Welcome to my blog

うちの猫・こにゃ&くう編

空ちゃんのかくれんぼ

20 0
 2008年9月21日(日)

  拝啓。
  
  くうちゃん。
  今、どうしていますか?

  昨晩、キミとのこんな出来事を思い出しました・・・



           ■リビングで昼寝をしてるとおもったら、ふいに姿が見えなくなったんだよね。
              狭い家の中とはいえ、急にいなくなると非常に心配になるのだよ。
                  家の中にも危険はいっぱいだからね。
             納戸の布団の山でゴソゴソ遊んでいるのまでは確認していたんだけどね・・・








           ■そのうちに戻ってくるだろうと思って、真剣に探さなくてごめんね。









  ・・・3時間経過・・・







3時間経っても戻ってこなくて、ようやく本気で心配になったワタシ



               ■困ったような下僕の声を聴いて、うれしかったことでしょう。



     ■布団の山の奥から「にゃーん♪」って聞こえた時にはびっくりしたなー。
            あの時の得意げな、楽しそうな「にゃ~ん♪」のお返事の声は今も忘れられませんよ。



           ■・・・はい。恐れ入りました。(てか、3時間も布団蒸し状態で待ってたのかよっ)
            こにゃくうは、猫にも笑顔や得意顔がちゃーんとあることがわかった出来事だったよ。
            顔に表情がある生き物は人間だけじゃないんだよね。



           ■今日はキミの2回目の命日だね。 今、キミはどんな表情をしているのだろう?
            笑っていてほしいな。




           ■まだまだキミの待つ虹の橋のたもとに行くには時間かかかりそうで申し訳ない。
            その時は隠れないでくれよ。 私もキミを探し出すからさ。
                                               敬具 
                                               空太郎君へ                                                                     下僕・こにゃくうより  
関連記事

20 Comments

There are no comments yet.
No title

ななみ  

2008-09-23 09:40

ちょっぴりホロリ。。。
空チャン、可愛い。。。
そしてこにゃくうさんの挿絵もいつものことながら最高です!

私もこうやってつづってみようかな。。。
亡くなった友人への想い。。。
やっぱり読む側が重いかな。。。対象が人間だと。。。

空ちゃんのはいつも欠かさず読ませて頂いてますが、他の猫ちゃんシリーズもいつも楽しみにしています♪ 記念ポチ

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-09-23 11:49

ななみさん、空太郎にお供えのポチをありがとうございます!
いつも猫記事をたのしみにしてくださるなんて、うれしいですね。また猫と戯れ、空太郎の思い出話を書いていきますね。
書き残したい感情や、つぶやきたい独り言。書くと思いが整理されるもんですね。個性ある切り口で味付けすると重いだけじゃないものが出来上がるか、と。文筆のプロのななみさんに言うなんて口幅ったいことこの上なしですな!失礼、失礼~(^ ^;)ゞ

EDIT  REPLY    
No title

-  

2008-09-23 23:49

空さん久しぶり~ (・∀・)ノ
高貴な感じが漂ってます。 でもいたずらっ子なんですねぇ。
ホントありますよね 表情。

自分も早くめんずくのこと書けるようになりたいです。
何度か書こうとしたんですが ダメでしたぁ ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

EDIT  REPLY    
No title

-  

2008-09-23 23:54

おっと~ ぽちですたい φ(´・ω・`)
こにゃくうさんの絵は ホントいい!

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-09-24 09:42

のばふぐさん、めんずくさんは人生の長い時間を共に過したパートナーでしたからね。思い出がいっぱいあることでしょう。でも、それを言葉にできるようなるには時間がかかるってこと、解ります。
私もこにゃのことを文字に残す勇気が出るまで4年かかりましたもの。

EDIT  REPLY    
No title

つばっち  

2008-09-24 09:44

もう2年になるんですね。今でも空太郎私の中では生きてる感覚があるんです実際に会ったことが無いからかしら写真や映像が心に残っていて。まだ駄目ですね涙が止まらなくなります。。。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-09-24 09:45

のばふぐさん、ポチをありがと~~!
見た目上品、中身ボケ猫・空太郎。また、空太郎を描き残したくなったら再登場します。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-09-24 09:51

MeMetanさんも空太郎健在なころからのお知り合いですものね。いろんな空太郎を見ていただきましたよね。
MeMetanさんのように「生きてる感覚がある」と言ってくださる方がいると、空太郎の実体は無くなっても存在感だけはこの世に残っていられる気がしてうれしいです。空太郎は生きてる、そう思ってやっててください。

EDIT  REPLY    
No title

天ママ  

2008-09-25 12:36

2ねんなんでしゅね・・(;。;)・・・
お布団に入ってまっていたんだね~~
我が家に来るのらちゃんに空チャンに似ているからクウチャンと呼んでいる子も元気でしゅよ
昨日はシーバおとといは缶詰でしゅ!!クウチャンには少し多めにいつもシーバあげていましゅ
空太郎ちゃん・・あそんでいるかな~~~

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-09-26 18:12

天ママさん、クウちゃんに特別扱いをありがとうございます!あのコ、ほんとによく似ていますね。シーバなんて高級エサをいただけるなんて、ありがたいとこです。

EDIT  REPLY    
No title

なべさく  

2008-09-28 08:00

空ちゃん、2周忌なんですね。。。
我が家の猫ともそのうち別れがやってきて、色褪せない思い出の中で生きていくのってどんな感じなんだろう。。。と考えると少し悲しい気持ちにもなりますが、”虹の橋のたもとで待っててくれてるんだ!”と思うと前向きに生きていけそうです。^^ ポチッと☆

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-09-29 21:13

なべさくさん、長いような、あっという間の2年です。ブログで知り合ったニャンコたちはどの子も永遠し元気で!幸せに!って心から祈ります。サクちゃんはもちろんその筆頭です。ずっとずっと楽しい、幸せそうなサクちゃんの姿を見せてくださいよ。ね!
空太郎生前からのブロ友さんの飼い猫たちは勝手に私の中で「空太郎の同期」となっています。かしこ。

EDIT  REPLY    
No title

taka_M  

2008-10-03 20:48

空ちゃんのほんわかした姿や表情は 普通の猫とどこか違う気がします。
猫の神様が空ちゃんかわいくて帰って来て欲しくなってしまったのですかねぇ。
お布団事件おもしろいですね。得意満面で登場した笑顔と鳴き声を聞きたかったです。
実家の猫は カミナリが鳴ると よく姿を消してます・・・。カミナリが鳴ると「おかめくんはどうしているかな?」と気になります。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-10-06 11:20

TakaMさん、そういってくださってありがとうね。ちょっと頭がゆるい子だったので浮世離れした雰囲気のある猫でした。「見つけられなかったでしょっ」って言いたげだったあの声と態度は私の思い出の宝物です。今年の夏は雷が多くておかめ君が心配だったでしょうね。

EDIT  REPLY    
No title

omansama  

2008-10-06 20:22

ここにコメントするのが遅くなってごめんねm(__)m
早いですね・・・。あれからもう2年も経過したんですね。
最後の二枚の写真、すっごく良い写真ですね。
ワタシの母は、押入れに歴代の猫たちのアルバムを風呂敷に包んでしまっています。
年に数回、風呂敷包みを引っ張り出しては、じぃ~~っと眺めています。そしてアルバムの上から写真を撫でています(^_^)
何年経過しても、一緒に過ごした幸せな日々は生涯忘れる事はないのですよね。
空ちゃん、こにゃくうさん一家を見守ってね!

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-10-06 22:30

おまんさま、遅くて・・・などとんでもないです。読んでくださっただけで空太郎もアタシもうれしいです。2年前の空太郎の死去の時、おまさんさま始め、皆さんのコメントという支援が無かったらこんな風に空太郎の思い出を振り返れる心境に復活できなかったと思います。ありがたいです。
お母さんはお別れした猫のことを折に触れではひとりひとりを思い出すのでしょうね。無機質なアルバムの上からでも、それぞれの子の毛の感触が甦るのでしょう。猫ちゃんたち、回想してもらえることは幸せですよ。もちろんあのトム君もメンバーね。トム君とネズミ、トム君とお父様のエピソードは忘れられません。

EDIT  REPLY    
No title

asl*_*004  

2008-10-17 04:17

ほんとおまんさまのいうとおり。。。
最後の写真ほんと良い顔してる。

もう2ねんもたったんだね。はやいなぁ。。。
こうやって毎年思い出してもらってくうちゃんは幸せだとおもいます。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-10-18 11:13

aslcさん、どうもありがと!とてもキレイなボディだったんだなあ。この写真を見て回想します。このエアコン室外機の上に乗っかっているときは得意そうな顔でこちらに顔を向けてくれるのが常だったっけ・・・と、またまた思い出してうるっときてます。

EDIT  REPLY    
No title

sak*r*mari*5  

2008-10-24 16:59

もう二年たったのですね!イラストからくうちゃんの戯れる姿が見える様です。ペット霊園のお話では動物は橋を渡らず、そこの家にいて見守ってると聞きました。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-10-25 21:42

sakuramariさん、読んでくれてありがとう。たまちゃんがいない毎日はそれはそれは耐え難いものだと想像します。私もそうだったから。家にいて、私のそばにいるのかな?いいんだ。いつかいっしょに橋わたるんだもん。

EDIT  REPLY    

Leave a reply