Welcome to my blog

東京のうまいもん

わらやき屋【六本木で土佐の味】

14 0
  2009年8月6日(木)

 高知県って行ったことないこにゃくう。 高知どころか四国は未踏の地だ。
 ああ、旅行に行きたいナー。 でも今年の夏休みは無い我が家。

  土佐旅行気分で飲み食いするぜよin六本木




  ■六本木地下鉄駅3番出口からすぐ。芋洗坂にカツオのたたきを名物にするお店ができたそうで
   オットと店で待ち合わせて飲み。 お店の名前は「わらやき屋



■ああ、喉かわいた。
 ビールビール。
 突き出しは
 カツオの尾の身塩焼き。
 夏の夕暮れ。
 一番客のオットとこにゃくう。



■この店舗のレイアウトは興味深い。
ええと、まず店舗の外側に縁側席があります。 
言うてみればオープンエア・カフェの和風バージョン。
すでに2名様が夕涼みがてらビールしてますね。
ウェイティングバーのような使い方もできそう。
その手前、開け放たれた外気に面して
掘りごたつテーブルの席。

















  ■そして我々が予約したカウンター席があるのだが、カウンターはわら焼き場をぐるりと囲んでいる

   わら焼き場とは何ぞや?
   ワタシは無知にて知らなかったのだが、土佐の名物カツオのタタキっつーのは
   国産の藁でボーボーに燃え盛った火柱の中で鰹を(鍬みたいな網に乗せて)一気に焼き上げる
   そーいうワイルドな作りかたをするのですね。
   こんな画像、こちらのブログで見ると観光客向けもあるけど町の魚屋さんでも当り前の仕事のようだ
  その炉というかコンロのことを高知では「わら焼き場」と呼ぶそうだよ。 へえ。勉強になります。


               つまりこういうことだ。
              「かつお塩たたきくださーい」とオーダーすると



                       ■ファイヤー!! ボ~~ボ~~(炎▽炎)




  ■おまちどうさま。「かつおの藁焼き・塩たたき」(\1180)ぜよ。 おお♪香ばしいぞ。

 見ての通り、周囲だけ焦げて藁のスモーキーな香りがほどよいアクセント。
 で、中はちゃんと冷たくて。 それを塩、玉ねぎスライス、にんにく、わさびなどの薬味で食す。
 ファイヤー!はいいパフォーマンスだね。 オーダーが入るたびにこにゃくうの前で火柱が立つ。
                         (炙った後、氷水で冷やすことはしません)

      ※お洋服が煙臭くなるのかなあ?カウンターって夏は暑いのかなあ?と思ったけど
       要らぬ心配でした。 強力なファンで匂わないし、熱風も来ないカウンター席。

    もっといろいろ炙ってもらお♪




なすとしし唐の藁焼き(\680)
 茄子としし唐が旬なせいもあるけど
 とても香ばしくて
 焼き茄子とは全く違う甘味がしたよ。



土佐はちきん地鶏の藁焼き・ロース(\1280)
 これは
 まあ
 フツウ
 かと。




      ■カマンベールチーズの藁焼き(\1200) 楽しい企画です。



アスパラガスの藁焼き(\780)
 これも
 まあ
 フツウ
 かな。
 でも
 右端に添えてあるのが
 アオサ海苔のマヨネーズなんて
 ちょっと変化球。
 うれしかったりする。



■わらやき場の脇に束になって積んである、
 コレが藁なわけだけど
 お店の方のお話では
 一日に25㎏もの藁を使うのだそうで。
 で、どんな藁でも良いわけでなく
 やはりそこは高知から直送。
「藁の値段より送料の方が高くなっちゃって」と。
 そうでしょうねー。
 でも、東京周辺で入手できる藁では
 水分が多くて上手く焼けないのだそうだ。
 きっと高知では藁焼き用に処理した藁が
 流通しているのかもね。

      ・・・とかなんとか、飲み食いしていたらあっという間に店内は満員。



   ■スタッフさんの「よさこい節」が突如はじまる。 その前の藁焼き場では絶えることなくファイヤー!

  藁焼き以外もオーダーしまくりの我ら。




大根と蒸し鶏のサラダ(\680)
 スマン。
 あまり記憶がない。
 





  ■鰹の塩辛、酒盗 (\480)               ■かつをめし(\680)

 鰹はじめ食材を豪快な火柱で炙り、まるで藁風味の燻製のようにして食すわら焼きという調理法。
 関東の人間には馴染みがない分、新鮮で楽しい店だ。
  
 が、まだ開店して間もないせいもあるけどメニューがこなれてないかも。(09年6月下旬開店)
 そしてワタシ個人の好みだけどもっともっとワラ臭く、スモーキーがいいな。
「高知ではもっと焦がして香りをつけるんですよ。
 でも東京のお客さんはまだそこまで馴れてない方もいるので加減が…」と、
 お店さん側も今はまだ手探り状態であるようだ。
 次回に行くことがあったら「土佐流にしっかりスモーキーにして」と頼んでみようと思う。

 とはいえ、看板メニューのかつおのわら焼き塩たたきは大変美味しかったですよ。

  この日に飲んだ高知の酒たち。イッキ出し。





 ■九礼(くれ)・純米吟醸、米・吟の夢              ■鳴子舞・純米 




  ■四万十川・純米吟醸              ■亀泉・純米




  ■美丈夫・純米                         ■玉の井・純米

   酒は・・・
   その土地で飲めば気候、湿度、地の食べ物と相まっておいしく感じるのだろう。
   日本で飲むとスカのバトワイザーがハワイで美味しく感じるように。
   日本で飲むとスカのシンハービールがタイではスッキリ飲めるように。
   六本木で飲む高知のお酒は・・・モニョモニョ・・・そういうことです。

   高知の酒といってもスペックにもよるのでしょうけど、
   コチラの品揃えで好きだなと思ったのは久礼だけでした。
   気風としてスッキリ系が好まれる土地柄なのでしょうね。酒豪が多い土地だそうだから。

    


■日中は30度を越えたこの日でも
 夜の訪れと共に涼やかに。
 オープンエア。
 道路からもチラリと見える火柱。
 よさこい節と店内の賑わいに誘われて
 お店は千客万来状態。
 ワタシは高知に行って
 本場のワラ焼きを食べてみたくなりましたよ。


 
関連記事

14 Comments

There are no comments yet.
No title

酔い猿  

2009-08-13 22:09

こんばんは
リンクありがとうございます。なんか立派なブログにリンクしていただき、恐縮です。
高知では確かに鰹のタタキははわら焼きが一般的ですが、家庭ではなかなかそうはいきません。
わらを手に入れるが大変みたいで、知り合いに農家がいれば譲っていただけのでしょうが、私の無知かもしれませんがわらは流通していないように思います。
私は転勤族ですが、高知は良い所です。是非、いらして体験してください。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2009-08-14 10:34

酔い猿さん、ご快諾ありがとうございました。あ…立派じゃないですよ~(〃▽〃)テレ
個人的にワラ焼きをやろうとすると難しいんですね。そうするとあの商店街の魚屋さんはますます魅力的♪藁は今の時代、入手は大変なんでしょうね。
来年の大河ドラマが竜馬だし。高知は注目の観光地になるかもしれませんね。今回は看板メニューの鰹の藁焼きがメチャ美味しかったんです。東京であれだけおいしいんだから、そちらで評判の店を食べ比べたら楽しい旅になるのではないかと思います。いつか訪問したい土地です。

EDIT  REPLY    
No title

☆じゅんじ  

2009-08-14 19:24

ワラ焼き 焼きたてで食べたいです

オラが六本木に行ったら、きっと迷子になるな

モニョモニョなお酒達、燗で飲んだら美味しそうなお酒ですね

EDIT  REPLY    
No title

W A X  

2009-08-15 12:14

二人で連日美味い夕食を食いに行こう♪ 企画、本当に連日なんですね。(笑)
流石です!!
私も四国なんて足を踏み入れた事もないですけど、こんな風に豪快に焼くものだとは知らなかったです。
炙ってから氷水につけるのかとばかり・・・ (苦笑)
しかも臭くなくて暑くないっていうカウンターは楽しそうですね。
「ファイヤー♪」って飲めるの、いいわぁ。
それにしても食べられましたなっ!! (笑)
こにゃくうさん家はよいお客さんだわ。
よく食べ、よく飲む!!
私もチーズをあぶったのが気になりましたわっ。

EDIT  REPLY    
No title

まだお  

2009-08-15 13:46

↑そりゃあんた、こにゃくう家は勢いが有るってことですがなぁ
「ファイヤー♪」って引田天功さんの「スターファイヤー♪」を思い出しました。

かつお、なす、アスパラ、チーズ、食べてみたいです。
かつおめしはお茶漬けで食べるのですか?

破竹の飛ぶ鳥をうなぎ昇りで撃ち落とす。こにゃくうさんにホチ

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2009-08-16 18:20

じゅんじさん、焼き立ての藁焼きって、冷たくてそして温くて。温度の微妙な違いが一体となってそこがとてもいい味わいなんですー。プロの技ですね。
ああ、燗にしたら全く違う風合いになったのかもしれませんねー。いつも冷酒なので試さず仕舞いでした。今度は!
うふふ。こにゃくうも、広大なヒルズでうっかり迷子になりそうになった、というのはナイショですよ。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2009-08-16 18:24

WAXさん、へい。連日でして、まだ続きがあるんですが、そのうち。
海外旅行に行ったと思えばねー。
私もこんな業火で焼くものだとはちっとも知らなかったですよ。自宅のコンロで炙って作ったことあるんですけど、たいして美味しく出来なかったわけがわかりました。氷水に着けちゃったしさ!
チーズの炙りっておいしかったよー。トロリンこになってて。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2009-08-16 18:31

まだおさん、ホチ♪ありがとーございます(笑)
かつおめし。3口くらいまでフツウに食べてのですが、酒飲みには重く。お察しの通り、お茶をぶちまけて茶漬けです。〆にちょーどよく。
ファイヤー♪ううん。。。大仁田厚風で!(←今なにやってるんでしょ?)

EDIT  REPLY    
No title

asl*_*004  

2009-08-18 06:07

へぇ~、おもしろそう~~
こういうカツオのたたきならたくさんたべれそう。
うん、わたしもきっとスモーキーにして、ってたのんでしまいそうだわ。。。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2009-08-18 08:25

aslcさん、本場・土佐バージョンの方がぜったい焦げ焦げ臭が濃厚でおいしいのではないか、と思うでしょ?今度はそうするわ。
炎のパフォーマンスって米国人にウケそうだね、って思いましたよ。場所柄、諸外国のお客さんも多かったわ。

EDIT  REPLY    
No title

なべさく  

2009-08-26 00:21

東京に住んで10年チョット・・・それまでは中国地方に住んでたので、年に数回は高知にウマイものを喰らいに行ってました。
はりまや橋やら高知城が程近い中心地の繁華街には、土佐料理、皿鉢料理の店が並んでて、酒盗や、のれそれ、土佐でしか見かけない貝などなど、よくいだたきました。
なのに、本場ワラ焼きのカツオのたたきはいただいた記憶がありません。(><)
このお店でリベンジしようかな。。。(笑)

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2009-08-27 20:24

なべさくさん、東京の前には西の人だったんですかー。高知にも詳しうなべさくさんだったとは初知りです!皿鉢料理って豪快な大皿のごちそうですよね。食べてみたいな。この店にはなかったなあ。
以前に住んでいた町って時になつかしくなりますよね。わら焼きを鰹のおいしい時期にぜひ~。

EDIT  REPLY    
No title

天ママ  

2009-09-01 00:20

きゃ~~ふゃいあ~~~~
おもちろそう~~おととい高知の後輩と久しぶりに会いました
この子は1升平気でのみましゅ
うふふ

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2009-09-03 22:00

天ママさん、高知の人は酒豪が多くてしかもハンパない飲みっぷりだそうですね。女子で一升。スゴイ!・・・勝てるか?アタシ。いや、負けだと思う。

EDIT  REPLY    

Leave a reply