Welcome to my blog

神奈川県のうまいもん

エリゼ光★横浜山手のフレンチ

20 0
 2007年4月某日

          すでに初夏?と思わせる快晴の平日。   
          高校時代からの友人M美と極楽主婦ランチ。




今日は横浜の山手に来たよ。
 山手外人墓地まえの通りに面したレストラン
今日のターゲット。
     墓地の正門でグラビアの撮影をしていたよ。 
この時季なのにモデル嬢の服はすでに秋物だ!

 外人墓地まえに建つ
 かなり昔からあるビルの2階にあがります。
 シェフのお名前が「光さん」なので
 「エリゼ ヒカル」と読みます。



                  お店のインテリア。 
                ・・・うーん。ビミョウ。 
       が、レストランは非日常の時間を過す場所なのだから
     この異空間ムードはこれはこれで面白いとも思います。
 好みの分かれる演出です。
    
窓際の席に座ると
  マリンタワーやランドマークタワーも見えるけど
  真下のお墓も見えちゃう♪
M美 「墓を見ながら食事ってINかな?OUT?」
こにゃ 「日本の墓なら即OUTだけど
      外人墓地はギリセーフ?」
  このロケーションも
 また好みの分かれるところかと。
(^u^)




暑い日だったのでビール、ビール♪ 
      で、膨大な、実にたくさんの魚料理の中から
メインを2皿選ぶのだ。 

   
     『○○さんの収穫した▲▲、長井漁港産、○○さんが水揚げした…』
     と列挙されてるのでオメメが混乱してしまう 
( ̄~ ̄;)??

     生産者の顔が見える食材の提供。
トレーサビリティ。
今の時代、コレは大事だね。
 でも…ピントを絞ったプレゼンテーションと
料理のイメージのしやすさも大事だと思うのだが。


  
   美しい面持ちのオードブルが第一の皿。
 ちょこっとずつだけどうるわしいねー。

たしか、シラスのコロッケって言った 


たしか、すずきの昆布締めって言った

 ・・・不明・・・  
   

・・・えっと・・・もはやわからぬ。 

一個一個説明してくれました。
 が、覚え切れないので
 メニューの画像を一枚撮って安心しちゃいました。
 帰宅後、画像を見たら
 食べた記憶とメニューの物は
 違う食材でした。
    その日の仕入れの都合により
    変更されたのでしょうね。
    よって、出された前菜の正体は不明です。

もうひとつのオードブル
 生わかめとイカ、なんとか
 四角い皿に四角く盛られて
 いい感じ。
旬の生わかめの柔らかさはよかった
  けど、塩味が決ってない。
「塩ください」と言おうかどうしようか
   迷って止めました。

厳選に厳選を重ねて選んだメイン。
スズキの筍皮の包み焼、筍ステーキ
(この皿の正式名称→長井漁港産平スズキの筍の皮の包み焼、
高梨さんが収穫した筍ステーキ、
マデラ酒風味と筍の焼リゾット添え。
秦野の山口さんが収穫して来た野生ヨモギのソース
↑どや?長いやろっ!)

↑の画像はアップで撮ったので
 全体の像はこんな感じでこんな大きさ。
 使ってるお皿がキレイだったので
 いっしょにお見せしたいです。
   料理名は長いけど
   こってりなマデラ酒ソースが
   やわらかい筍を包んでいて美味しかった

もう一個のメイン。
メトウイカのグリエ、蕗のとうソースバルサミコ風味
(もう正式名は省略だ)
マデラ酒はこってりしてるだろうから
バルサミコにしとこう
と考えて選びました。


M美のチョイス。
タコのポアレ、つくしのソース
見せる皿の演出がいいですね
皿の端に乗ってるキューブ型のものは
シラスで作ったガレットみたいでした
 
M美の2皿目。
ドンコとわけぎ、海老クリームソース
ドンコってアイナメみたいな魚。
(どんな魚?ってオーダーの時に質問したけど
明解な答えが返ってこなかったので家で調べた)
お皿の風情はいい感じです。
  

ワタシのデザート
 なるべく甘くなさそうなのを選んだつもりだったけど
甘過ぎ。
 完食できませんでしたー

M美のデザート
 これも長い名前で…
 手短に言うと、え~っと
  ポンカンのシブーストと
杏仁豆腐&ポンカンゼリー
 …だったかな?


 最後まで食べてみると
 (ワタシには塩分が物足りない皿もあったけど)
 まあまあな一食でした。
 各食材の珍しさにも魅力があります。

 ビール、白ワインのグラス各一杯のんで
 5700円でしたからお得感がありました。

 さて、再訪はあるか?
 今日の様子だけで再訪無しと判断するのは早計かな、と思う店でした。
 また機会があれば。

 お店を出た後
 久しぶりに山手を歩く。
 こうやって散歩ができるから
 この界隈は人気だよね。
 散歩ついでに「エリゼ光」って
 ちょうどいいコースだもん。

 デートには最適なのだ。
  今日はM美とだけどさ。 
 このごろはこの辺の洋館も
 すいぶんキレイに整備されたなー。

  は、はっけん。
  「猫の美術館」とな?

  おお~。
 今日は時間がなくて寄れないけど
 これはまた来なくてはっ。

 


玄関わきにノラ猫さま用の小屋がある~。
エサのお皿も確認!
    こりゃ中に猫さまがいることでしょう・・・  
フフフ…次回は寄るわよ~。

   ご近所猫さまを発見。


横浜山手の猫さまはおベンツの下でお昼寝なさるのかー。

  こにゃくうよ、
  もう来ないなんて思わないで
  もう一度トライしに来たら?
  そのときは猫の美術館にも
  立ち寄ってニャ。
関連記事
レストラン横浜フレンチ

20 Comments

There are no comments yet.
No title

天ママ  

2008-05-11 22:10

う==んおいしそうでしゅ~~くねくねしちゃいそうなめにゅー=でしゅ~~いいみゃお~~ん

EDIT  REPLY    
No title

-  

2008-05-12 02:44

をを すごい! デザートが もはや食べ物ではないみたいです ( ̄Д ̄;)
バイクに車 山手のネコは 乗り物好きなのかな?
猫の美術館も 気になりますね。
レポート待ってます!

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-05-13 12:00

sanamiさん、じゃ、次回は猫の美術館をちゃんと覗いて来ますね。目の前が公園になっていて、ノラちゃんの姿がチラチラしてました。
ほ~~、この柄のニャンコってムギワラ猫っていうんですね?初知りです。いかにも猫って感じで、好きな柄ですわ。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-05-13 12:07

WAXさん、コースの値段は4千円。5百円割引ネットクーポンをチョキチョキして持参し、3500円に割引なの。お酒飲まない人だったら水でも飲んで3500円ポッキリよ!お値打ちでしょ?悲しいかな、ビールだけでは収まらずワインまで飲んじゃうから高くついちゃったよー。酒飲みって割高よね~。
デザートにはスィーツよりも猫のほうが嬉しいワタシ。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-05-13 12:09

天ママさん、おいしかったけどね。山手&元町エリアはレストラン激戦地なのでリピートは難しいかもな~。
猫に誘われてまたいっちゃうかもしれないけど!

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-05-13 12:14

のばふぐさん、チョコで描いた蝶の絵がなにやらこっぱずかしいでしょ~(。-_-。)
お皿をスプーンでガリガリしてみたけど剥がれなくて。あ?マジで食べようとしちゃいけなかったのかな~?ハハハ…ノ(´д`)
猫さまも寝る場所は高級車と選んでいるのでしょうか?
うん、次回は猫の美術館に行ってみるね。

EDIT  REPLY    
No title

ARAPRO  

2008-05-13 23:49

山手の洋館みたいなレストランって一度行ってみたいんだよな~。中区出身なのに行ったことがないのであった…。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-05-14 14:48

ARAPROさんは中区産でしたかー。そら、もろに地元じゃないですか!返っていつでも行けると思うと後回しになってしまうものですね。山手の道りがキレイになってました。昔は観光を意識した通りじゃなかったですよね。元町公園もなんだかコざっぱりになってました。

EDIT  REPLY    
No title

asl*_*004  

2008-05-16 05:45

ほ~???。。。となるレストランでしたね。
たぶん、あのインテリアや料理や(彩りが全体的にゴールドっぽい)
あの外のお墓の雰囲気とか。。。このレストランは
夜来たらきっといい雰囲気になるんじゃないか?と思います。
くらっぽい黄色の光でみたらあの料理はかなりいける!を思わされそうです
インテリアもやっぱり黄色の光のなかだと
中世っぽくっていい感じがしそうだけど。。。
どう思います???

EDIT  REPLY    
No title

なべさく  

2008-05-16 22:49

たしかに、なんだか全般的にビミョーな感じが伝わってきますが、色んな面でこのお店独自のオリジナリティのようなものも感じますね。
”ピントを絞ったプレゼン・・・”はなるほど、同感です!^^
でも、”塩ください”は言わなく正解だったと思います。(←それ、シェフ潰しです)(笑)

EDIT  REPLY    
No title

omansama  

2008-05-18 12:07

長いネーミングが多いですね~!(笑)
あ!ドンコ・・・その名前・・・懐かしい~~!!
白身でタンパクな魚よね?冬によく食卓に出ていた雑魚が、高級フレンチに変身するのね~!びっくり!!タンパク過ぎるから、北海道では肝と一緒に味噌で煮込んで食べていました。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-05-19 15:27

aslcさん、そっかー!そうだったか!!とこにゃくうは膝を打って納得しました。おっしゃるとおり、この店の見せ所は夜にあり!なんですね、きっと。夜のムードを想像してみたら、初夏を思わせる快晴の昼間と全く違うダイニングが脳内に浮かびました。ランチ一回くらいで判断しちゃいけませんね。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-05-19 15:44

なべさくさん、塩くださいはNGワードですか!ハハハ~…よかったわ~我慢して (^.^;
今はこの手のインテリアの店ってなかなかないですよね。ロココ調?ビクトリア調?夜に見せ場を絞ってるのではという↑のaslcさんの意見に大いに頷きました。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-05-19 15:51

おまんさま、そうだ!ドンコってどこかで聞いたと思ったら、北海道で売ってたわ。なんかヌルっとした魚ですよね。ああ、はっきり思い出した!
メニュー名を見て皿をイメージするのが難しくて、M美とかなり長い時間悩んじゃった。「ほうぼうのポアレ」を想像した後にすぐ「秦野の山口さん」の顔を想像しちゃうのでそこに「セリ」。ん?しかも野生でしょ?で、アサリでぇ…と考えてると、最初に何の魚だったんだっけ?と忘れてしまうのでした。(←脳の容量がちいさい)

EDIT  REPLY    
No title

taka_M  

2008-05-21 09:56

メニュー長!!結局何が出てくるのかよくわからなくなってしまいそうです。でも美味しそうですね~♪(^_^)♪
昔 (まだ猫好きでない頃)この辺りを散策して、外人墓地に入りましたが猫がたくさん居たような気がします。
ベンツの猫さんはこにゃくうさんの再訪を待ってますね☆

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-05-21 14:55

TakaMさん、でしょ?!真鯛のポアレを想像した後に、小田原の青山さんの顔をイメージしちゃうと、オレンジが浮かんだあたりで真鯛がどうなってたか解らなくなるワタシでした。文の中にあると「固有名詞」というのは意外と脳にこびりつくものだと思うんだわ。
そうそう、このにゃんこや猫の美術館は外人墓地と隣接する元町公園周辺で撮りました。捨て猫を地域の人が助けてるようです。豪邸ばかりなので猫もゴハンに困らないかもしれませんね。

EDIT  REPLY    
No title

asl*_*004  

2008-05-29 04:26

でもただ単に不気味だった、とあとでいわれても私はいっさいの責任をおいませんが...

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-05-29 22:34

aslcさん、場所といい、この舞台装置のようなインテリアといい、夜向きのセットであろうと思いますよ。真夏の夜にお墓を眺めてディナー。臨場感がある?ブキミ?っどっちでしょうね~。

EDIT  REPLY    
No title

ニモりん  

2008-06-02 10:30

このお店、名前だけは知ってましたが・・・う~ん、内装は確かに微妙な感じが・・・。メニューは魚介メインなんですね・・・。肉好きとしては微妙かも。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-06-03 09:37

ニモりんさん、何年か前までは関内の方にありまして、外人墓地前に移転してきたらしいよ。好みの分かれる演出でしょ?でもリピータですっ、関内時代から来てるんです!ってシェフにアピールしてるお客様もいたからこの雰囲気が好きって人もいるようですわ。
プラス料金で葉山牛もアリなんだけど、いい値段だから止めましたよ。魚&魚だと味が似ない調理法のものを2品選ぶのに頭を悩ませちゃって。ポアレとグリエって焼き方は違うけど食感やソースの系統が似るもんね。カルパッチョとかブイヤベースとか毛色の変わった調理法も選択できたらいいかと思ったのだ。やっばビミョウだわ。

EDIT  REPLY    

Leave a reply