Welcome to my blog

京都

7.「他言無用」のナイショ寺

15 0
前の記事よりつづき 】 
2007年12月8日(土)
前の記事で無事、京都の初日は終了したのですが
この日の行程の途中でワケ有りゆえ、ネットで公表できない寺に行きました。


■赤い紅葉が門に映える、この寺です。寺の名前はもちろん所在地も言えないよ。

■なぜ公表できないのか。
だってこう書いてあるんだもん・・・『他言無用ノ事』
ひ~~。ネットはご遠慮って・・・ブロガー泣かせです和尚さま!(TOT)
じゃ、遠慮した表現で記事にしま~す(*^^*) (って載せるんかいっ)

■門はさりげな~く開いております。
「関係者以外立ち入り禁止」ってイジワルな和尚さまではないんです。
入山料も取りません。でも、門の脇に箱が置いてあったので相応のお礼を置きました。
おじゃましまーす♪



■境内にはかなりの本数の楓の樹。

ちょっと遅かったなあ。散紅葉の時期になっていました。




■建物の全景を載せてしまうと、和尚さまのお触れに背く事になりそうなので、この程度の画像で雰囲気だけをお伝えしたいと思います。スマソ

■お堂も自由開放。来た者は拒まぬぞよ、との意でしょうか。
では、こちらの仏様にご挨拶を・・・暗いお堂からチラ見する紅葉。美しいです。

■サル!!ほえ~~。来るんだ・・・(゜▽゜;)
人知れず美しい紅葉の目立たぬ寺。
ここは観光都市・京都において、奇跡のような寺です。
ガイドブックに載ったりしたら、人が殺到すること間違いなしです。
ここまでならネットに書いても大丈夫かな、と思ったのはお堂におじゃましたところ、参拝者が自由に書けるノートが置いてあったり
境内を美しく撮影した参拝者撮影の写真をアルバムにしたものを自由に見てください、と置いてあったから。



■排他的な寺なのではないようです。みごとな紅葉をともに愛でる、心静かな参拝者ならば
どうぞ参られよ、というお気持ちから入り口のような貼紙になったのではないか、と思ったのです。
「声高に騒がない」
「ここは寺じゃ。仏を崇めよ」
「ゴミを捨てたり境内を痛めない」
守れる人なら喜んで入れてあげよう、と。




■今度、紅葉の盛りの頃に来てみよう。きっと燃えるような秋が静かに味わえるでしょう。


■もし行ってみたいと思われても、京都好きな人ならたどり着けると思います。
ワタシも「たぶん、この辺・・・」とあたりをつけて見つけました。

この記事、ゆめゆめ他言なさらぬように、な。「他言無用の寺」ゆえ・・・

つづく:祇園よねむらでおひとりさまディナー 】
     
関連記事
京都国内旅行紅葉

15 Comments

There are no comments yet.
No title

天ママ  

2008-01-18 23:32

しゅてき~~~~
なんかぽわ~~~~んとみてしまいました==
うふふふふふふふふふ~~ん
ペコりん

EDIT  REPLY    
No title

asl*_*004  

2008-01-19 03:44

ぴ~んと糸はってそうな。。。
そんな高貴さ、と感じます。


おっきな声で喋るな、とかって考えてみれば
あたりまえのことを書いているだけ,ですもんね。


お寺はやっぱりお参りするとこですもんねぇ。。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-01-19 12:11

天ママさん、ひとりぼっちになれる、しずか~なお寺でした。このままヒミツのお寺でいてくれるといいな。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-01-19 12:13

ナイショ様、いやいや、お忙しいのですから、なーんも気にしないでくださいね!
んま!家出じゃなく・・・ですね。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-01-19 12:20

aslcさん、そうそう。お寺は手を合せる所なのに、京都の有名寺院はどうも当初の目的が忘れられた状態になってまして。お寺の方も、そんな参拝客ばっかなんだからごっそり拝観料を取っちゃえ、みたいな。ここの和尚さんは寺を寺と思わないような人には来て欲しくない、って信念があるんでしょうね。

EDIT  REPLY    
No title

W A X  

2008-01-19 13:25

「他言無用」って響きがいいですね~。
こにゃくうさんによってブログに載っちゃいましたが・・・
それにしても見事な「赤」ですね~。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-01-19 22:33

WAXさん、「他言無用」って言葉、知ってはいるけど日常では使わない単語でしょ?このセリフを使うセンスが粋だなーと思いましたわ。どんな和尚さまなのか、お会いしたかったです。
この載せ方なら怒られないかな~、と思いつつ書きました。
この記事の限られた情報を見て必死に探す人なら、この寺に行く資格がある人だと思います。

EDIT  REPLY    
No title

なべさく  

2008-01-20 11:25

相変わらず、”読ませる”展開がお上手です、こにゃくうさん!^^
なにやら、”もののけ”なコワ~い和尚さんが出てきたらどうしよ~!とビクビクしながら読ませていただきましたが、ワビサビのお話でホッとしました。。。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-01-21 20:42

なべさくさん、和尚「うぬ!デジカメをパチパチ撮りおって。おぬし、さてはブロガーだなっ」と発見され、お猿といっしょにお堂に監禁・・・されたら・・・されるわけないですね、そうですね。
お褒めいただいて恐縮でっす。半笑いで読んでくださってありがとうございます!

EDIT  REPLY    
No title

すけさん  

2008-01-23 17:49

よーし、この記事を元にいつか探し当ててやるぞ。楽しみだ。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-01-24 09:20

すけさん、紅葉の時期に京都に行くことがあったらぜひ、ここに行ってみて!すけさんのような紳士だったら、和尚さまはきっと歓迎してくれるわ。素朴な雰囲気で静かに観賞できると思うの。すけさんは京都に詳しいから、ここがきっとわかると思う。

EDIT  REPLY    
No title

トマトのん  

2008-01-25 01:10

シー~~なのね。。。
今年は京都詣でします。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-01-25 11:58

トマトのんさん、ナイショだけどトマトのんさんなら教えちゃう~。
京都行くんだ!いいな、いいな♪

EDIT  REPLY    
No title

ニモりん  

2008-01-27 15:26

あたりをつけて・・・ということは、京都通の人々の中では噂になっているお寺なんでしょうか??
和尚さんは当たり前のことを書いているだけですもんね♪このままひっそり静かなお寺であり続けますように・・・。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-01-28 20:13

ニモりんさん、京都好きなブロガーには有名だと思うわ。ほとんどのサイトはここの雰囲気と紅葉に感動しつつもお口チャックで名前は出さずに書いてますね。本気になれば探せる宝探しよん。

EDIT  REPLY    

Leave a reply