Welcome to my blog

よその猫

猫助けの道を極める人々

20 0
2008年10月5日(日)
日本酒イベントの為都内へお出かけしました。東京都文京区。この周辺は目白台といいます。

江戸時代の頃からやんごとなき人々が住まうセレブな高台だった。そんなエリアを偶然通る。元熊本藩主細川邸の事務所跡が私立美術館「永青文庫」として残っています。
 
こんな正統派邸宅がまだ東京に存在しているのね。今は「蕉雨園」と表札が掛かる。明治政府・宮内大臣の屋敷から講談社創設者野間さん邸になり今は講談社の所有らしい屋敷。目白通りからちょろっと脇に入っただけでこの雰囲気。

さて、都会の真ん中にこんな趣ある神社が。「水神社」といいます。神田川が前を流れてます。江戸市中の水利を守る神として参詣者が絶えなかったとか。

昔は清らかな神田上水が流れ、早稲田の水田が広がる郊外の江戸名所だったらしい。今ではすぐそこまで都会の波が押し寄せています。神社として必死に結界を作って聖域を死守しているかのような
そんな、狭~い境内です。言ってみれば猫の額ほどの広さ猫の額。…猫。。。猫。。。
 
クンクン。匂います。猫の気配。(=・ェ・=)・・・と、なにやら地面に置いてありますよ。お手紙のような・・・?


←なーるほど!と頷いてしまう文面です。どうやらこの神社には野良猫さまが住み着いていて彼らを手厚く面倒みてくれている人が書き置いた文章のようです。
う~む。子猫、大人猫かまわずの置き去りが頻繁だったのかもしれません。猫助けさんたちの苦労が透けて見えるようです。



狭い境内ですが、よーく観察してみると其処ここに警告が貼られています。
   
猫好き目線で見ると、この倉庫の脇なんて猫さまにゴハンを差し上げるに最適なコーナー。すると、すかさず貼紙が訴えてきます。


 ★野良だから可哀相・・・と無秩序にエサをあげると、高齢なここの猫たちの場合は返ってためにならないのです。
★地権者に了解してもらって猫助けをしています。やたらな人がエサやりをしてしまうと地権者さんの理解も得られなくなってしまいます。
★ごはんは私たちが一括して引き受けますから、撫でたり愛でたりしてかわいがってあげてください。
・・・要約すると、そういうことなのですね。
こにゃくう、ここまで自分達で引き受けて猫助けをしている人たちを初めて知りました。こにゃくうのエリアでも野良猫を不妊手術して地域で黙認してもらっている。天寿を全うするまではまぁ、しょうがないね。増えなければ・・・的な 温かい目で許してもらっている。けど、この神社の方たちほど力強い主張を持って活動してないもんなあ。。。。

お世話になってる猫さまたちがワラワラと現れましたよ

この画像だけで猫さま(2匹)を発見できますかな?さあ、猫さまを探せ。



サバ柄の猫さま1匹。垣根の上に絶妙なバランスでお座りでございます。老猫の貫禄か。実に泰然とした態度です。こにゃくうを睥睨(へいげい)なさる。

もう1匹は軽トラの下です。錆柄というのかな?女の子ですね。ああ、高齢なのがわかりました。前歯が無くて唾液が滴っていらっしゃる。お大事に。。。。
※他のサイトで検索したらこの子が登場していました→他所のサイト5年前のこの子のお姿です。

しばらく後猫助けの方がいらっしゃった!ちょっとお話をきいてみましょう。
こにゃ「何匹の猫ちゃんを看てるんですか?」
猫助けさん「ここは5匹になりました。1匹は歯を抜く手術で入院中でもう1匹は体調を崩したのでウチで療養中です」
こにゃ「よく地権者の方に理解していただけましたね」
猫助けさん「この神社の草取りは買って出ています。猫の糞掃除は神社以外のもやったりね」

猫助けさんと話しているのなら、と気を許してくれたのかな。3匹の子が近くに寄ってくれました。
君たち、幸せものだ!こにゃくうも見習わなくては。

出逢った猫にカリカリをあげる行為。ワタシはよくやっているけど、場合によっては猫助けさんを
困惑させてしまうこともあるのだな。よくよく状況を考えてエサを提供しないといけないのだね。
反省です。 


自分がいつもの健康状態をチェックできる猫さまなら別だと思いますが、一見の猫さまで餓えて困窮している子でないなら、あげない方がいいのかもしれません。ここまで覚悟を決めてこの子たちを守り抜こうと決心されるまでさぞ色々な出来事があったのだろう・・・と、この貼紙の行間のひとつひとつから滲み出ていました。


まったく脱帽です。こにゃくう、まだまだ猫助けなんて名乗れませんやね。この文面からは猫の立場に立ってかわいがってやってくれ、という叫びが伝わって感動すらしました。わが地域でも、何か状況が変わることがあったらこの真摯な文面を参考にしよう!と思いました。水の神様だけど猫の見守りもお願いしますね、水神神社さま。
【 蛇足 】
※水神社の脇には松尾芭蕉も住んでいた。(芭蕉庵として5枚目の画像にちょろっと写ってる)
安藤広重の描いた浮世絵で、江戸時代のこのエリアの様子がわかる。地形が大きく変わっていないのが驚きだ→広重・関口上水芭蕉庵椿山図」

【水神社(東京都文京区)】アクセス・営業時間・料金情報 - じゃらんnet

【水神社(東京都文京区)】アクセス・営業時間・料金情報 - じゃらんnet

水神社(東京都文京区)の観光情報 交通アクセス:(1)東京メトロ江戸川橋駅から徒歩で15分。水神社(東京都文京区)周辺情報も充実しています。東京の観光情報ならじゃらんnet 言い伝えによれば、水神が八幡宮社司の夢枕に立って、 「我水伯(水神

関連記事
都内東京

20 Comments

There are no comments yet.
No title

こにゃくう  

2008-10-08 23:04

蜂蜜さん、猫様特別保護地区のレンジャーさんたちのがんばりには猫に代わってお礼を言いたくなりましたわ。
エコな猫さまはやんちゃな坊ちゃま?いや、全員が容疑者ですね。現場を発見した時のみにらさんの驚愕が目に浮かびます。あわわ・・・。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-10-08 23:11

パルラメントさん、神社の草取りやふん掃除をやって、住民に猫の存在を黙認してもらおうと懸命に動く。猫問題を通じて地域のコミニュケーション固めにも一役かっているかもしれませんね。もともとは捨てる人間のせいなんだもんね。ルールを作って世話をするならいいよね。私も餌をあげる時はあげてもいい猫なのか考えるようにしなきゃ、と思い直しました。

EDIT  REPLY    
No title

ニモりん  

2008-10-09 21:00

近所の方々の思いがよく伝わってくるメッセージですね。地主さんの理解を得るまで大変だったんだろうな・・・。ここを訪れる人々が理解してくれて、この地域のルールを壊さないでいつまでも共存できることを願っております。

EDIT  REPLY    
No title

-  

2008-10-10 00:11

良い環境で暮らせて 幸せな猫たちですね。
これまでにいろんな苦労があったことでしょう。
ねこ助けさんたち ありがとう m(_)m

EDIT  REPLY    
No title

Hiroshi&Maki  

2008-10-10 12:38

あ!
夏の東京出張で目白通りを駅から....ん!どっちだ?!....学習院の前を通って....
とにかく目白通りを20分ぐらい歩いた先で会議がありました。
向って右側がその時間帯は日蔭だったので....
意外に木が多くて、緑があるなぁって思いましたよ。

EDIT  REPLY    
No title

Hiroshi&Maki  

2008-10-10 12:42

で、
猫助けをしている人たち....
ん!
軽トラの下のギャルは5年前もまん丸に太ってたんですねぇ。
餌を与えてもらっているから年をとっても生きていけるのね。
確かに興味本位で一時だけの餌やりだと....
生きていけなくなっちゃうもんね。
ずっと愛して、ずっと見守るって、すばらしいですねぇ♪

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-10-11 22:57

ニモりんさん、さすがだな~、東京は違うな~、と思いました。「いや、ここは東京でも田舎ですよー」なんて猫助けさんは仰いましたが。地主さんが黙認してくれたら力強いですよね。それを誰も邪魔しないでほしいね。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-10-11 23:00

のばふぐさん、いろんな辛い思いもしたのでしょうね。入院してる子もいて、「年寄り猫なのに人間の食べ物とかもらっちゃってお腹こわしちゃったんですよ」と言ってました。猫のこと好きなら、この文章を見てわかってくれるとおもうのだけど、そうじゃない人もいるそうです。猫さんたち、幸せな老後ですね。ありがたいです。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-10-11 23:08

Hiroshiさん、新江戸川公園の緑かもしれないわね。そうそう!だったらそこは旧熊本藩主細川家の跡地だから、この水神社の地続きだよー。目白通りは幹線道路なのに脇に入ると異空間なんですわ、この辺って。こんな所にお仕事にいらしてたのねん。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-10-11 23:15

Hiroshiさん、5歳の彼女、まん丸ですね。
8歳なのにすでに高齢の仲間入りなのが猫。かわいそーだわね。猫も年齢に合った食事を(猫にも高齢用の餌があるのですわ)適量食べるのが長生きのポイントなの。過食も禁物で、猫にもメタボによる短命ってあるのよ~。
しっかり見守ってくれている人がいるなら、変なエサなんてあげちゃダメよね。

EDIT  REPLY    
No title

Manoha  

2008-10-12 21:43

すばらしい猫助け様達ですね。頭が下がります。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-10-13 15:19

Meifourさん、すばらしいですよね!ここまでしっかりやってらっしゃるのは私もなかなかお目にかかりません。参考にします。

EDIT  REPLY    
No title

ゆうさく  

2008-10-15 23:42

お邪魔しま~す♪
考えさせられますねぇ・・・
ノラ君に幸あれ!

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-10-16 09:07

ゆうさくさん、ようこそ!ゆうさくさんも猫がお好きなんですね。
野良を見ると何とかしてあげたくなるのが猫好きの悲しいさが。ここのノラ君たちは幸せですね。

EDIT  REPLY    
No title

なべさく  

2008-10-17 02:06

猫を飼うようになってから、旅先などでも、ノラくんを見つけては喜んでましたが、現実にはいろいろあるんですね。。。
ここのノラくんたちは、ホント、幸せなほうだと思います。

EDIT  REPLY    
No title

asl*_*004  

2008-10-17 04:14

ほんとですねぇ。。。すごい覚悟。。。。っていうか
それくらいの覚悟がないと命のあるものをみれない、ってことですね。
ほんとここの猫ちゃんは幸せ者ですね。
ポチっとな。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-10-18 11:02

なべさくさんも、外出先で猫を見かけると話しかけたりしちゃうでしょ~?私も後を追尾したりして変な人になってます。
きっと餌をやりたがる人と深刻な状態になったり、困難があったのでしょうね。野良とはいえ幸せな猫さま達です。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-10-18 11:09

aslcさん、ポチをありがとう!私のできる範囲でやっているけど、とてもとてもここまでの覚悟で臨めません。
いろんな出来事があったのだろうな・・・と、この文章の行間から想像されました。猫はきっと感謝してますね。

EDIT  REPLY    
No title

taka_M  

2008-10-29 21:02

そういう責任を持って、糞のお掃除や老後のお世話まで出来る方は本当に頭が下がります。
実家の近所でも猫のお世話をしているご老人夫婦がいます。「一度エサをあげるようになったら猫たちは待っているから」と雨の日も雪の日もエサを持って来ていました。
猫の神様から「猫たちをお願いします」ってお任せされているのでしょう。こにゃくうさんも猫の神様からお願いされている方だと思いますよ(^_^)

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2008-10-30 22:39

TakaMさん、私が猫神さまのお目にとまったのなら嬉しいですわ。おかげで猫のディープな世界を知ることができて人生の幅が広がったかもしれません。
ご実家近所のご夫婦さん、その言葉は猫神さまに見込まれた人間の共通のセリフですね。わかりますわ。

EDIT  REPLY    

Leave a reply