Welcome to my blog

うちの猫・こにゃ&くう編

【時々連載】こにゃとくうの物語=17

20 0
    いつもこの連載を読んでくださる方、ありがとうございます。

     昨年9月に空太郎が亡くなって、悔やみきれない気持ちでいっぱいな事は
     一年経っても変わりませんが
     こうして空太郎を偲ぶ場があることは、ワタシの支えになってます。

        今日は、空太郎の家出にまつわる思い出話を・・・




■お出入り自由な猫だった空太郎。 
亡くなるまでに、いったい何回の家出前科が
あったのか・・・
プチ家出を含めて10回は下らないと思う。
そのうち、大きな家出事件が4回ありました。
最初の大きな家出が04年8月31日~9月25日。
実に、27日間に及ぶ大失踪事件として
忘れられない記憶です。

(ちなみに第2回大失踪事件はこちら→(=^・^=)


    妹ネコの風子がすでに行方不明になってしまった教訓から
    空太郎には首輪を付け、首輪の裏側に住所と電話番号を記入していました。

    今から思えば、なぜ裏側なんかに書いていたのか・・・
    (この事件以降は裏にも表にもバッチリわかるように明記するようにしましたけど)




■毎日、町内を歩き回って
 空太郎の姿を探しました。
 野良ネコの集る場所。
 近所のネコ好きさんに聞き込み。
 保健所、動物病院、動物センター…
 手ががりが全くなく
 ←こんなチラシを作って
 ポスティングもしてみました。
 今見ると、ほんと稚拙なチラシだな~。
 確かパソコンも持ってなくて
 手書きでコレを描いて
 コピーしまくったんだわ。
 今ならPCで出来るのにねー。

 
     空太郎!誰かに首輪の住所を読んでもらってくれ!
           誰か電話番号を読み取って、ウチに電話をかけてくれ!

      何より、首輪! 空太郎の体から外れないでくれ!

              毎日、奇跡を祈っていました。




 ■家出27日目。
この日はムスメの小学校の運動会だったけど
雨で中止になり、家族全員が珍しく自宅にいる土曜日でした。
 雨では猫探しもできない。
 PURURURURU・・・・
 奇跡の電話が鳴りました。
「10日ほど前から、迷い猫の面倒を見ていて・・・
今、首輪の裏に電話番号が書いてあるのを見つけたのですがそちらの猫ちゃんでしょうか?」
           この時の喜び。
           ヤッター!!・・・って。
           一生忘れられません。

 面倒を見ててくださったお宅・Y家は、我が家から直線で600mくらいの距離。
   途中には、交通量の多い道路が横たわっている。

  よくぞ、無事でいてくれた。 神様に感謝し、涙が出そうになった。(実際、出た)




  ■ムスメ、オット、家族全員でY家に
   迎えに行きました。
   玄関前でY家の中学生のお嬢さんに
   だっこされているのはまさしく
   空太郎だ!
   「空ちゃん!」って走り寄ったら…
   空太郎め、どぴゅ~~んって逃げ出しやがった。
   ええ~~、なんで逃げるの?
   ワタシを忘れた~?
   Y家お嬢さんが「おいで」と呼んだら
   立ち止まりやがる。
    軽くシット・・・((T-T*))


   Y家の奥様に
    「ほら、おうちの人が迎えに来てくれたわよ。逃げちゃダメよ」なんて言われてるし~。

    ワタシにむりやりだっこされて改めてワタシの顔を見て
    「アア!アナタデシタカ・・・」って顔をした
    猫語はわからないハズけど、この時の空太郎の気持ち、ドンと解った。
    「オモイ出シタ。ホントノ下僕ハ、コイツダッタ」 そう顔が言ってた。

        まったく憎めないカワイイあふぉ猫ちゃんだ(#^_^#)


     後日、改めてお礼を申し上げ
        その際、空太郎との出会いの経緯を話していただきました。




 ■10日程前の夕方でしたわ。

 縁側に空ちゃんが
「にゃーん」って鳴きながら座ってたの。
 ごはんほしいのかな?と思ってあげました。
 ウチは猫は飼ってないんだけど
 動物は好きでなのね。
 お隣さんの猫用に
 いつもエサを買ってあるんですよ。
                                 (空は、なんていいお宅を選んだんだ!)




■その日だけかと思ったら
 空ちゃんは翌朝も座ってるんです。

 毎日、ずーっといるし
 家の中にも入って来ようとするの。
 (完全に自宅と間違えてるな!)

「ごめんね、ウチは小鳥を飼ってるから
 入れられないのよ」って

でも、もう動きませんって感じだったから
 縁側に寝場所を作ってあげて
 そこで寝ててもらっていたの。
  (ありがたくて涙が~(T_T))




「ところで、空ちゃんは何歳なんですか?」と質問され「2歳です」と答えたら



ええええ~~~っつ!!

      お嬢さま、奥様ともにすっごい驚きよう(~▽~;)
      「な、なぜでしょう??」

ごめんなさい!てっきり10歳はいってる老猫だとばっかり・・・


            【 老猫と思った理由・その1 】



    ★出合ったその場ですぐダッコ★
     性格もぽわ~んとしてて温厚。
     動きもスローモーだったから・・・

    
            【 老猫と思った理由・その2 】



   ★食べ物に執着心がない★
    お隣さんのニャンコに比べて
    ぜんぜん食べる量が少ないの。
    もう高齢でたくさん食べられないのかと…


             【老猫と思った理由・その3 】



  ★猫のくせにジャレない★
   遊んであげてもはしゃがないのねー。
   おもちゃもあまり喜ばないから
   おじいちゃんなんだと…

  Y家の奥様が想像した「迷い猫の身の上話し」はこうでした



   この子はいったいどこから来たのか?って家族でよく話てたんだけど・・・




このおっとり加減、この温厚さ
ぜったい、お年寄りに飼われてたのよ!


 おばあちゃんとこの子と
 二人きりで暮していたんだわ。

「お前がいてくれて淋しくないよ」
「おばあちゃん、ずーっと一緒ニャ!」
「私たちは年寄り同士だものね。」






でも、おばあちゃんは
この子を残して亡くなってしまったのよ。


 かわいそうに・・・
 独居老人だったから
この子、ひとりぼっちになっちゃたのよ。











 そのうち、遺族がやってきて

 この子は追い出され
 捨てられちゃったんだわ。

行くところがないのよ、きっと。











  
壮大なドラマです(^-^;


 本気でそう思って
 近所で猫を飼ってた老人はいなかったか、と
 思いめぐらせたりしちゃったそうで。



 ■ご主人もこの迷い猫がかわいくなっちゃって
 「小鳥は2階、この子は1階って分けて飼おう。
 これから寒くなるし、外じゃかわいそうだよ。」
 と、飼う決心をしてくださったそうです。
 「この首輪は前の飼い主さんの形見かい?」と
 ご主人が首輪をいじっていて・・・
 「首輪の裏に住所と電話番号が書いてある!
  と気付いてくださったのだそうです。
    ああ、ありがたい話です。

   最後に、ワタシからのお礼状にY家の奥様から届いたおたよりを紹介します。

  『先日はご丁寧に、お便りをいただきまして ありがとうございました。

   「クーちゃん元気かな?安心したろうね。」と家族の話題になっていた矢先のお便りで

   とても興味深く拝見いたしました。

   我が家に居た時は淋しかったのか、おなかがいっぱいの時でも

   「ニャーニャー」鳴くことがありました。

   そんな時は娘が遊んであげるのですが、そうすると気が済んでおちつく、という事が

   何度もありました。

   今でも遊んでる姿が目に浮かびます。

   こちらの方に御用のある時には、是非お立ち寄りください。

   ご家族の皆様によろしく。』      2004年10月11日





  ■温厚な性格ゆえに、誰からも愛され、かわいがられた空太郎らしいエピソードのひとつです。
        キミはワタシにとって何者にも代えられない、最高の友だったよ。
                        (長文をお読みいただき、ありがとうございました) 
関連記事

20 Comments

There are no comments yet.
No title

こにゃくう  

2007-10-24 00:31

釜職人さん、「いとしい」・・・その通りです。かわいくて、大事で、自分の一部でありました。
長すぎる記事を書きました。最後まで読んでくださってありがとうです!感謝&感謝!!

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2007-10-24 00:36

TakaMさん、温厚で「怒り」というものを母の胎内に忘れてきてしまったような子だったの。空太郎を見てると、激高するって行為がどんなに自分に損な事なのか、って教えられました。Y家の方は皆、そんな空のキャラに同感してくれたんでしょうね。私も、もう一度ダッコしたいなあ。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2007-10-24 00:45

ニモりんさん、Y家一家、いい人でしょ!奥様の妄想を聞いて、私はその場で爆笑しちゃいました。だって、ウチでも空太郎は「じじ臭い猫」とか言われていたのでね。それを10日で見破られたか~~( ̄▽ ̄)
情けないけど、空はY家で人生リセットしちゃってて、私のことを忘れかけてましたね(-.-”)

EDIT  REPLY    
No title

asl*_*004  

2007-10-24 05:18

いいおはなしでした。でも
出会ったその日に抱っこっていうのはねぇ~。。。

これは私もきっとめげるわ。。。
警戒して抱かせてくれなかった、って言ってくれたら
にたっ、として「そうよ、私しか抱かせないのよ」なんて
天狗にもなれたのに。。。

出会ったその日っていうのはないわよぉ~、空ちゃん。。。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2007-10-24 09:19

aslcさん、飼い主としては凹むでしょ~~。迎えに行った時、私の顔を見て喜ぶ図を想像して行ったのにさー。逃げたのよっ!
しばらく、Y家恋しさに逃亡するんじゃないかと心配したわ。さすがに、「こっちが実家だった」と理解したようでホッとしました。

EDIT  REPLY    
No title

fxx  

2007-10-24 11:33

>「アア!アナタデシタカ・・・」
ここが笑えた。
首輪に連絡先を書いとくのは有効なんですね。うちも書いておきました。(今までは書いてなかった)

EDIT  REPLY    
No title

天ママ  

2007-10-24 14:09

こにゃくう様たちを見て逃げる・・ひっ!!ぅておもいましたよね・・きゃ~~
でも気づいてくれたのね~~
良かったニャ~~いい子だニャ^~そうよ==この方がままよ~~
おじいちゃん・・そしておばあちゃんと暮らしていた・・のお話なんだかぽわ==んでしたが・・・遺産はいるが猫はイラン・・あるかもしれないですね・・(;@;)
ほんとに無事に帰れてよかったお話でした^
お空の上でいいこにしてりゅかにゃ~~

EDIT  REPLY    
No title

なべさく  

2007-10-24 22:55

ふぅーー。。。大感動ドラマです(TT)泣いて、笑って、、、最後はやっぱ、涙がでました。なんだかんだあっても、くうちゃんの家族はこにゃくうさん一家だったのです!ポチっと☆

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2007-10-25 01:08

fxxさん、トホホでしょ~ ヘ(´o`)ヘ 笑ってちょーだい!
首輪に連絡先、書いてくれたんですね!絶対、有効だとおもいます。室内飼いしてても、脱走しちゃうかもしれないし。あ!鍵を手で開けて自分で出ちゃうんですよね!(あの動画がたまげました~)震災とかが起きたときも心配だと思うんです。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2007-10-25 01:14

天ママさん、27日で私の顔を忘れかけてしまったんでしょーかねー。脳みそ、薄いですから。空太郎、いつの間にかジイサン猫にされてて笑いました。ほんと、無事に戻ってきてくれてよかったです!
空太郎との思い出は、私の宝物です。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2007-10-25 01:26

なべさくさん、ポチをありがとう!超・長文にお付き合いいただいてありがとうございました。感動なんて…恐縮です。
空太郎と生き別れにならなくて、ほんとによかったです。もう亡くなってしまったわけだけど、空はこれ以降もいっぱい、いっぱいシアワセをくれましたもの。

EDIT  REPLY    
No title

トマトのん  

2007-10-26 02:43

おいおいお年寄りにされてるぞ!!っと。
読みながら笑っちゃいました。今うちには3ネコがいるんですが、このうちの誰が逝ってしまっても立ち直れない気がするのです。トマトの時はなんとか踏みとどまったのですが、次は。。。なんて変なこと考えてしまいます。宝物悲しい宝物です。
こにゃくうさん。。。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2007-10-26 23:46

トマトのんさん、私も空太郎が存命中は「もしこの子が死んでしまったら」と考えては血の気が引くような、そんなゾッとする恐怖感を感じていました。それが現実となると…面影を探しては涙がでます。何を思い返しても後悔。トマトのんさんは3猫さまと長く長く、人生を重ねていってください!
空はゆるい猫だったからね~。ジイさん猫扱いだったのよー。Y家の皆さん、愉快です!年寄り猫でも飼おうとしてくれた。親切な方たちでした。

EDIT  REPLY    
No title

つばっち  

2007-10-30 09:05

空太郎は穏やかで誰からも愛される猫だよ。ブログで知り合っただけなのに私の心の中には生きて動いている姿が焼きついている。ベランダひやひや事件なんかもね(笑)

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2007-10-30 09:58

MeMetanさん、空太郎を覚えていてくれてありがとうね。それこそが、私がこの連載を書いている目的なのであります。ベランダ綱渡り・・・困ったちゃんだったけど、いい子でしたわ。

EDIT  REPLY    
No title

-  

2007-11-06 03:38

おひさでした。 頭痛で死んでた のばふぐです m(_)m
くうさん 猫好きのうちを見つける天才だったのかも。
Y家の奥さん すごい想像力です!! (゜ロ゜)
くうさんのまったりした性格が出てていいですねぇ。
優しい人たちに囲まれて猫生を送ったくうさん とても幸せだったことでしょうね (∩_∩)

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2007-11-06 22:15

のばふぐさん、頭痛は辛いですよね。私のなんて比べたら大したこと無い程度でしょうけど、襲ってくると何もできなくなりますもの。お大事にね!Y家奥さま、天然入ってるかもしれません!(失礼な~)すっごく良い方でした。小学校の先生をされててね。空ちゃん、本能で良い人を嗅ぎ分けたのかも、って私も思うわ。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2007-11-06 22:17

ナイショさま、気が張ってるうちは大丈夫だけど、ね。すばらくすると・・・私もそうだったので・・・。

EDIT  REPLY    
No title

gol**log55*  

2007-11-26 20:50

最愛のネコの家出ってそりゃあもう、本当に辛く心配で不安な毎日だったことだと思いマス。しかし、くうちゃん、家出しても「良い家」選びましたね~!!親切な方で本当に良かったです。うちも首輪の見えるところに電話番号かいてます。万一の時にはやっぱり必要ですよね^^

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2007-11-27 16:28

ALOHAさん、完全室内飼いでも、天災とかあったら心配ですもんね。電話番号のおかげで空太郎も何度も生還しました。この時の家出は、ほんとに良いお宅に居ついたものだ…と思います。

EDIT  REPLY    

Leave a reply