Welcome to my blog

うちの猫・こにゃ&くう編

【 ときどき連載 】 「こにゃ」と「くう」の物がたり = その2

20 0

    とりあえず始めてみたこの連載。

    『その1』の記事を読んでいただいて、皆さまに「おもしろい」と言っていただいて
    ありがとうございました。

    なんとか最終話までがんばります!

     それでは、つづき、いきまーす。


   2001年6月。
   
   ゴハンを毎日食べにくるようになった、泥棒ヅラ猫・ニャーチ。
   そして、ティッシュ箱ほどの大きさの子猫。

子猫の性別は??
   と、じーっと見たところ女の子(♀)でした。

   この子猫の名前を「コニャーチ」と名付けました。
   通称、「こにゃ」です。






     ■記事を書くにあたり、写真を探しましたが、
     ワタシがまだデジカメを持っていなかったので、ロクな写真がありません!!

     この写真だって、肝心のこにゃの顔が写ってないし~~。
  しかも、これは子猫の生後6ヶ月は経っているころの写真ですし~~(泣)
   

  しょうがないので、ワタシのお絵かきで代用させてください!



  朝、我が家のメンバーが起き出すと
  その音をどこかで聴きつけて
  2匹そろって、ウチのウッドデッキに出勤してきます。

  朝ごはんを食べた後も、夕ごはんまでウチの庭で一日中、過ごすようになっちゃいました。

  2匹でくりひろげる光景がおもしろくて、興味深くて。
  毎日、感心させられたり、笑わせてもらったり・・・



       【 その1  ノラとして生き延びるテクを伝授する場面を目撃した   】




         ■にゃーにゃーいいながら、教えてた!

         いいもの見せてもらったなぁ。

         さながら、映画『ペーパー・ムーン』で詐欺のテクを教えるライアン・オニールと

         その娘、テイタム・オニールのようだった・・・(古すぎてわかんないね)



         【 その2  やんちゃ盛りのこにゃを上手に遊ばせるニャーチ 】




        ■子どもと遊んであげるパパって感じ?

       こにゃがはしゃぎすぎると、低くうなって「それはやりすぎ!」って注意するのでした。

       男手ひとつで子どもの面倒をみる姿は、映画『クレイマー・クレイマー』の

        ダスティン・ホフマンのようだった・・・(これまた、古いって (oー_ーo))



            【  その3  身の回りの世話も甲斐甲斐しく  】





       ■大切な宝物を扱うように、こにゃをなめるニャーチ。

         おかげで、こにゃはノラとは思えないほどかわいくて清潔。

         かいがいしく世話する姿はドラマ『パパとよばないで』の叔父の石立鉄男と姪の杉田かおる。

                  (この古さに誰がついて来れるのか (=^^ゞ )


   この2匹、父と娘ではなかったのです。


  このニャーチは父親ではないけれど、叔父さんにあたる猫でした。(母猫のきょうだい)

   こにゃが乳離れするかしないかのうちに
   母猫は再び発情してしまい、こにゃをほっぽらかしにして
   さっさと何処かに行ってしまったのでした。






   淋しがるこにゃを不憫におもって、ニャーチが面倒をみてあげていたというわけ。


       ・・・この事実関係がわかったのは、ずっと後のことでしたが。



   【 つづく ・・・ように努力します  】


   【 追記 】

    つづきを書きました。コチラ~ →『その3』

  
関連記事

20 Comments

There are no comments yet.
No title

こにゃくう  

2006-09-02 10:19

みにらさん、サンキューです!メス猫の中には、意外と早く次の発情を迎えるタイプもいるみたいですね。こにゃの母は産んだものの、母性に乏しい性格だったみたいです。あはは~、仔猫、口の力だけでぶら下がってたんだー。ビーチク切れるってば~。

EDIT  REPLY    
No title

MAD  

2006-09-02 15:07

絵が上手いです!お話もおもしろい!続きが楽しみですね。

EDIT  REPLY    
No title

-  

2006-09-02 15:45

これ!!!まってましたあ!!!♪この連載!!!感動ですね~なんてやさしいおじちゃん猫・・・泥棒ズラなんてゆって悪かったわ・・・><ニャーチ・ごめん!!それにしても、こにゃくうさん絵旨すぎ!!面白すぎ!漫画家なれますよ、、、きっと。^^!!

EDIT  REPLY    
No title

-  

2006-09-02 15:49

あっ★傑作押すの忘れてた^^!これももちろん傑作!!つづきを首を長くして待っております・・・!!!

EDIT  REPLY    
No title

Hiroshi&Maki  

2006-09-03 08:55

こにゃ~~~!じゃない。こらぁ~~~また続く....って(" ̄д ̄)「こにゃくう」伝説の秘密がついに暴かれると思ったのにぃ。しかし、こにゃは幸せモノにゃぁ(≧▽≦)この先どうなるんでしょう?待ち遠しいのにゃぁ

EDIT  REPLY    
No title

sak*r*mari*5  

2006-09-03 15:33

ご訪問ありがとうございます。たくさんのコメントも 次回予告編は、秋田の、タマ、サクラのおすすめお土産と太郎がアイス売りに挑戦?です ジジヘラアイス登場か・・

EDIT  REPLY    
No title

ゆーゆー。  

2006-09-03 22:15

かいがいしく世話をするおじさん。。。いいわぁ♪うちの猫は、生まれてからずっと一緒にいる犬のぬいぐるみの毛づくろいをして面倒見てます(汗)

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2006-09-04 06:55

MADさん、写真がないので絵で凌ぎましたー。お褒めいただいてうれしいです。では、次もがんばって仕上げますね。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2006-09-04 07:57

ALOHAさん、傑作ポチをありがとうございます!顔は泥棒ヅラだったんですけど、心は優しいオス猫でした。(でも、人間には寄り付かなかったの~)実は気が弱いところなんてサンちゃんっぽいかも。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2006-09-04 08:01

Hiroshiさん、ごめんよ~。まだ続くのにゃ。オス猫だって子育てするんにゃー、って猫に初めて身近に接した私には驚きだったのにゃ。猫の生態に詳しい人に言わせればよくある話なのかもしれないんだけどね。まま、も少しお付き合いくだされ。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2006-09-04 08:03

sakuramariさん、秋田県ってなんだかいいところですね。再発見。また温泉ついでに訪れたいです。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2006-09-04 08:10

ゆーゆーさんちのきょうぼ・・・いや、やんちゃ猫のスミちゃんね。きゃー、スミちゃんったら飼い主さんをガリッとするのに、わんこのぬいぐるみをかわいがってるの~?それもまた、なんだかカワイイ光景であり不思議な生態ですね!なぜだ?スミちゃん・・・。

EDIT  REPLY    
No title

つばっち  

2006-09-04 13:35

叔父さんの愛情か。すごいわ。母はいなくてもいい叔父さんがいて立派にそだったんだろうbな~~うちの弟に聞かせていちどギャング達を預けるか!!

EDIT  REPLY    
No title

Hiroshi&Maki  

2006-09-05 08:39

はぁ~~~い!僕の方もしばらくリゾートお写真日記続くし(〃^∇^)o彡☆

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2006-09-05 13:46

MeMetanさん、猫にできるんだから、人間の叔父さんでもオッケーでしょう。叔父さん猫のマメさには同じく子育て中の私も関心させられましたわ。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2006-09-05 13:48

おつきあい、ありがとうございます。が!ど、どうしよう。起承転結、決まってません。今日も一個書いたけど、いつ終わるんだ?中国旅行もパンダから進んでおりませんし・・・。

EDIT  REPLY    
No title

はぐ。  

2006-10-24 18:35

ペーパームーンわかるで~♪

EDIT  REPLY    
No title

san**i23*0  

2008-05-05 21:49

こんばんは!読ませていただきました。絵がお上手なんですね!私も今まで接した猫たちの話を書いてるんですが写真がないので、あまり読み手に伝わってないのかなーと思います。ペンタブいいですね~。私も買おうかな。あっ!もちろんぽちらせていただきますねー^^v

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-05-06 14:33

はぐ。ちゃ!今ごろコメに気づきまして・・・ごめん!
ふふ。さすがはぐ。ちゃん、名作に強いのう。わかってくれる人がいてヨカッター。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-05-06 14:38

sanamiaさん、まさかブログなんてものが出来て、後に自分が記事に書く事態になるなんて思わなかったし、私もsanamiさん同様、子猫に情が移ったら離れられなくなりそうだったので敢えて写真を撮らなかったんです。お互い、もっと写真をとっておけばよかったですよねー。ペンタブで描くのもなかなか楽しいですよ。当時の情景をリアルに思い出すいい機会にもなりましたし。ポチありがとうございます!

EDIT  REPLY    

Leave a reply