Welcome to my blog

京都

4.近衛邸跡に咲くサクラ(京都御苑)

16 0
 【 前の記事よりつづき 】
2007年3月30日(金)
今年の桜の開花予想は二転三転しましたね。
「暖冬の影響で桜開花は早い」と言われていた3月。
この調子なら3月30日の京都はサクラ・ビンゴ?
・・・と、喜んだのは束の間。
この旅も、今の所サクラは空振りばかり。

確実に咲いている早咲きの桜を目ざそう、と京都御苑に来ました


    
ふう。 ここへ来てやっと咲いている桜に出会えました。

でも
盛りを過ぎております。
おとといくらいがベストだったでしょう
桜にあわせて旅するのは難しいなあ。

ここに早咲きの桜があることはわかっていましたが
過去に来たことはありませんでした。
それは京都御苑内にあまり情緒を感じないから。
(ワタシにとって)

この場所は「近衛邸跡」といいます。
近衛家は12世紀に始まる由緒ある公家。
この姓でピンとくる近衛文麿もこの一族のメンバーです。
明治維新で大方の公家は天皇と共に東京に移住してしまったので
空き家となった公家邸群はボロ家となり取り壊されました。

今ではこのような木の杭で表示が残るのみ、の近衛邸なのです。
残ってたらよかったのになあ。
もっと味わい深いエリアになってたのになあ。

でも、そこは京都。
がんばって残ってる公家が現存します



「近衛邸跡」のある今出川御門の対面に・・


こけらぶき屋根のこのおウチ。
       

この公家さまのおうちは同志社大学の校舎にほとんど取り囲まれているかのように建っています。
まるで「再開発反対!」で居座ってる住居のようにも見え・・・(失礼な)
「冷泉家邸」といいます。
(一般読みでは「れいぜいけ」京都読みで「れえぜえけ」)

今回、修復してきれいになっていて驚きました。(01年に解体・修復工事をしたらしい)
以前は瓦も傾き、塀もぼろぼろでいつか崩壊するかも~?ってお屋敷だったのになー。

歴史や国文学で登場するので覚えているでしょうか? 藤原定家さん。
その定家を祖父に持ち、
「十六夜日記」の阿仏尼を母にもつ冷泉為相さんから始まる家です。
公家界のエリートです。
家業が歌道と蹴鞠(!)というのもおじゃるモードでいいわぁ。

もちろん御子孫の方もいらっしゃる(冷泉貴美子さん)
今もこちらに住んでるのかな? 
ボロ家だったころはお住まいだったようだけど。
・・・ってわけで、

800年、900年の時を経てもこうしてサラッと残っていたりするのが京都。
そんなところが、こにゃくうが京都に惚れちゃう理由なのです。

5.祇園にて へつづく 】
  
関連記事
国内旅行京都

16 Comments

There are no comments yet.
No title

ゆーゆー。  

2007-05-16 17:00

桜はタイミングがホント難しい!!!京都ってなかなか行かないなぁ。。。憧れというか、独り旅をしたい土地ではありますね♪

EDIT  REPLY    
No title

天ママ  

2007-05-17 00:00

う~~んいいでしゅにゃ~~~京都行きたいでしゅ~~~私は25ある蚤の市がしゅきなんでしゅ~~きゅふふ

EDIT  REPLY    
No title

tam*s*bu8  

2007-05-17 00:52

御所の桜はしばらく見てないけど、はるか昔、OLの頃は梅と桜の2倍楽しめる場所として、有名やった。今年は早かったもんねー。特に御所は早かったんじゃない~?? うーん。しかし私より詳しい。

EDIT  REPLY    
No title

-  

2007-05-17 01:05

桜の時期は本当に分かりませんね~。2・3日ずれちゃっても正直悲しいし。。京都は修学旅行以来訪れる事の出来ない地です。。ゆっくり時間を気にせず歩いてみたいですね。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2007-05-17 09:58

ゆーゆーさん、久しぶりの京都だったのに桜に関しては空振りでした。く~。ゆーゆーさんが京都に旅する時は新幹線では行かない、とみました。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2007-05-17 10:06

天ママさん、どこの蚤の市だろ~~?私も京都の骨董屋さんを覗くのは大好きです。(覗くだけで買えませ~ん)天ママさんの行きたいのは南座の顔見世かな~、と思うなり。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2007-05-17 10:11

はぐ。ちゃん、御所の枝垂れ桜は早いですよね。こんな巡り合わせでない行くことはありませんから、いい機会だったかも。たしかに名残の梅も見かけました!タイミングがよければ同時も可能なのですね。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2007-05-17 10:14

SUZUさん、すっごく久しぶりの京都だったのに、花見の旅としては大ハズレでありました。代わりに京都で山登りしてきました。京都に来てまでなぜか山・・・オットの企画に乗っかりまして。

EDIT  REPLY    
No title

なべさく  

2007-05-18 01:49

キレイな枝垂れ桜ですね☆ソメイヨシノもいいですが、この桜の枝の垂れ具合が好きです!

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2007-05-18 09:16

なべさくさん、枝垂れ桜って優雅ですよね。山桜にはワイルドな逞しさが、染井吉野にはワクワクする春の高揚が。枝垂れは風雅な女性のイメージで。それぞれに魅力的です。日本人でよかったわー。

EDIT  REPLY    
No title

eri*nor*h  

2007-05-18 19:40

お久しぶりです。こにゃくうさんの記事を見て、強行日程でも京都に行きたくなりました。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2007-05-18 22:31

お~ぱすさん、おかえりなさい!・・・と言うべきか、ほとんど「ようこそ」って言えるほど久しぶりの日本ですね。京都に行けたらいいけどね。せめて温泉くらいは入りに行きたいでしょう?

EDIT  REPLY    
No title

ニモりん  

2007-05-19 06:45

枝垂桜素敵♡冷泉家のお屋敷がちょっと前までボロ家で人が住んでたって想像がつくようなつかないような・・・(^_^;)

EDIT  REPLY    
No title

ルシファー♪  

2007-05-21 13:36

桜の見頃は難しいよね~♪風や雨であっさり散っちゃったりするしwwwま~その儚さがまたいいとこなんだけどwww京都の風情、俺も好きです(#^ー゚)vブイッ♪

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2007-05-21 22:39

ニモりんさん、冷泉邸は、今は定期的に公開もしてるみたいで、寄付を募って莫大な修復費用を集めているみたいです。私が一人旅でウロウロしてた頃は「没落貴族( ̄д ̄;)?!」なんて失礼な言葉を思い浮かべる傾き加減でした。きれいに残されて、よかったです。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2007-05-21 22:42

ルシファーさん、やっと恋しい京都の桜をめでられる、と思ったのにハズしてしまったわー。ルシファーさんも京都、お好き?うれしいおす~~。

EDIT  REPLY    

Leave a reply