Welcome to my blog

神奈川県のうまいもん

ホテルニューグランド「たん熊・熊魚庵」(横浜)

20 0
 2006年10月 某日(土)



■この日はこにゃくう実家母の誕生日。
 母は実家父におねだりしたらしい。
 「お誕生日には~~~
   港の見えるホテルにお泊りして~~
 レストランでお食事したいわぁ」
??いったい、いくつの小娘ですか??
 何歳になっても誕生日は
 特別に過ごしたいよね。
 まあ、いいでしょう・・・ヽ('ー`)ノ 

      夫婦ふたりだけで行けばいいものを
      父が「じゃ、みんなも呼んで・・・」などと言い出し
      ワタシ&こにゃくう兄一家も食事だけ同席することになりました。





 母のリクエストは「ホテルニューグランド」です。
 昭和2年創業の横浜の老舗ホテル。

 外国航路華やかな頃は欧米人御用達の時代があり、
 戦後はマッカーサー滞在の栄誉も。
 浜っ子が誇りに思う歴史的建造物です。
(ワタシのへっぽこ写真ではおばけ屋敷のよう)








こにゃくうも子どものころから馴染みがあり、
特に、コムスメとしてはじけていた時代には
あーんなことや
こーんなこともあった
思い出のホテル。

ワタシに限らず、横浜で生まれ育った人の
思い出のスポットでしょう。




■母はフレンチが希望だったのに
 父が「みんなで」なんて言い出したので
 和食になってしまいました。
(フレンチのダイニングは子供不可)
 「たん熊北店・熊魚庵」に予約。
(くまさかなあん?ワタシ、読めませんでした(汗)
 ゆうぎょあん、と読みます)
 京都、たん熊本店の流れを汲み
 より気軽に食べられるたん熊として
 各地にどんどん出店中。

   ニューグランドの和食がどのようか、楽しみだわ。






 ■「前 菜」  かぼすの釜に柿なますが仕込まれている。 生いくら、子持鮎有馬煮
        柿に模した鶉卵、菊大根・・・など。 食前酒と共にいただく前菜としてはいいでしょう



「吸 物」
 伊勢海老しんじょうと白舞茸の椀だね。
これが日本料理屋さんの椀にしては味が貧弱。
出汁の深さが「え、これでいいの?」って
程度にしか思えませんでした。
ワタシが風邪気味だったせいかもしれないけど。



「お造り」
 ひらめの薄造りとマグロ
あしらいがいろいろ並んでいたのがうれしい。
 が、刺身のレベルは並。




「焼 肴」
 さわらの味噌紫焼き
半熟卵と花蓮根、牛しぐれ煮を添えて。

   

 ■ここらでビールから
    日本酒にタッチ交代。
  浦霞 「禅」(純米吟醸)
4合で¥6300・・・ホテル価格。
















「炊 合」
 聖護院蕪に明石の穴子。 
 湯葉と針柚子をそえて。



「酢 物」
 蟹足にとろろ、とんぶり。
 きゅうり、川海苔。
 生姜酢でまとめてあります。





「蒸 物」  焼目雲子くみ上げむし。 山葵をそえて、銀餡がけ。
        「雲子」は鱈(タラ)の白子の別称。北海道ではタチ。
         その形から「菊子」とも呼びます。

この「蒸し物」が出てやっと、父&母が「あ、これはおいしい」と今日の料理の感想を言いました。
 ここまでおしゃべりはしていたけど、料理に関する感想はほとんどナシでした。

   両親は食道楽の老夫婦。
   本当に感じ入った時にだけ、感想を言うのでわかりやすいです。
    
      おいしいのですが、特に感動がない構成といったらいいかしら。 



「止椀」の赤味噌と「しめじご飯」
  今日は父のおごりです。
  ごちそうさまでした!



 今日のお料理はいくらだったかと
父に尋ねたら¥12600のコースとのこと。
 今年の3月に
みなとみらい地区にある、
ロイヤルパークホテルの和食、「四季亭」
でいただきましたが、「四季亭」の方が
満足度が高かったです。
お店の方のサービスレベルも
「四季亭」の方が細やかです。
 奇しくも、お値段は同じ¥12600。



 横浜もずいぶん変化しました。
 みなとみらい地区が充実してからというもの
 横浜を訪れる人の流れは
 ここ横浜港前よりも
 みなとみらい地区優位のようです。
 新興ホテルのレストランに
 味で負けないでほしい。

    


    ■その晩、両親が泊まった部屋からの夜景です。
     左に白く輝くネオンは「モントレーホテル横浜」といいます。
     03年までは「ザ・ホテルヨコハマ」とうホテルでした。

     そこは、ここニューグランドと双璧をなす、ヨコハマにおける憧れのホテルでした。
    (格はニューグランドの方がずっと上だったけど)

   それが、みなとみらいの開発以降、経営悪化。
   03年に仏のノボテルホテルグループに入ったものの、赤字体質は改善されませんでした。
   今年の3月からは大阪のモントレーホテルグループとなって
   再チャレンジが始まったところです。




母にそんな話をしました。
「へー、あのザヨコがねぇ・・・」
(横浜人はザヨコと呼ぶ)
「この部屋、高い割りには狭いしベッドカバーがいまいち」
 と、母はご不満そう。
希望したベイビューの部屋は
満室でとれなかったとか。

      ニューグランドよ、がんばってくれ。
      これからも市民の思い出のホテルとして存続していってほしいのだから。
関連記事
横浜料亭

20 Comments

There are no comments yet.
No title

すけさん  

2006-11-25 11:58

「お誕生日には港の見えるホテルにお泊レストランでお食事したいわぁ」そんなやつには“お好み焼きケーキ”をおみまいしてやる!!くー、僕もそんなセリフ言ってみたいです~(涙)11月は人の幸せばかり祝って、自分のお祝いは後回し。くそ、サンタにいいプレゼントをもらうからいいもんね。クリスマスは雪の舞う温泉でのんびりお酒でも飲みたいなあ。

EDIT  REPLY    
No title

omansama  

2006-11-27 22:25

12600円なの~!?さすが、ホテル価格なのね~(^_^;)こにゃくうさんのお母様・・・素敵ですね(^_^)それにちゃんと応えてくれるお父様も素敵です。いいな~。いくつになっても二人で仲良くお出掛けできるって。 そんな夫婦になりたいです。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2006-11-27 22:57

なべさくさん、浦霞「禅」でこのお値段・・・人のおごりだから文句いいませんが、お値段乗っけてきますねー。コレ以下の値段だと本醸造だったんでパス。吟醸でなくてもいいから純米を置いててくれたらいいのに・・・。いぢワルですっ。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2006-11-27 23:15

Hiroshiさん、実家はエンゲル係数がめちゃ高い家です。他ではケチしますが、食べる事となると家族の誰も止めません。ホテルのお酒って約3倍ですよね。そういえばHiroshiさんもホテルで1合3千なんぼなんて、ぼったくりバー並みのお値段のお酒を飲んだって言ってましたね。もー、酔っ払いは足元を見られっぱなしですねー。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2006-11-27 23:19

すけさん、私はすけさん作の「楊枝刺しお好み焼きケーキ」を所望いたします。刺さった楊枝がブキミ(?)だったけど、愛情がこもってるわ~。母、いい歳して「お泊り」もないもんです・・・。クリスマスは和風に温泉って、できたらいいですね~。そろそろスキーの計画も?

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2006-11-27 23:23

おまんさま、ぶったまげな値段です。で、たいした味のレベルじゃなかったのよっ。おまんさまも私も、ババーになっても食道楽に邁進していそうですよね。大丈夫、鮭男さまはおまんさまの胃袋をずっと支えてくれることでしょう!

EDIT  REPLY    
No title

pur**n109  

2006-11-28 00:34

お母様、お誕生日おめでとうございます!ニューグランド、そうですか。可もなく不可もなく、でももう一度食べたいとは思わない、という感じでしょうか?ベットカバーもうーん、ビジネスホテルって感じですね。(泊まってらっしゃるのにすみません。)四季亭、我が家も大好きでランチ月イチペースで行ってます。子供にも無料でご飯やデザートを出してくれるし ダシがちゃんと利いていて好きです。最近は和食といえば四季亭、という感じで他も開拓したいんですが、なかなかなくて。でもご家族みんなでお祝いだなんて素敵なご一家ですね^^

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2006-11-28 01:17

purinnさん、そうそう!そんな感じですよー。今後、同じお値段払うなら四季亭に行きます。ベッドの上の絵も見て~。いまいちセンスない絵でしょ。みなとみらい地区のホテル群と真剣勝負するつもりなら、もう一度手を入れた方がいいよ、と思いましたワ。私が四季亭に注目したのもpurinnさんの記事がきっかけだったのよん♪

EDIT  REPLY    
No title

ARAPRO  

2006-12-02 01:47

ル・ノルマンディーも行きたいよ~。ほんと、みなとみらいの影響で関内・山下地区は客が減っているようですね。安泰なのは中華街だけか。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2006-12-02 13:32

araproさん、ル・ノルマンディー、行ったことないんですけどこの「熊魚庵」よりコストパフォーマンスが高いような気がします。araoroさんは舌が鋭いから、この熊魚庵はおすすめしませ~ん。中華街はますます混んでますねー。この日も寄ったけど大量の人でしたわ。

EDIT  REPLY    
No title

Hiroshi&Maki  

2006-12-03 05:29

そうそうあの時は懸賞でお食事券当たったんでヒルトンの中に入ってた....名前忘れたけど天ぷらの有名なお店行ったんだけど加賀の地酒フェアーとか言って薦められてはまりましたぁぁぁぁil||li▄█▀█●il||

EDIT  REPLY    
No title

ARAPRO  

2006-12-03 16:16

やっぱりそうなんですか。料理を見ても、和食店としてどーなんだろうと思いました。名門ホテルなんだから頑張って欲しいですね。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2006-12-03 19:25

Hiroshiさん、一軒家レストランより、ホテルレストランの乗っけてき方がキツイですよね。もしかして、当選者を陥れるTV番組とヒルトンの陰謀工作だったら・・・んなわけないっすね~。やられた~~。(うふふ、元をとったby.ヒルトン)

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2006-12-03 19:47

araproさんの直感は正しいかと思いますわー。どうしちゃったんでしょう。この歴史あるホテルではそれなりの商売を期待しちゃいました。今度は他のレストランにするわ...

EDIT  REPLY    
No title

asl*_*004  

2006-12-06 05:57

私はこっちにいるからどんなお料理でもきっとおいしい、おいしい、っていって食べてたと思います。でも一つ言わせて頂くならば、お皿がなんかいまいちだな、って思いました。お皿にもう少し気を使って欲しかったなぁ、なんて思いました。とにかくおかあさまお誕生日おめでとう。。。

EDIT  REPLY    
No title

光太夫と光ママニャリよ  

2006-12-06 15:50

懐かしい~~矢沢のえいちゃんファンなら憧れのホテルだよね~~!泊まったな~~えいちゃんファンと一緒に。懐かしい人を思い出してしまった

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2006-12-07 02:54

aslcさん、外国に住んでいると、日本料理ってありがたくいただけるでしょうね。そうですね~、確かにうつわが普通っぽいかも。定番もの、って感じしますわ。来年はもっと満足するところを私が探さなきゃっ。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2006-12-07 02:58

光ママさん。ん~?矢沢永吉氏の曲ですか~。すみませーん、無知で知りません「(^^; )ナニナニ~、なんだかウフフ♪な思い出なんですね。ここは、いろんなカップルの思いが込められてるホテルでもあると思いますわ。

EDIT  REPLY    
No title

白子  

2007-05-16 15:55

私の名前を使うな

EDIT  REPLY    
No title

j  

2007-05-16 15:56

EDIT  REPLY    

Leave a reply