂(メキシコシティ)に行くならトリップアドバイザーで口コミ(5,016件)、写真(3,643枚)、地図をチェック!

関連記事
海外旅行メキシコ世界遺産

2 Comments

There are no comments yet.
テノチティトラン

ふわり  

2024-03-18 15:30

メキシコシティは、かつてのテノチティトランですよね。最近知ったところです。
こんな未来都市を作っていたのかと驚きましたが、そこへメキシコシティを作っているほうが逆に驚きですね。ほんと、くの字になってる!地震も少なくない国なのに、どうなってんでしょう。
調べてみると70%以上の建物が耐震基準を満たしておらず、メキシコ地震でも圧死が圧倒的に多かったため、とにかく揺れるとすぐに外に逃げるんだそうです。
よくまぁこの建物もそのとき持ち堪えた+いまだにそのまま使ってる鷹揚さに、それこそガクブルです。

EDIT  REPLY    
こにゃくう
To ふわりさん

こにゃくう  

2024-03-19 23:25

てのち…てぃとらん?テノチティトランって名付けられていた都市だったと今、知りました。
ふわりさん、よくご存知でしたね!すごーい。
フェルナンド、テノチティトランって教えてくれたのだろうか?聞き逃していたかも。
水上都市を1300年代に造るってねえ。まるで大阪湾に浮かぶ万博会場のようだに。
フェルナンドの言葉の端々に、文明の高さと芸術性を誇りに思っているのが滲んでいましたわ。

70%が耐震基準以下って~。コワイ。
耐震工事はなかなか行き渡らないから、まずは逃げる習慣を身につけてってことでしょうか。私達は地震国の住民だからひと事とは思えないなあ。この時、大聖堂に足場が組まれていたのは耐震工事をしていたのかもしれない、と今思います。

EDIT  REPLY    

Leave a reply